iPhone 7のホーム画面(アプリ)の紹介

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

読者の方から、iPhone 7のホーム画面(アプリの並び)について、質問がありましたのでお答えします

スポンサーリンク

以前紹介したのは1年前。iPhone 6s Plusと比べ、大幅にアプリが変更した

iPhone 6s Plusのホーム画面(1枚)のアプリ並びを変えてみた。なぜなら、3D Touch(Peek)で劇的に使うアプリが変わったから
iPhone 6s Plusのホーム画面(1枚)のアプリ並びを変えてみた。なぜなら、3D Touch(Peek)で劇的に使うアプリが変わったから
ホーム画面のアプリは、だいぶ精選しているつもりだ 私は、ホーム画面を「1枚」にすることをマイルールとしている。 普通の人は、右にスワイプする...

↑iPhone 6s Plusのアプリの並びがこちら

今の僕のiPhone 7(ジェットブラック)のアプリの並びは以下の通りとなります

image

何か、マジで大幅に変わってますね。では、マイルールをどうぞ

1年前と変わったところ1「ツール」「レギュラー」を統合し、「ツール」に。一緒になっていた「ゲーム」を独立させた

1年前は、マジで良く使うモノを「レギュラー」として、最上段の左から2番目にしていました

しかし、「ツール」と「レギュラー」の違いをうまく自分で使い分けることができなかったため、思い切って「ツール」にまとめ、その代わり、ゲームを一つにしたところ、非常に良い感じで運用できたのでこのままで現在は来ております

なお、最上段右2つの「連絡先」「写真」は変わっておりません(アプリは増えたけど)

1年前と変わったところ2「Evernote」で一つのグループを作った

1年前は、Evernoteのアプリは、「Evernote」だけでしたが、今はEvernoteは欠かせない情報ツールとして大活躍しております

閲覧アプリから、情報登録アプリまで、たくさん使ってますので、Evernoteで一つにしたところ、コレもナイス

1年前と変わったところ3「Google Analytics」関連のアプリが2個も登場

単体で置いているアプリは、僕は1画面しかホーム画面を使いませんので、かなり厳選された「使う」アプリとなるわけですが、ここに、Google Analytics系のアプリが2つも入ってます

コレは、去年の9月では考えられなかったことです

昨年の9月は月間47000PV、今年の9月は55万PVですから、当然、リアルタイム等を見ながら、記事の追記、修正を行っていますので、現在はGoogle Analytics関連のアプリは必須となっております

あかめさんから紹介いただいた「Real Time」を現在ではレギュラーとして使っております

iPhoneで「リアルタイムアクセス数」がわかるアプリ「RealTime」がヤバすぎる件
iPhoneで「リアルタイムアクセス数」がわかるアプリ「RealTime」がヤバすぎる件
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です あかめさんと言えば、癒やし系のブロガーとして有名ですよね。「モブログの女王」としても有名...

↑Real Timeの記事はこちらから!

1年前と変わったところ4「Messenger」がメインのSNSになった

Facebookをアカウントを作って、本格運用したのが昨年9月ですので、当然ですが、友達もほとんどいなく、Messengerも全く使っていませんでしたので、ホーム画面にMessengerが無いのは当然と言えます

しかし、1年経ち、メインのSNS、一番使っているSNSは明らかにMessengerです。よって、LINEと共に、一番下の「最も使うアプリ」に抜擢されました

Tweetbot 4も激使いますが、やはり、Messengerが一番です。次はリアル友達、知り合い、仕事相手に多用するLINEですね。この2つのSNSで、かなりの割合を占めるようになりました

まとめ

まあ、ホーム画面のアプリ紹介なので、それほど需要はないかもしれませんが、せっかくリクエストいただいたので、1年ぶりに紹介しました

毎年恒例行事で、来年の9月にもやってみたいと思いますね!

細かいアプリの紹介等については、お問い合わせいただければお答えいたしますので、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索