【レビュー】ITG Full CoverでiPhone 6sを完全保護せよ!

こんにちは。KODAWARI公認レビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

たけPがSHOW CASEからiPhone 6s用のITG Full Coverを提供いただいたので紹介するぞ!

スポンサーリンク

商品紹介!

液晶ディスプレイのガラス全体を覆う0.33mmの日本製最上級ガラスフィルム

進化したITG Full Coverは、研究と検証を重ね、ガラスフィルムとして最適な薄さと最高のパフォーマンスを提供します。

素材のガラスは日本製の最上級品を使用しています。

ガラスの縁に色を付けることで、フィルムを付けていないような一体感。

iPhone 5のように液晶を隙間なく保護したいという要望にお応えする製品です。

基本的にはITG PRO Plusと同スペックで、iPhone 5sのITG PRO Plusと同様の「フルカバー」タイプのガラスフィルムだ

では、行ってみよう!

外観、開封!

フルカバーガラスフィルム01

見ての通り、フルカバーのガラスフィルムであることが明記されている

フルカバーガラスフィルム02

左下にあるが、ITG PRO Plusと同様に「ラウンドカット」なので、端の引っかかりが無いと言うことだ

色はホワイトをチョイス

フルカバーガラスフィルム03

裏面

基本的には、ITG PRO Plusと同様で、フルカバーと思ってもらえれば良いだろう

たけPは、iPhone 5sを長く使っていたので、この「フルカバータイプ」に慣れていることもあり、こちらの方が使用感は良いとのことだった

フルカバーガラスフィルム04

開封すると、本体が顔を出す

枠がホワイトなので、色味が変わることも無く、そのままのデザインを楽しめるぞ

フルカバーガラスフィルム05

iPhone 5sタイプのフルカバーフィルムなので、ガイドピンが使えないということだ。

ガイドピンを使うには下の部分がオープンである必要がある。ガイドピンを当ブログでは絶賛しているわけだが、それがこれには無いので、買うときは注意して欲しい

装着!

フルカバーガラスフィルム12

おお!

フルカバーなので、着けているのがわからない!これはコレで良いかも!

フルカバーガラスフィルム17

厚みは増すが、ショックに対する安心感が得られる。

ITG PRO Plusと同じコーティングなので、滑りも抜群だ

フルカバーガラスフィルム11

左サイド

浮きは見られない

フルカバーガラスフィルム10

ギリギリまでカバーしてくれるので、安心だ

フルカバーガラスフィルム16

サイドも問題無くキッチリカバーしてくれる

フルカバーガラスフィルム18

全く浮きは見られない

フルカバーガラスフィルム19

逆サイドも真横から撮影しても問題無い

フルカバーガラスフィルム09

上部もしっかりした作りだ。穴の位置も問題無い

フルカバーガラスフィルム06

ボタン部を見れば分かるが、厚みは増すのは仕方ない。

フルカバーガラスフィルム08

左下もこのようなカバー具合だ

フルカバーガラスフィルム07

上部からサイドにかけて、美しいフォルムがiPhoneを包む

フルカバーガラスフィルム23

1週間使用後でも浮きは見られないとのことだった

フルカバーガラスフィルム22

逆サイドもバッチリフィットしている

フルカバーガラスフィルム24

素晴らしいガード力だ

ITG PRO Plusも掲載してみる

フルカバーガラスフィルム20

これはITG PRO Plus。かなりガードする範囲が違うのがわかるだろう

フルカバーガラスフィルム21

液晶ギリギリまでのカバーがITG PRO Plusだ。

abicaseとのコラボ

フルカバーガラスフィルム25

abicaseカバーとのコラボも問題無く可能だ。ぜひ、一緒に試してみて欲しい

まとめ

ITG Full Coverは、思ったよりも良い感じでカバーしてくれるフィルムだ

私はiPhone 6から、KODAWARIとの付き合いが始まっているので、最初から「液晶部分のみ」のカバーガラスに慣れているから、逆にフルカバータイプは違和感を覚えることがある。たけPは、最初からiPhone 5sのITG PRO Plusを使っているので、フルカバータイプが普通なのだ。人によって、合う、合わないがあるので、しっかりそれを確認して、液晶部分のみのフィルムにするか、フルカバーにするか決めて欲しいと思う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索