【MacBook Pro】ディスプレイを見る角度と目、方、手の疲労について調べた!

なんか、今日は疲れてるなーと思ったら、普通、肩のこらない私が、肩というか、首のあたりが少し張っている感じを受けた。それに伴い、目もなんだか疲れている

なんでなのかなーと思って検索してみたら

「ノートパソコンを長時間使う場合は、ディスプレイを見下ろす角度が重要」

とのことであった。んで、そういえば、gori.meさんも、MacBookスタンド使っていたなーと思って見てみると

ほら、やっぱり使っている

使った方が良いのか、ちょっと考えることにした。

ちなみに、職場では、「RealForce」と言うキーボードを使うために、スタンドを使っている。コレも5年以上前に買ったが、職場のノートパソコンは、画面がだいたい目の前にある。

確かにコレと比べると、MacBook Proは、見下ろす角度がきついことがわかる

次に、角度と疲労について調べてみた

抜粋すると以下の通りである

画面の高さや向きは、正面よりやや下向きになりようにします。

座高の高さは人それぞれなので、液晶ディスプレイは高さ調節可能な製品を選ぶと良いです。
尚、ノートパソコンは高さ調節ができず、かなり下向きに覗き込むような形になるので、人間工学的には目が疲れやすいそうです。

うーむ。gori.meさんの言う通り、長時間の作業をする場合は、MacBook Proはスタンドに乗せて、Apple Wireless KeyboardとMagicTrackPadで作業する方が良いかもね。でもね、スタンド高いのよ。だから、とりあえずは、「週刊少年ジャンプ」で行きます

それに、Apple Wireless KeyboardとMagicTrackPadを接続して、とりあえず長時間打ちまくりで使ってみます。そんなに違うのかね?

でも、基本的に、長文の記事が私多いので、疲労に関しては少し気を遣った方が良いし、少年ジャンプも、Apple Wireless Keyboardも、MagicTrackPadも全部あるので、出費は0円ですから、それでちょっとやってみたいと思います

確かにさ、学校はWindowsノートパソコンがスタンドに乗っているので、ほぼ「真正面」を向いて作業できるんですけど、まあ、ずっと打ち続けても疲れないかもしれませんね。家帰って「あー、肩こった」とか全然ないので、RealForceもあると思うんだけど、ディスプレイの角度って大切なのかもしれませんね。

だって、「人間工学的に疲れやすい」って書いてあるからね。試してみようっと!

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索