iPhone 7 Plusにデュアルレンズカメラ。iPhone 7との差別化は避けられないか?どっちを買うんだ?

iPhone 7 Plus

当ブログ「部長ナビのページ」は、月間415万PVのニュースサイト「gori.me」のオフィシャルファンサイト認定を受けております!いつもありがとうございます!

【gori.me】まとめ
【gori.me】まとめ
この記事は、2015年8月17日に公開した記事を追記したものです こんにちは!「gori.me公認ファンサイト」の部長ナビ(@na...

今日も最新ニュースをお届け!gori.meニュースです!

スポンサーリンク

iPhone 7 Plus、デュアルレンズカメラ搭載で暗所撮影に強いだと?

gori.meによると、iPhone 7 Plusは予想通り、デュアルレンズカメラの搭載の可能性が高いようだ

ってことは、モデルによる差別化が現実のものとなる

iPhone 7を買うと、暗所撮影に弱いってことか?そもそも、暗所撮影って何を撮るんだ?

この間、カズチャンネルのカズさんがGalaxyの最新モデルとiPhone 6sでカメラの比較をしていた

かなり暗いところに行って撮ると、Galaxyのカメラの優位性は誰が見ても明らかで、暗所に強く、明るく撮れるのはGalaxyであることは一目瞭然だった

じゃあ、ウチのブログの写真、iPhone 6s Plusで撮影したモノが多くある。東京遠征なんか、The Watch以外は全てiPhone 6s Plusだが、「暗い」と思うだろうか?そこがポイントだ

カズさんの撮影した暗所はマジで暗所。光のない場所での撮影だった

例えば、今の季節のお化け屋敷、子供と夜の虫取り、夏祭り、そういう場所での撮影は確かにデュアルレンズカメラによる暗所撮影の方が良いのかもしれない

しかし、東京遠征で私は感じた

iPhone 6s Plusでの撮影、問題ねえな。と。

EOS 70Dは実は全ての場所に持っていった。g.O.R.iさん、村田さん、佐藤さん、ハセさん、皆さんにお会いする時、必ずbooq Taipan shockにはEOS 70Dが入っていたのだ。

しかし、EOS 70Dを使ったのはたった2回。居酒屋でのThe Watch撮影と、KODAWARIの実店舗SHOW CASEで、ハセさん達スタッフの修理風景を撮る時、これだけだ。

他は全てiPhone 6s Plusで撮影、そして、不安を抱えたままアップした

今までは写真撮影と言えば、EOS 70D。デジイチで撮った写真しか使ったことの無い私にとって「せっかくの東京遠征なのに、iPhone 6s Plusで撮ってしまった」という思いが強かった

でも、どうだろう?

言われなければ、「iPhone 6s Plusで撮った」ってわからない読者の方の方が多いんじゃないだろうか?

実は、写真撮影って、撮る方はやたらこだわるが、見る方はそれほど気にしていないのが実態でこれは読者の皆さんから良く聞く声だ。「あの写真、キレイですね」と言われる場合、iPhone 6s Plusだったりすることが多いのだ。だから、よほど暗いところでない限り、現行モデルの6sのカメラでも十分にブログアップに耐えられる写真は撮れると言うことなのだ

もちろん、プロカメラマンのカメ仙人が見ればすぐにわかるだろう。じゃあ、プロカメラマンの読者が何人いるのかってことだ。99%はiPhoneで撮影をメインとするライトユーザーなのでは無いだろうか?少なくとも、毎日の常連さん、読者の方のやり取りの中で、写真について熱く語ることはほぼ無いのが現実だ(全くないわけじゃないが・・・)

結論的には、iPhone 7でも、iPhone 7 Plusでも良いんじゃないかという気はする俺氏

東京遠征「部長GO!」の写真の99%はiPhone 6s Plusだ。iPhoneで十分に長期連載が書けるのだ

「ボケがないと物足りない」なんていう読者、一人もいない。そんなことより「g.O.R.iさんと新宿歩いたってマジスか!」と言う声だらけだ。そうだ。写真、気になってないんだ。ああ。ちなみに渋谷にも行ったぞ。g.O.R.iさんと二人で。エヘヘ

だから、私はこれから、もっと気軽にiPhoneで写真を撮って、ブログを更新していきたいと思う。iPhoneで撮れば、Wi-Fiにつながれば勝手に写真はMacBook Pro 15インチに行くわけだ。後はウォーターマーク入れてアップすれば終わり。iPhone 6s Plusには、様々な加工アプリもある。簡単に写真加工して、そのままアップできるのだ

うーん・・・。

私の中では、東京遠征でほとんどEOS 70Dを使わなかったというのが衝撃だったのだ。そして、その状態で長期連載が書けてしまったというのも衝撃だった。思った以上にiPhoneのカメラは優秀だと言うことだ

自宅でレビュー写真を撮る時は当然EOS 70Dを使ってマクロレンズでグイッと寄って撮る。でも、外に出る時はiPhone持って行けば写真も撮れるし、オセロニアもできる。電話もできるしMessengerもできる。なんでもできるんだ。iPhone。

もし、仮に、私が新型iPhoneを買うとするなら

100%無いことだが、私が仮に9月に出る新型iPhoneを買うとするなら、今持っているiPhone 6s Plusの使い勝手を考え、4.7インチにするのか、5.5インチにするのかを決めるだろう

それは、カメラで決めるのでは無く、「操作感」とか「持ちやすさ」とかそういうことで決めることになるだろう

すでに、関係各所からiPhone 7、iPhone 7 Plusのレビューをと言う声は複数上がっている。買わないが、もし、仮に、万が一買うとしたら、私は冷静にiPhoneを見定め「1年使うにふさわしい」サイズを選ぶことになるだろう。それは決して「今5.5インチだから、次はノリで4.7インチ」と言う事では無い。「カメラがデュアルだから5.5インチ」ということでもない。ましてや「両方購入」なんて絶対あり得ないから、期待しないで欲しい。「Plusはケースが少ないから、メーカー的にも4.7インチ」と言うこともない。

私が金を払って、私が買うiPhoneなんだから、毎日使いやすいモデルを選ぶことだろう。しかし、今の状態では「iPhone 7、7 Plus、欲しいぜ!」とはならないのは皆さんおわかりのことと思う

クック船長が自信を持って9月を迎えるらしいが、時代は、iPhoneやApple Watch 2ではなく、今年はMacBook Pro 15インチ、MacBook Air 15インチなのかもしれない

2014年12月にiPhone 5s、2015年2月にiPhone 6、2015年9月にiPhone 6s Plus、2016年4月にiPhone SEを購入しているが、それぞれにそれぞれのiPhoneの良さがある。今はiPhone 6s Plusを使っているが、4.7インチのあやかぜのiPhone 6を触ると「片手感」は最高だと感じずにはいられない

9月の発表で、Appleがどういう感じのモノを出すのか、心は揺さぶられるのか、買うに値するのか、私は素人ブロガー、素人レビュアーとして、良く商品を見定め、くれぐれも衝動買いで長期連載なんか始めないようにしたいと心に誓った

ああ。大丈夫

俺は最高に冷静

冷静にならなきゃイケないのは、奥さん、あなたかもしれない。だって、僕は片手で扱える4.7インチが良いかなと思っているからだ。ほぼ、決まっているから俺は大丈夫だ。

悩んでいる奥さん、まだ1ヶ月ある。よく考えることだ。予約当日は瞬間的に売り切れる。それがiPhoneだ。また、今年も、戦いの月がやってくる。

奥さん、準備は良いのかい?

(via gori.me

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索