【レビュー】iRingはiPhone 6s Plusだと、縦に立たない(涙)けど、持ち心地最高

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

瀬戸さんが絶賛勧めていた「iRing」を買ってみたのでレビューしたいと思います。んじゃ、行くぜ!

スポンサーリンク

外観、開封!

iRing05

これが「iRing」だ!

色はシルバーを買ってみた!

このRingの特徴は、「リングの先っぽが平になっていて、iPhoneを立てて置ける」というところだ。

瀬戸さん大絶賛のこのリングを買って試してみた!

iRing02

外国のメーカーのモノらしいが、売れまくっているそうだ

バンカーリングと並んで、非常に有名なリングであることは間違いない

nexus5時代から、歴代iPhoneでバンカーリングを使いまくっていたので、期待が高いぞ!

装着!

iRing01

装着してみた!

色バッチリ!なんてナイス!最高やねん!

親指の位置を微調整して、着け直してみたが、ここであることに気付いた

粘着力は、バンカーリングより上のような気がする

結構剥がれなかった。スゲー粘った。大変だった

粘着力は相当あると思った方が良いだろう

iRing03

逆サイドから撮るとこんな感じ

見事にリングがそそり立っているが、この「平らな部分」が抜群の安定感を生むというわけだ

立ててみた!

iRing04

横に立てると、マジ安定。スゴい安定感だ。最強クラスと言えるだろう

iRing09

表から見るとこんな感じだ

メッチャ見やすい状態でホールドできる。YouTubeなんか見るときは最高だと思う

iRing06

コレ、コレ残念だった

瀬戸さんは「縦にも立つ」ようなことを言っていたと思うが、iPhone 6s Plusだと、縦の幅が瀬戸さんの持っているiPhone 6sよりもあるので、重量のバランスから、縦に立てることはほぼ不可能だった。コレは残念。

っつーか、コレに期待してかったんだけど、それができなくてショックだったので、Plus野郎の方は要注意!

当然だが、もっと真ん中よりに付ければ問題無く立つと思うが、私は「フリック優先ポジション」で付けているので、こうなると言っておこう

持ってみた!

iRing07

うーむ、やっぱり、この手のリングはガシッとくるね!

見て分かる通り、iRingの端で指がホールドされるので、親指の可動域が広がるのだ。コレがナイス

安定感抜群、間違って落とすことがほぼ0と、良いことばかりだが、注意点もある

バンカーリングEssentialと比べると、穴の大きさはiRingの方がかなり大きい

コレ、要注意。指太めの人はバンカーリングは窮屈だが、iRingはバシッとくる

逆に、指細い方は、バンカーリングの方が良いだろう。この辺は、指の太さで決めた方が良いと思う。

バンカーリングを持っている向かいに座っている若い先生と比較したので間違いない。iRingは、穴が大きくて余裕がある

iRing08

こんな感じで、余裕で左上まで届く。

そもそも、簡易アクセスを使うので、上まで届く必要は無いのだが、それにしたって届く。やっぱりリングは最高なのかもしれない

でも、ホームボタンを下にした状態で、縦に立てられない時点で、指の細い私にはバンカーリングEssentialの方が良かったのではないかというちょっとした残念感も漂っているのは確かだ

その辺は注意して購入して欲しい。iPhone 6sであればバッチリだと思う。瀬戸さんも、間違ったことは言ってないと思う。iPhone 6s Plusがデカすぎるのだ、重すぎるのだ。それを選んだ私の落ち度だろう。

iPhone 7 Plusにするなら、追加でバンカーリングEssentialを購入するのがもったいないと言うこともあるので(次はスペースグレイを購入予定のため)、しばらくiRingで様子を見たいと思うが、この記事を読んで「それでもiRing行くぜ!」って方は、下のリンクからぜひどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索