【レビュー】ECTechnologyのモバイルバッテリーは22400mAhの大容量、3ポートで使える!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

ECTechnologyより、モバイルバッテリーを提供いただいたので紹介したい!

22400mAhの大容量モバイルバッテリーだ!

スポンサーリンク

商品紹介

・超大容量(22400mAh)、500回以上の繰り返し使用が可能です。一度の充電で何回充電できる、外出時のバッテリー切れを解消。

・コンパクトな形状で、23mmの薄さ。通勤カバン、ハンドバッグ、ジーンズのポケット、手のひら…どこにでも収まりがよく、持ち運びに便利です。

・インテリジェント電源管理ICを配置していますので、過充電、過放電、加熱時、短絡時は自動停止されるので心配はありません。

・iPad用(2.4A)とSAMSUNGタブ用(2A)とiPhone用(1A)充電ポートより、iPhoneとiPadとSAMSUNGタブへのフルスピードでの同時充電が可能です。PCのUSBポートからの充電に比べて、約4倍程度速く充電が可能です。

・USBポートの側に押しボタンを設置し、二回押すとライトオン>明るくなる>点滅モード>ライトオフに変換が簡単に操作できます。充電開始ボタンを省略し、USBケーブルでデバイスと本製品を接続すると、自動的に充電が始まります。デバイスがフル充電できたら、また自動的に充電が停止します。より便利になりました。

外観、開封!

モバイルバッテリー05

コレが、今回サンプル提供いただいたモバイルバッテリーだ!

モバイルバッテリー01

22400mAhという大容量のモバイルバッテリーだ!

モバイルバッテリー06

内容物は、本体と、充電用のマイクロUSBケーブルのみとシンプル。後は、説明書がついている

モバイルバッテリー02

触った感じの質感は上々。価格以上の高級感を醸し出している

モバイルバッテリー03

3口のポートがついている

あれ?なんかポートの下に文字が書いてあるぞ?と思ったら

モバイルバッテリー04

左から、「iPhone」「Samsung」「iPad」とある。それぞれの端末に合わせて差し込むことで適切な電流で充電できると言うことだ。嬉しい機能だ。

モバイルバッテリー08

差し込みポート右側には、電源ボタンがある。ここを押すと、どのくらいバッテリーの残量があるか、青いLEDランプで確認することが出来る

モバイルバッテリー07

反対側には、マイクロUSBの充電ポートだ。

モバイルバッテリー10

このように、電源ボタンを押すと、青くLEDが光る。残量も一目瞭然だ

部長所持の他社製品と徹底比較してみた!

モバイルバッテリー09

左から、今回提供いただいたECTechnology、真ん中がアンカー、右もアンカーだ。容量は右に行くほど少なくなる

モバイルバッテリー11

真ん中のアンカーは、16000mAhなので、明らかに横幅、ポート数がECTechnologyと比べると少ない。右端の白いモノはさらに容量が少ないので、厚みがない形になる

モバイルバッテリー12

今回提供いただいたECTechnologyのモバイルバッテリーは、見ての通り、22400mAhで3ポート、差し込む場所によって電流が違うと言うことだ。iPadは2.4Aと書いてある

モバイルバッテリー13

真ん中においてあったアンカーのAstro E5だ。これは16000mAhなので、容量がだいぶ違う。

モバイルバッテリー14

右端においていたアンカーのモバイルバッテリーは10000mAhだ。倍以上容量が違う

モバイルバッテリー20

MacBookも充電できるBTL-RDC6は、16000mAhだ。

モバイルバッテリー21

見ての通り、MacBook対応なので、「OUTPUT」というDC端子がある。このおかげで、USBは1ポートしかない。あくまでMacBook用と考えて良いだろう

モバイルバッテリー24

先日購入した、MacBook Pro 15インチ用の「HyperJuice」だ。これは、27000mAhなのだが、完全にMacBook用なので、そもそもコレでiPhoneやiPadを充電しようとは思わないが、一応載せておく。

モバイルバッテリー23

DC OUTでMacBook対応、USBポートも2つある。が、やはり、MacBook用だ。

重さ比較!

モバイルバッテリー18

軽い順に行く。まずは、私のiPhone 6s Plus。当然一番軽いが200gを超えているのには軽くショック(笑)

モバイルバッテリー16

次に軽いのが、10000mAhのアンカー。223g

モバイルバッテリー17

その次が、アンカーのE5、16000mAhで311g

モバイルバッテリー15

そして、今回提供いただいたECTechnologyのモバイルバッテリーが22400mAhで474g

モバイルバッテリー19

16000mAhのBTL-RDC6は、MacBook用ということもあり、22400mAhのモバイルバッテリーより重い

モバイルバッテリー22

HyperJuiceは、別格。775gは、バックパック無しでは持てない。いくら、MacBook Pro 15インチを充電できると言っても、iPad Pro並の重さだ。

まとめ

モバイルバッテリーというのは、非常に選び方が難しい。

今回、提供いただいたECTechnologyのモバイルバッテリーと、アンカーを比べてみたが、充電速度にそれほど違いは感じられなかった。重さに関しても、私は妥当だと思う。

一番困るのは、「iPadの充電が終わった時に限って、iPhoneも電池切れ」ということだ。これで、モバイルバッテリーを使おうとすると、iPadを充電するとだいたいのモバイルバッテリーは残充電がさみしくなるので、使えない場合が多い。しかし、22400mAhという大容量であるこの商品は、そんな「バッテリーの電池切れ」を心配することなく、ガンガンイケる。確かに重さはあるかもしれないが、HyperJuiceに比べたら軽い。そう考えると、特に「iPadを使う」人や「充電設備無しで2〜3日出かける」なんて場合は、この22400mAhのモバイルバッテリーが最適なのでは無いだろうか?

「重いから」という理由で結局私は、アンカーのモバイルバッテリーを3個も買った。そうだ。段々容量が大きくなるのだ。足りないというのは、「現場」でしか気付けない

そんな「ミスマッチ」を無くすためにも、最初から、大容量のこのバッテリーをぜひ検討いただければと思う

お知らせ

ECTechnologyの粋な計らいで、現在打ち合わせ中の2015年クリスマスイベントだが、このモバイルバッテリーもプレゼント商品としてラインナップが検討されている!

いざというときにも安心の大容量モバイルバッテリーだ!家族で、複数台で、旅行で、様々な場面で大活躍間違い無しのこいつをオススメだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索