macOS Sierra 10.12.1に同梱されているMacBook Pro(2016)の公式画像を発見!やっぱりバタフライだった・・・

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

先日アップデートが行われたmacOS Sierraですが、何と、システムフォルダ内に、新型MacBook Proの画像が同梱されていたと言うことで大騒ぎになっています

僕も実際に自分のMacBook Pro 15インチの中で発見しましたので、見てみましょう

スポンサーリンク

システムフォルダの深いところにあった

詳しくは、Appleちゃんねるをご覧下さい。詳細なパスが載っています

ApplePaySplashSA

これが、公式画像だ

多分、横幅から言って13インチのMacBook Proだと思うが、予想通り、ファンクションキーはなくなり、タッチバーとして何かディスプレイのような感じになっていることがわかる

右端を指で押さえていて画像から、購入画面と推察できるので、これは、Apple Payをタッチバーの右端に設置されたTouchIDで支払っているところだろう

左端には「Cancel」の文字が見える

ファンクションキーは僕はムチャクチャ使うので、できれば無くなって欲しくないのだが、これはどうなのだろうか?

他にも画像がある

ApplePaySplashSA_GEO

コレは、キーボードに寄った画像だ

13インチも、現行のMacBook Pro 15インチと同様にスピーカーがキーボードの左右に配置されるようだ

後は、コレ、どう見てもバタフライだ。キーボードは、MacBook 12インチ同様のペコペコキーボードである「バタフライキーボード」に決まりだ

この画像、タッチバーの右端だけ、黒が濃いのがわかるだろうか?

Deleteの上の辺り、右端の部分だけ黒が濃いのだ

これは、ここがTouchIDであることを示しているのだろう。何せ、公式画像だ

まとめ

端子が見えないのは残念だが、間違って画像を入れるはずなど無いのでAppleからのプレゼントだろうと思う。そういうことにしよう

USB-C端子だけ、バタフライキーボード、物理ファンクションキーの廃止

いつもなら飛びつく僕だが、今回はちょっとウーンと言う感じだ。コレは前から言っていることと変わりない

皆さんはこの、バタフライキーボードのMacBook Proにワクワクするだろうか?

僕は敢えて、2015モデルを購入するのもありだと、割とマジで思う

後は、HyperJuiceの対応だ。2台持っている僕としては、HyperJuiceがMagSafe2の廃止により全く使えなくなるのはあり得ないので、その辺、どうなるか、じっくりとみていきたいと思う

まあ、後は28日深夜2時に全てはわかるので、あと1日半!明後日の深夜2時を楽しみに待ちましょう!

(via Appleちゃんねる

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索