分割の残(残債)があるiPhoneを機種変更するときに知っておくべきこと〜月々サポートは1台限定〜(docomo版)

iPhone 6s Plus02

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

最近多い読者の皆さんからの問い合わせに「残債があるときのiPhoneの機種変更ってどうなるんですか?」ってのがあります

iPhone 7が発表される良いタイミングですので、お知らせしたいと思います

スポンサーリンク

残債がある場合、機種変更時にどうなるのか?(docomo)

僕は、残債がある状態で、iPhone 6s Plus、iPad Pro 9.7インチをdocomoで契約しました

簡単に言うと、次のようになります

月々サポートが無くなり、普通に分割払いが残る。新しいiPhoneは月々サポートが効くので、端末代は安くなる

例えば、上の写真だと、「iPhone 6から、iPhone 6s Plusに機種変更している」ことになりますが、この場合、iPhone 6の月々サポートが無くなり、普通にiPhone 6の残債が毎月引かれる+iPhone 6s Plusの端末代が、月々サポートが効いた状態で、毎月引かれるということになり「2重支払い」が発生します

iPhone 6sからiPhone 7に機種変更される場合、6sの月々サポートがなくなり、端末代を普通に分割で支払うことになるので、月の支払いは結構増えます。僕はこういう場合は「一括返済」にしていますので、前の機種については、残債を一括で支払ってます

月々サポートは「月々」なので、残債一括返済の場合は適用されない

例えば、端末代が月3000円で、月々サポートが月2000円の場合、実際に支払う額は月1000円となります

これが、新しいiPhoneを契約する時点で、「10ヶ月分」残っているとしますと、端末代の残債が3000円×10ヶ月=3万円となります

ここで、「月々サポートが2000円ずつ引かれないの?」と思うかも知れませんが、月々サポートってのは、「その月に引く」というシステムなので、残債分、一括で引くことはないんですね

ですから、普通に契約していれば、端末代の支払いは1000円×10ヶ月で1万円なんですが、機種変更して、新しくiPhoneを買うと、前機種の端末代支払いが3万円と月々サポートが無くなるので、大幅に増えます

月々サポートは「24回(月1回)サポートする」という「2年契約」前提のサービスなので、1年で変える場合は、サポートの分の金額を損することになります。それを「良し」とするかどうかなんですね

ちなみに、SIMフリー(Apple Store購入)は、元々月々サポートが無いので、端末代は普通に2重払い

分割でApple StoreでSIMフリーを買うと、何も起きません

Apple StoreのSIMフリーは、月々サポートがありませんので、支払額が増えたりすることも無くそのまま新しいiPhoneの端末代が増えるだけですので、分かりやすいです

キャリア契約の場合だけ、月々サポートが無くなるので、一気に支払額が増えます。そこだけご注意ください

色々魅力的な新型iPhone

毎年欲しいよねぇ

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索