OS X El Capitanの標準IMEによる「ライブ変換」がマジでヤバい!たった1日で、ATOK卒業を決めさせたその真実に迫る!Macの日本語変換はこれで決まりだ!今すぐエンターキーとサヨナラ!

OS X El Capitanのライブ変換からATOKに戻ってしまった4つの理由〜反応速度、操作性、同期、全てが最強〜
OS X El Capitanのライブ変換からATOKに戻ってしまった4つの理由〜反応速度、操作性、同期、全てが最強〜
結局ATOKにもどった部長ナビ(@nabi_1080)です。スイマセン。散々あおっておいて、しばらく使ってみましたが、ATOKに戻ること...

↑スイマセン・・・。しばらく使って、ATOKに戻ることにしました。本当に申し訳ないです。以下の記事は「部長、一時の夢を見る」と言うことで温かい目でご覧下さい。スイマセン

どうも皆さん、こんにちは。ライブ変換推進委員会の部長ナビです。ゲッツ!

今回は、レビュー形式で、OS X El Capitanの新機能「ライブ変換」の凄さ、ヤバさをお伝えしたい。当然この記事もライブ変換だ!

もう、ATOKには戻れねえぞ!注意しろ!

1 普通に打つ!

IMG_2635

打ちたかったのは「Alfredがマジでヤバい」だ。まず、Alfredだけを打って変換してみた。そのあと、「がマジでヤバい」の部分を打つ

最初の2文字はこのように「ガマ」と出る。

諦めるな!

ここで諦めるんじゃない!OS X El Capitanを信じるんだ!ライブ変換はやれるヤツだ!信じろ!believe!

2 誤変換があっても、気にせず打つ

IMG_2636

ほら!

「ガマ」が「がマジで」まで打つと、勝手に文脈を理解して、「が」から始まっているのにも関わらず、勝手に変換してくれるのだ!スゲエ!お前スゲエ!

当然、スペースキーも、エンターキーも一切押していない!ただ打っているだけだ!

3 そのまま打ち込むと、ガンガン変換する

IMG_2637

もう、止まらない!

ガンガン変換するぞ!ああ!誰にも止められない!わかるか!このライブ感!まさにライブ変換だ!ライブ過ぎるぞ!

4 しかも、打ち続けていくと、勝手に確定していく。エンター不要!エンターキーなど外せ!

IMG_2638

わかるか!

左のほうが確定されているだろう!

当然だが、俺は一切何も特殊なキーを押していない!ただ、打っているだけだ!

気持ち悪いくらい「ムニュムニュ」と変換される!そして、ガンガン確定だ!誤変換もほとんどないのがキモい!キモいが事実だ!なんてキモいんだ!ああ!キモいぞ!

ライブ変換するなら、エンターキーを外してしまえ!ああ!いらない!さよならエンターキー!

5 誤変換、表現を変えたい時もある。そりゃあるよ

IMG_2639

あら

「びっくり」は俺的に「ビックリ」が希望だ。これは変えたい。でも、「!」を打っても変わらないので、これは多分変わらない

でも、焦るな!間違ってもスペースキーなど押すんじゃない!

6 間違ったら、矢印キーだ!横を押して該当の文節まで移動して変換できるぞ!

IMG_2640

横の矢印キーを押すと、すでに「懐かしさ」すら感じる「変換候補ウィンドウ」が出てくる。

ああ。すでに、こいつは「過去」のものだ。俺に変換候補など不要。必要なのは打ち続ける熱い気持ちだけだ!

でも、気持ちだけでは誤変換をカバーできない。その時に横キーで、該当箇所まで移動してくれ!

スペースキーじゃない!横キーだ!

7 誤変換の場所まで行ったら、スペースか、下キーで確定だ!エンターキーは外せと言っただろう!押すんじゃない!

IMG_2641

「ビックリ」を選んだらそれで完了だ!

ここでエンターなど押すな!そもそもエンターキーなど取れ」とさっき言ったはずだ!エンターなどライブ変換には不要だ!

8 下キー、スペースキーで選んだら、そのまま打ち続けろ!ああ!OS X El Capitanを信じるんだ!打て!

IMG_2642

「ビックリ」を選択した(下キー、スペースキーで「ビックリ」に合わせた)ら、決してエンターは押すな!そのまま次の文章を打つんだ!

コレで言うと「思わず・・・」の部分を、そのまま打て!そうするとこうなる。ビックリになったまま次の文章もライブで変換がはじまるぞ!

何度言わせるんだ!エンターキーなど外せ!

9 一度再変換した語句は、ちゃんと覚えてくれる。キモい!ああ、キモいぞ!

IMG_2643

次に同じく「びっくり」と打つと、ライブで「ビックリ」に変換してくれる。ああ。学習するんだこいつは!なんて賢い!ライブ変換自体がムニュムニュして気持ち悪いが、ガンガン賢くなっていくのでさらにキモい!

「あなたの事を全て把握しております」的な状態で、打ったその場からガンガン変換していくこいつはキモすぎる!

10 ATOKから移行するときの注意

俺は既に、ATOKを卒業した。ああ。たった1日使っただけで、このライブ変換の快適さにすっかりハマってしまった!

だが、ATOKを離れるというのは、リスクもある。それは「単語登録」だ。こればっかりはどうしようもないので、再登録するしかない!

ただ、俺は、iPad Air 2でブログ打ちをしていた時期があったので、その時に、ATOKの単語と同じように結構登録していた。それが功を奏し、今では微妙に追加するだけで十分にこのライブ変換でバシバシ打ち込めるようになっている!

今まで全くMacの標準IMEなんて使ってこなかったし、使う気もなかったが、するぷさんの記事を読んで我慢して1日使ったらこりゃすげえ!ヤバすぎる!ということで紹介した!

入力が捗るどころか心地よい。私はOS X El Capitanの「ライブ変換」を絶賛する。 | 和洋風KAI
OS X El Capitanほど、かえり映えのしないOSもないだろう。私が、普段使う機能で変わったところはほとんど無い。 唯一劇的に変わったのは、打った文字がリアルタイムに変換されていく「ライブ変換」だ。これが地味ながら凄い。 最初はとまどった。いやムカついた。 El ...

これが、するぷさんの記事だ!こちらもよろしく!

じゃ、快適なライブ変換を!

くれぐれも、エンターキーは外すことを忘れるな!それが男だ!

もしくは、改造して、エンターキーを「縦5mm、横2mm」の大きさにリサイズしろ!ああ!不要だ!エンター不要!

試しに、1日我慢して使ってみてくれ。ビビるぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索