iPhone SEが出た今だからこそ、iPhone 6s Plusを勧めたい7つの理由〜情報を見るという意味で「大きいこと」の価値と閲覧性の良さ〜

iPhone6s-2Up-HeroFish-PR-PRINT

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

iPhone SEが予約開始となりました。発売までもうすぐです

さて、今回は、「そんな今だからこそ、敢えて私はiPhone 6s Plusを全力で勧めたい」という記事でございます

私はすっかりPlusの虜になっているわけですが、その理由も踏まえてお伝えしていきましょう!

スポンサーリンク

1 iPhone 6s Plusが大きいと言うこともあるが、iPhone SEは小さくはないかい?

私が今回いいたいことは「iPhone 6s Plusはすばらしい」ということであり、これからiPhone SEを買おうとしている人をディスっているわけでは無い

実際私は、iPhone 5s、iPhone 6、そして、iPhone 6s Plusと使ってきた

全部のサイズを使っての感想がこれだ

iPhone SEは、とにかく「表示領域的に小さくは無いか?」ということなのだ。スマートフォンの1つの目的である「情報を見る」という観点において、やはり、iPhone 6s Plusはすばらしいと感じる

2 検索してみよう。その差は明らかだ

iPhone 6s Plus iPhone SE01

「部長ナビ」で検索してみた

左が私のiPhone 6s Plus、右がマー坊のSIM無しのiPhone 5sだ。

おわかりだろうが、全然違うのだ。「ちょっと残念」とか、そういうレベルでは無い。

毎日、何回も使うモノだから、iPhone 6s Plusのこの表示の素晴らしさは特筆すべきだろうと思う。

3 トップページの表示にも大きな差が

iPhone 6s Plus iPhone SE02

表示される記事数が違うことがよくわかるだろう

私が普段、左でネットを見ていて、右を見たらどう思うのか、ちょっと考えてみて欲しい

実際に使っているマー坊も「これ、小さすぎる」と言うようになった。

4 ボタンの押し間違いが無い

これは、私、マー坊両方の意見が一致したのだが、ゲーム等でのボタンの押し間違い(特にマインクラフト)が、iPhone 6s Plusの方が当然少ない。ゲームをするなら大きめの画面サイズが最適だと感じた

マー坊は基本的に私のお古を使わせる予定なのだが、すでに「パパのこのiPhone、俺、使いたい」と予約が入っている。えー。7いくんすか・・・。見送ろうかなと思ってたんだけど・・・

5 記事、ニュースを読むときも、iPhone 6s Plusは素晴らしい

iPhone 6s Plus iPhone SE03

記事画面の最初だが、この時点であまりの差に驚くと思う

私もビックリした(笑)

ただ、これだけならまだしも、本文まで行くと、さらにその差は広がる

iPhone 6s Plus iPhone SE04

上を「こんにちは。部長ナビです」に揃えるとこうだ

いかがだろうか?

毎日の文字閲覧で、どちらの方が見やすいだろうか?

人により、感じ方は違うと思うので、様々な大きさのモデルがあるのは当然だが、私はiPhone 6s Plusを絶賛勧めたい。マジステキ

6 「だって片手で持てないじゃん」はバンカーリングがあるじゃないか!

iPhone 6s Plus iPhone SE05

iPhone 5sはどうしたって届く

何をどう持っても、必ず左上に届くのだ。さすが4インチ

多くの女性はこれがポイントとなり、4インチを求めるのだという

外人は「タイトなジーンズの場合、尻ポケットに入れるので、4インチがベスト」と言うらしいのだが、日本人の場合、カバンか前ポケットが多いと思うので、もし「指が届かない」という理由でiPhone 6s Plusを敬遠しているのであれば、次の写真を見て欲しい

iPhone 6s Plus iPhone SE07

ほら

届くのだ。

バンカーリングという最強のiPhoneアクセサリのおかげで、バリッと左上に届く。これがステキ。

ちなみに、私は、iPhone 5sにもバンカーリングを使っていたので、iPhoneの大きさに関係なく、バンカーリングを使う

使えば届く。だから私はiPhone 6s Plusを勧めるのだ

iPhone 6s Plus iPhone SE06

バンカーリングはこのように、背面に貼るリングだが、私は中指を通して使っている

ポイントは「小指が背面にある」ということだ。

普通は次のようなポジションでは無いだろうか?

iPhone 6s Plus iPhone SE09

俗に言う「小指下モード」だ

これにより、iPhoneの操作が抜群に安定するのは周知の事実だと思うが、これだと確かに、iPhone 6s Plusは全くと言って良いほど指が届かない

iPhone 6s Plus iPhone SE10

しかし、バンカーリングを使うことにより、小指の位置が上がるため、親指の可動域がステキングになるのだ

ああ。ステキング

「でも、どうしても届かねえ!」ってときは必殺のアレだ!

7 簡易アクセスはマジ最強

iPhone 6s Plus iPhone SE08

ホームボタンをダブルタップすると画面が降りてくる「簡易アクセス」

これを使わない日は無い。マジ便利。最強過ぎて泣けるほどだ

バンカーリングと簡易アクセスがあれば、十分に片手でiPhone 6s Plusを操作することができる

ステキすぎて、書いててますます惚れ直した。素晴らしいぞ、iPhone 6s Plus

まとめ

iPhone 6s Plusがいかに素晴らしいかを書かせていただいたが、いかがだっただろうか?

ちなみに、妻のあやかぜは、左手持ちの右手人差し指フリックだ

この場合、4.7インチが最強らしい。あやかぜでも、4インチは「小さい」という

両手持ちの場合は特に「大きさで悩みまくる」と言うことは無いかもしれないが、片手野郎の場合は話が違う

快適に毎日片手で使うにはポイントを抑えた使用法を知ることが大切だ

私は色々試行錯誤の結果、今の形に落ち着いているが、完全に片手で毎日使っている

まあ、181センチあるので、手もデカいというのもあるかもしれないが、私は全力で、そして、心からiPhone 6s Plusを勧める

でも、チョット待って

iPhone SEが出たので、こういう記事を書いてみたが、g.O.R.iさんが言う通り、「あと半年でiPhone 7が出る」ので、iPhone 6s Plusはぶっちゃけ、買わなくても良い(笑)

ただ、7を買う時の参考として、「片手で使えないから」というのは、工夫で何とかなる事もあると思うので、家電量販店等で実機を触って、色々試して自分にベストなiPhoneをチョイスして欲しい!

▶️で、をチェック!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索