iPhone 6s Plusで、「ATOKのフリックの左端」は届くのか?検証してみたぞ!(当方181cmバスケ部指長め)

こんにちは。部長ナビです。

iPhone 6s Plusをゲットして一夜、フリックもバリバリ使いまくりなので、使用感をお伝えする!

ATOK野郎に限らず、「フリックどうなんだろうなー」って方は要チェックだぜ!

データ

「記事見てiPhone 6s Plus買ったけど、届かねーよ」という批判を防ぐために、私の指のデータを発表だ!

実寸で行くぜ!

身長:181cm

親指の付け根から指先までの長さ:7cm

ああ。7cmだ!これを参考にしてくれ!

じゃ、iPhone 6s Plusで、ATOK行くぜ!

MacBook Pro 15インチ、iPad Air 2、iPhone 6s Plus全てATOKで統一している私は、根っからのATOK野郎である!標準IMEなど使ったこと無いぜ!

ただ、キーの大きさは、IME(日本語入力ソフト)は関係なく、同じ大きさなので、参考にはなる情報だ!ご覧あれ!

簡易アクセス03

まずは、ジャブだ!

「あ」の所のフリックだ!

この親指の曲がり具合を見てくれ!まだまだ全然余裕だ!

思ったより、iPhone 6s Plusでも届くことがわかるぞ!

簡易アクセス02

次に、「変換」のキーだ。

これも余裕。若干であれば、まだ左に行けるぜ

当然、小指はiPhone下固定の「フリックモード」だ!

簡易アクセス04

最後に左下の「IME切り替え」と「ATOKモード切替」の場所だ!

ここも大丈夫。普通に届くぞ!

親指が7cmだと、かなり普通に届くことがわかった!

ATOKは、当然店舗では試せないので、正直不安だったが、全然何も問題無い!ATOKでガンガン攻めることができるぜ!

結論!

今日は土曜日!親指の長さを測って、条件をクリアできたら、10時にショップへGO!

「え?上の部分は届かないんじゃ無いの?」なんて不安を持っている人は次の記事を読むが良い!

iPhone 6s Plusで画面が下に降りてくる「簡易アクセス」を使えば、片手操作が可能だぜ!(当方181cmバスケ部)
iPhone 6s Plusで画面が下に降りてくる「簡易アクセス」を使えば、片手操作が可能だぜ!(当方181cmバスケ部)
こんにちは。部長ナビです。 iPhone 6s Plusをゲットして一夜が開けました すでにガシガシ使っておりますが、まずはこれをみんなに...

簡易アクセスで、LINEの左上もラクラクアクセスだ!間違いない!

この画面の大きさは驚異的だ!

親指届くことがわかった今、選択肢は、iPhone 6s Plus一択だぜ!ぜひ!

【レビュー】iPhone 6s Plusを3日使ってわかった15のこと〜画面の広さと片手持ちの絶妙なバランス〜
【レビュー】iPhone 6s Plusを3日使ってわかった15のこと〜画面の広さと片手持ちの絶妙なバランス〜
↑iPhoneの関連記事総まとめです。合わせてどうぞ! こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 9月25日にiPhon...
スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索