iPhoneとMacの「フォトストリーム」の概念

Apple製品の非常に使えるポイントとして
「フォトストリーム」ってのがあります
これは
iPhone5S、iPad Airで写真を撮影しますよね
もしくは
Wi-Fi接続で、
RX100M3の写真をiPhone5Sに取り込みますよね

その状態で
iPhone5SもiPad AirもMacBook Proも
自宅Wi-Fi接続状態でほっとくと
「フォトストリーム」
というフォルダに
写真が自動で送られ、同期されるんです

すなわち
iPhone5S、iPad Airで撮った写真、転送した写真が
iPhone5S、iPad Air、MacBook Proで同期されるんですよ

ですから
MacBook Proでブログアップするときも
簡単に(というか、何もせずに)
このフォトストリームを使いまして
写真のアップロードが出来ちゃうわけですよね

いちいち
「iPhone5SからMacBook Proに写真を転送」
とか一切いらない
んです。
スゴいよね。コレ。

ただ
この間
あることに気付きました

ブログ用の写真は
取っておいても意味が無いので
ある程度たまったら
iPhone5Sの中から消すようにしているんです

とは言っても
FlickStackrでflickrに自動アップロードなので
勝手にflickrに保存されていますから
消してもバックアップは取ってある状態なんですよね
ですから
安心して写真を消すことが出来ます

もちろん
フォトストリームの写真も
iPhone5Sでカメラロールの写真を消すと消えますので
まあ、そうなんでしょうね
と思ってMacBook Proで作業していたら
MacBook Proのフォトストリームが
何度更新しても
iPhone5Sで消した写真が消えないんですよ

アレ?

と思って
色々と調べてみたら
分かりました。仕組みが。

iPhoneで撮った写真が
フォトストリームに入る場合
iPhoneで写真を消すと、
iPhoneのフォトストリームは
写真が消えるけど、
MacBook Proのフォトストリームには
「削除の変更」は更新されない
MacBook Proのフォトストリームには
「iPhoneからの写真の追加」の機能しか無い

ことがわかりました。
へー
そうなんですね。
バックアップの関係で
ノートパソコン(OS X)関係は
全てそういう仕組みみたいです
iOSのデバイスは消すと消えるのかな?

ですから
MacBook Proのフォトストリームから写真を消すには
いちいち選択して、1つずつ選んで消さないとダメです
面倒ですが、そういう仕様なので、仕方ないですね

これ、
知らないと
アレ?ってなりますので
Apple製品を連携して使ってる方は
要注意です。覚えておいてくださいね~

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索