【レビュー】SQUAIR Dimpleは高級iPhoneバンパーの名にふさわしい、機能・デザイン共に一級品の逸品だ!

こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

AndMeshのレビューから始まった「DAQ取扱商品レビュー」であるが、同社が扱うもう一つのブランドが「SQUAIR」と呼ばれるモノだ

【レビュー】AndMeshはこだわり抜いた持ちやすさのオシャレな国産iPhoneケースだ!
【レビュー】AndMeshはこだわり抜いた持ちやすさのオシャレな国産iPhoneケースだ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です AndMeshより、「AndMeshケース」をサンプル提供いただ...

↑AndMeshのレビューはこちらから!

長期連載5「部長GO!〜次のブチョストップは歌舞伎町の有名焼き肉店!メチャクチャ熱いAndMesh佐藤さんは、株式会社DAQ副社長だったぜ!〜」
長期連載5「部長GO!〜次のブチョストップは歌舞伎町の有名焼き肉店!メチャクチャ熱いAndMesh佐藤さんは、株式会社DAQ副社長だったぜ!〜」
第5回「次のブチョストップは歌舞伎町の有名焼き肉店!メチャクチャ熱いAndMesh佐藤さんは、株式会社DAQ副社長だったぜ!」 私は夜の闇を...

↑AndMeshの熱い佐藤さんは、2つのブランド「AndMesh」「SQUAIR」を統括する株式会社DAQ副社長だった!実際に東京でお会いしたぞ!

【レビュー】The Watch、それは、至高のApple Watchアクセサリ。これぞ職人技。DAQ、そして、SQUAIRの情熱に乾杯!
【レビュー】The Watch、それは、至高のApple Watchアクセサリ。これぞ職人技。DAQ、そして、SQUAIRの情熱に乾杯!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です ↑長期連載シリーズで記事にした通り、DAQ副社長の佐藤さんはマジでヤバい人だった。ただ面...

↑佐藤さんに2次会の居酒屋で見せていただいた高級Apple Watchケース一体型バンド「The Watch」はこちらから!スゲえぞ!

この度、高級iPhoneバンパーである「SQUAIR」シリーズの「Dimple」をサンプル提供いただき、使ってみたので紹介しよう!マジでヤベえぞ!値段も機能もハイクオリティ!

The Dimple for iPhone 6s Plus |SQUAIR公式サイト
4分割したパーツを、特殊なラッチ構造で装着することで完成する純日本製バンパー『The Dimple』。バンパーの重さは、たったの約18g。本体をしっかりと保護しながら、驚異の薄さと軽さを誇る。一般的な金属製バンパーはネジで固定するが、『The Dimple』はネジを使わない上、他のパーツすら必要としない。

↑公式サイトはこちらから!iPhone 6s用もあるぞ!

2年使えるナイスバンパーだ!たぶん、iPhone 7シリーズも出ると思うのでそっちも見越してレビューを読んで欲しい!んじゃ、行くぜ!

スポンサーリンク

外観・開封!

SQUAIR Dimple06

まず、見て欲しいのは、この箱のデカさ

上に置いてあるのは、iPhone SEじゃない。iPhone 6s Plusだ。5.5インチのiPhoneの下においてこの存在感。どんだけ箱が大きいんだと思ったのだが、この箱の大きさ、梱包の姿勢から、SQUAIR、即ち、DAQの物作りに対する思いが十分うかがえるのだ。ただ何となく大きいだけじゃない。バンパーに関わる全てのモノに高品質を提供したい。佐藤さんがこの箱から語りかけてきそうな、そんな思いがにじみ出る梱包だ

SQUAIR Dimple01

提供いただいたのは、Dimpleのシルバー、iPhone 6s Plusモデルだ

価格もすごいことになっているが、使ってみて、その理由が納得できる

SQUAIR Dimple02

普通、この状態で写真は撮らない

が、写真を撮りたくなる、そんな気にさせる第1印象だった

SQUAIR Dimple04

上部には商品名の「Dimple」の文字が、そして、その下には「This is a bumper」と言う文字が刻まれている

使えばわかるが、これこそバンパー。突き詰めていくと、ここに行き着くと思う。逆に言うと、これを一度でも使うと、他のバンパーは使えなくなると断言できるだろう

他社にも「高級品だが、一度使うと手放せなくなる」というモノを当ブログでは紹介しているが、SQUAIR、ハッキリ言ってヤバすぎる

SQUAIR Dimple03

上の方にピントが合っているが、使ってみて分かったのは一番下の「18g」だ。異常なほど軽い、それが、Dimpleの正直な感想だろう

日本製であること、超々ジュラルミンを使っていることは、公式サイトに載っているが、実際に使ってみて感じること、それが軽さだ。こんなに軽いのかってくらい軽い

軽さを目指し、でも、デザインに妥協しない

それが、Dimpleだ

SQUAIR Dimple05

では、取り出して、外観を見ていこう

見ての通り、この絶妙な刻みデザインが見た目の高級感に加え、持ちやすさ、滑りにくさを演出してくれる

SQUAIR Dimple10

「ITOIGAWAラッチ」と呼ばれる、独特のネジ無し結合だ

これも非常に付けやすく、そして、外しやすい

多くのバンパー、ケースをレビューする僕にとって「外しやすさ」というのは1つの評価対象となるが、このようにレビューに書いていると言うことは非常に外しやすいと言うこと、即ち「着せ替えが自由自在」と言うことを意味する

例えば、水の多い場所に行く時は防水のケースを使うこともあるだろう

そういう時に、Dimpleが超絶取り外しにくい構造だったら、高級バンパーなのに、ぶっ壊れる可能性もあるわけだ

このITOIGAWAラッチがそういった不安を全て解消する。もう10回以上付け外ししているが(当然、そんなに付けたり外したりするべきでは無い)、全く問題無く一回ごとにカチッとハマりスッと外れる

さすがITOIGAWAラッチ、最強の技術に乾杯

SQUAIR Dimple09

ITOIGAWAラッチを外すと、このように、4つのパーツに別れる

ネジ無しもそうだが、非常にカッコいい。素晴らしく計算されたバンパーであることは見てみればすぐにわかる

装着!

SQUAIR Dimple08

iPhone 6s Plusに着けると、こんな感じだ

素晴らしい、マジで素晴らしい。超絶ナイスだ

では、細かく見ていこう

SQUAIR Dimple11

バンパーの1つの評価基準である「マナースイッチ」「ボタン」の操作しやすさは全く問題無い

音量ボタンも、クリック感のある非常に操作性に優れたボタンだ。音量ボタンは見ての通り、とてもカッコいいぞ!一体型だ!

ちなみに、継ぎ目のところを見ると、「デザインがつながっている」のがよくわかるだろう。これがSQUAIRクオリティ。何度も言うが、SQUAIR、マジでヤバすぎる

SQUAIR Dimple12

電源ボタンも押しやすさは僕が保証しよう

全く問題無く、毎日のボタン操作が可能だ

SQUAIR Dimple13

下部はフルオープンタイプ

多分だが、超々ジュラルミンをかなり薄く削って作っているバンパーなので、特に、Lightningとスピーカーの間に隙間を作るのは難しかったのでは無いだろうか?

左のイヤホンジャックとLightningの間には十分な隙間があるが、こっちで仕切りを作って、右側で作らないということを、DAQは許さなかったのだろう。フルオープンタイプはあまり見ることが無いが、これだけ、薄く、軽いバンパーなのでそういう理由で十分に納得できる。それくらい、薄く、軽いのだ

SQUAIR Dimple18

1つだけ、注意点があるとするなら、この「イヤホンジャックの上下のクリアランス」だ

買う前に現在使っているイヤホン、ヘッドホンのジャックのはみ出し具合を見てから購入すべきと感じた

僕はヘッドホンのBOSE QuietComfort35は無線なので問題無し、イヤホンも基本ワイヤレスなので問題無い

しかし、L字型ジャックの場合はこれに干渉して刺さらないことがあるかもしれないので注意して欲しい

SQUAIR Dimple14

カメラ部分も限界までカメラにバンパーが近づき、しかし、ぶつからないという曲芸と言える技術を見せつける

素晴らしい仕事だと思うし、納得の高級感だ

SQUAIR Dimple16

背面の全体像

光に輝くDimpleと、Appleマークを包み込むiPhone本体のコントラストの美しさをぜひ見て欲しい

惚れ惚れするバンパーだ

まとめ

とにかく、軽い、そして、横のデザインがキモとなり、かなり持ちやすい、滑ることも無い

バンパーなので、Appleマークも見える、ボタンも押しやすい

高いかもしれないが、その高級感を十分に感じることの出来る素晴らしいバンパーだと思った

SQUAIR Dimple20

光の加減にもよるが、こうやって「斜め」にして、ニヤニヤしたくなる、Dimpleはそういうバンパーだ

あなたが今まで使ってきたケース、バンパーで、眺めてニヤニヤする事なんてあっただろうか?

Dimpleはそれができる。外での注目度も抜群だ

SQUAIR Dimple19

背面もちょっと傾けて、ニヤニヤ

やっぱり、バンパーはAppleマークがでるので僕は好きだ

この質感、マジで最強じゃ無いだろうか?

月に換算すると

高いが、月に換算すると、2000円チョイで2年で払うことができる

私のように次々とサンプルレビューをする場合オススメケース、バンパーをたくさん持っているので、その日の気分で着せ替えることも良くあるが、バンパーならこれ。自分で購入することも十分考えられるクオリティだと思う

普通の人は「iPhoneを2年」使い、「ケース、バンパーもよほどのことがない限り替えない」だろう。

そうなるのであれば、高級なモノを使ってみるのも一つの手だと思う

あなたの所有欲を十分に満たすだろう、高級バンパー「Dimple」、部長ナビが絶賛オススメするナイスバンパーだ

質問があれば、私までお気軽にどうぞ。佐藤さんにガンガン聞いてみるのでバンバン質問して欲しい

高級にふさわしいサポート、そして、アフターサービスを佐藤さんを始めとしたDAQ、SQUAIRスタッフが提供してくれることは間違いない

副社長の佐藤さんがコレだけ熱い人から、会社の雰囲気、物作りへの情熱も間違いなく素晴らしいモノだと簡単に想像できるからだ。

「本当に良いモノを、iPhoneを愛する全ての人へ」

そんなメッセージがこのバンパーからは聞こえる

見た目だけで無く、心に響くバンパー「Dimple」をあなたのiPhoneにいかがだろうか?

The Dimple for iPhone 6s Plus |SQUAIR公式サイト
4分割したパーツを、特殊なラッチ構造で装着することで完成する純日本製バンパー『The Dimple』。バンパーの重さは、たったの約18g。本体をしっかりと保護しながら、驚異の薄さと軽さを誇る。一般的な金属製バンパーはネジで固定するが、『The Dimple』はネジを使わない上、他のパーツすら必要としない。

↑高級iPhoneバンパー「Dimple」の公式サイトはこちらから!

↑iPhone 7予告編を遊びで作ってみたんですけど、一瞬Dimpleが写ってますので、よろしければどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索