【レビュー】Spigen ラギッドカプセルは米軍MIL規格取得のゴツい耐衝撃iPhoneケースだが、衝撃の持ちやすさに乾杯だ!

こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

Spigenより、iPhone用耐衝撃ケース「ラギッドカプセル」をサンプル提供いただいたので紹介しよう

当初は、「ネオハイブリッド」のみレビューする予定だったが、この「ラギッドカプセル」非常に素晴らしい。驚いた。

僕が受けた衝撃を、ぜひ、皆さんにも味わって欲しい!

スポンサーリンク

外観・開封!

Spigen06

ネオハイブリッドと一緒に提供いただいたこのラギッドカプセルは、「一番売れている」ということだった。しかし、「良いモノ」で無ければ僕はレビューしない。付き合いでレビューはしないのだ。だから、このケースは残念だけど、レビューしないだろうと思っていた。それくらい、ネオハイブリッドは素晴らしかったのだ

でも、こうやってレビューしていると言うことは、大変なケースと言うことだ。ああ。ヤバい。ヤバすぎる

Spigen01

書いてある通り「AirCushion Technology」とあり、これが落下時の衝撃からiPhoneを守るらしい

左に半分しか見えてないが、米軍MIL規格取得を表すロゴが表示されている

Spigen15

コレを見ると分かるのだが、右がネオハイブリッド、左がラギッドカプセル、右には「米軍MIL規格マーク」がないのだ。だから、ラギッドカプセルというのは相当落下の衝撃に強いのだろうと察する

当然、ネオハイブリッドも耐衝撃ケースであるが、思いっきり落とした時は、ラギッドカプセルの方が安心と言うことだろう

Spigen05

これがラギッドカプセル本体だ

一見すると、ネオハイブリッドの内側と変わらない気がするが、これだけで全部なので、特に四隅に耐衝撃の特殊な機能が隠されているのだろう

装着!

Spigen02

iPhone 6s Plusに装着するとこんな感じになる

当然だが、見た目はゴツい

耐衝撃らしいゴツさの完全防御バージョンと言える

では、周りを細かく見ていこう

Spigen03

まずは下部

ネオハイブリッドと同じ計算されたフィット感が約束される。この辺は問題無いだろう

Spigen04

電源ボタン

すでに、ネオハイブリッドで触れたが、Spigenのケースは非常にボタンが押しやすい。多分、使ってみたケースの中で一番押しやすいだろう。これは間違いない

全然違う押しやすさをSpigenのケースは提供してくれる

Spigen07

マナースイッチ、音量ボタン

こっちも当然だが、軽い力でちゃん通せるのは素晴らしいと思う。もの凄く押しやすい

Spigen08

この角が「米軍MIL規格取得」の秘密となるAirCushion Technologyだ

角張っているが内側に秘密があり、落下からiPhoneを守る

明らかに出っ張っているのがわかるが、右端が電源ボタンなので、電源ボタンよりは出ていない。ちゃんと考えられた幅であることは間違いない

Spigen12

背面はこのようにいかにも「装甲」チックなデザインだ

最初、コレ見た時、正直「うわあ・・・」と思った

しかし、今ではこれがカッコよく見えている、それはなぜか?まあ、それは後で語ることにしよう。今は外観だ

Spigen14

カメラ部もバッチリだ

何も問題無い

Spigen11

背面のSpigenマークもこれはこれでカッコいい

ネオハイブリッドは「さりげないのが好き」とか言っていたが、思いっきり主張したSpigenもカッコいい。ああ。人間だもの、そりゃ変わることもあるよ。許してDarling

ネオハイブリッドと比較してみた

次は、気になる「ネオハイブリッド」との比較だ。当然だが、この二つのケースを同時に買う人なんていないだろう

サンプル提供ならではの比較レビューだ

1 横幅

Spigen09

2つのケースを立てて重ねてみると、横幅を比較した際、全く一緒だったことが確認できた

即ち「耐衝撃だからと言って、横幅が広くて持ちづらい」というわけではないと言うことだ

意外に考えられて設計されているラギッドカプセル、だが、まだこの時は半信半疑だった

2 高さ

Spigen10

見ての通り、ほんの少し、ラギッドカプセルの方が高さがある

まあ、当然だ。米軍MIL規格取得なので、薄いわけが無いと最初から思っていたが、でも予想より薄かった。もっとゴツいケースは山の方にあるだろうから、米軍MIL規格取得でこの薄さというのは特筆すべきモノではないかと感じた。思ったより頑張ってる。このケースにこの辺あたりから期待を持ち始めた僕がいた

この時点で「そんなにゴツくねえよな」と、僕の手が脳に語りかけていたからだ

3 持ちやすさ

Spigen16

これが衝撃だったのだが、見ての通り、ネオハイブリッド(左)は、フラットな背面。これが僕は持ちやすいと信じ込んでいた

しかし、ラギッドカプセル(右)を持ってみてわかったことがある

ケースは横幅もそうだが、「山なり」になっていた方が持ちやすいのだ。多少厚みがあっても、両サイドが薄くて、真ん中が厚い状態の方が持ちやすい。そして、ラギッドカプセルはまさにそのデザインをしていたのだ

そうか。

だから、写真撮影の時、何度持っても違和感が無かったのか。この時よくわかった。比較写真を撮らなければ分からなかっただろうし、Harukaさんのご厚意で、ラギッドカプセルは送って頂いたので、それがなければ比較することは無かったし、正直、ゴツいケースは僕は好きでは無かったので絶対レビューすることはなかっただろう

今、この記事を出す8月14日現在、僕は実はラギッドカプセルを使っている。この後、どうなるかわからないが、横幅が同じ以上、より、持ちやすいモノを使うのが、まあ、基本と言えるだろう

実は、ネオハイブリッドより、ラギッドカプセルの方が安い。でも、使ってみて分かることがある。それは圧倒的なラギッドカプセルの持ちやすさだ

僕は身長が181cm、バスケ部でギターをやっているので手もデカく、指も長い。

参考にならないかもしれないが、絶妙な「山なり」はとても持ちやすいと感じたので、そのままレビューしたいと思う。これは素晴らしい工夫だと思うし、売り上げ1位というのも納得できる。金を出して自腹で購入したいと思えるレベルなのに1000円台なのだ。素晴らしいSpigenの技術とデザイン力に乾杯だ

Spigen17

ネオハイブリッドには、滑り止めが付いていて、これはこれで持ちやすい

しかし、ラギッドカプセルの山なりな形状はそれ以上に持ちやすいと感じた

恐るべしラギッドカプセル、そして、恐るべしSpigen。完全に心を奪われた。

まとめ

Spigen13

最強に持ちやすい、ラギッドカプセル

耐衝撃のゴツいケースなのに、やたら薄く、そして持ちやすい。なんてことだ。心からそう思う

こんなケース出されたら他社は商売あがったりだが、残念ながら、いつも通りの結論になるがカードが入らない。よって、妻のあやかぜは使ってくれない。ああ。残念だが仕方ない。

ケースは用途によって使い分けるべきだし、高級バンパーのデザイン性には当然勝てないところもあるが、普段使いで耐衝撃をメインに考え、より、操作しやすいモノをお手頃に欲しい場合は完全にラギッドカプセル一択だ。間違いない。ビックリした

ネオハイブリッドは、この時点で2位になってしまうのだが、私は気分を変えて色んなケース、バンパーを試しながら、レギュラーを決めていきたいと思っているので、毎日気分で変えるのも楽しいモノだ

試しに買ってみるには良い値段なので、よく落とす、もしくは仕事で外でよく使うという方は、試しに一つ購入してみてはいかがだろうか?

思った以上の持ちやすいさ、手触りの良さに僕と同じ衝撃を受けるはずだ。これが1000円台。スゴい時代になったものだと思う

以上で今回のケースレビューは終わるが、素晴らしいケースを2つも提供頂いたSpigenと広報Harukaさんに心から感謝してレビューを終わろう

今回、マウスパッドから始まったSpigenレビューだったが、どれも素晴らしい商品ばかりだった。今後の9月、iPhone 7に関しての新商品ラインナップにも自然と期待に胸が膨らむ

また、この素晴らしいケースを紹介できることを願っている

もう、ウチのブログでは普通のケース、カバー、バンパーは紹介できない。なぜなら読者から「部長さんは結局どれを使っているんですか?」と聞かれる時に困るからだ。だから僕は、自分が最高だと思ったモノしかレビューしないことにしている。現時点で、ケースの1位はコレ、ラギッドカプセルだ。2位がネオハイブリッド。恐るべしSpigenと言えるだろう(バンパーの1位は他社なので割愛)

今後のレビューの際も「結局、どれがオススメなのか」を明記したレビューを心がけたいと思うので、最新のレビューをご覧いただき、自分にあったケース・カバーをぜひ購入して欲しい

各メーカーから次々と「自慢の商品」がサンプル提供されるので、オススメは日々変わる。とにかく、カテゴリ内の最新レビューをぜひ読んで頂きたい。コレは9月も同様に話が進むとだけ言っておこう。期待して欲しい

リンク先で4.7インチ(6/6s)、そして、5s/SEもあるので各種取りそろっているラギッドカプセル、マジでオススメだ。ああ。ぜひチェックして欲しい至高のケースと言えるだろう。さすが売り上げ1はダテじゃ無い。Harukaさんの商品送付のチョイス力・僕の好みを今までのレビューから見抜く力に完敗。そして、Spigenに乾杯

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索