「iPhone 6」を使う4つの理由〜4.7インチに決めた〜

http://nabi1080.com/review/iphonereview/44048
↑iPhoneの関連記事総まとめです。合わせてどうぞ!
私は、現在、iPhone 6を使っているが、iPhone 6 Plusと色々比較し、悩んだ末、今後も、4.7インチのシリーズを使い続けることに決めた。

今回の記事はその理由を私なりの分析で書いていこうと思う

片手フリックはやはり必須

まず、iPhone 6 Plusを何度も試し打ちして思ったのは「重さと大きさ」である。思ったより、重いし、想像以上にデカい。確かに、画面の一覧性は5.5インチの方が勝っているが、私は片手フリックを多用する。両手でスマホを持ってということをあまりしないのだ。

それを考えると、何度も何度も試し打ちしたが、やはり、私の手には4.7インチがジャストフィットであることがよくわかった

AppleWatchの関係で、ポケット入れっぱなし

AppleWatchとの連携を考えると、常にiPhone 6を持ち歩くことになる。今まではそれが問題無かったのだが、これをiPhone 6 Plusに変えると、明らかにその大きさが弊害となって色々な支障が出ることがよくわかった。

特に、私服のズボン、短パンだと、完全にはみ出る。これでは落とす可能性が増えてしまうので、現実的ではない。例えば、サイクリングに行くときは、当然だが、『画面の大きさ』なんてどうでも良いので、それを考えると、5.5インチの恩恵を受ける活動が少ないのかなと思うのだ

職場用のスラックスでもiPhone 6 Plusを試しにポケットに入れてみたが、ギリギリはみ出るかどうかのラインであった。要するに、しゃがんだり、座ったりした状態で作業し、そこから取り出したりということもちょっとやってみたが、非常に扱いづらいことがわかった。

ポケットに入れっぱなしにする場合は、5.5インチは少々デカい。4.7インチに慣れてしまっている私にとって、5.5インチを選ぶという選択肢は無いような気がした

カバンに入れる人は特に問題無いんだろうが、私がiPhoneをカバンに入れることは皆無である。それを考えても、4.7インチがジャストであると考える

ネットの閲覧は、横置きで対応可能だった

iPhone 6 Plusが最も威力を発揮するのが『ネット閲覧』だと思っていた。そこで、ヤマダ電機に行ったとき、Yahoo!のページをパソコン版で表示させてみた。

思ったよりiPhone 6 Plusでも、パソコン版は小さい。ということは、『横置き必須』であると感じた。

だが、ここで、『じゃあ、iPhone 6を横置きにしたらどうなの?』という疑問がわいてきたので、同様にYahoo!のトップページを横置きで表示させてみた

あれ?

問題無いじゃん。

何も問題無いことがわかってしまった。やはり、パソコン版のサイトをちゃんと見るなら、iPadである。iPhone 6でもiPhone 6 Plusでも、パソコン版を表示するなら、横置きとなるので、それであれば、4.7インチと5.5インチでそれほど「衝撃的な」差は無かった。よって「次買うなら、5.5インチ」という結論にならなかったのである

標準IMEの横置きキーボードのキーの幅が同じだった

ブログをタグ打ちしないと、今のウチのブログの表示にすることはできない。しかし、タグは「アメブロアプリ」では打つことができない。よって、「アメエディタ」で打つことになるのだが、フリックで長文を打つのはハッキリ言ってキツいのだ

そこで考えられるのが「横置きにしてQWERTYキーボード使用」である

ただ、アメエディタは横置き表示にならないので、ここで活躍するのが「TextWell」である。TextWellは横置きに対応しているので、これでタグ打ちを行い、アメエディタにコピーするとキレイにアップできるのである

まず、ATOKでやってみた。

なんと、ATOKはキーボードの幅が広すぎて、実用的ではなかった。iPhone 6でダメだったので、iPhone 6 Plusではますますダメだろうと推察される

そこで、標準IMEを使って見たら、あら、良い感じじゃないの。ということで、展示機のiPhone 6 Plusを使って、標準IMEでメモアプリで打ち込みテストをしてみた

あれ?打ちやすいな?

画面がでかいので、キーがデカくなって、打ちづらいのかなと思ったらそうでもない

おかしいと思って2台を並べたら、iPhone 6 Plusになると、何と、キーの幅が全く変わらず、横に「コピー」「カット」「ペースト」などのキーが追加されるだけだと言う事が分かったのだ。

これは衝撃的な発見であった

キーの幅が変わらないのなら、iPhone 6でもiPhone 6 Plusでもどっちでも良いじゃんという話になる。

まさかの「キーの幅が同じ」という状況だったので、文字打ちに関しては、iPhone 6でもiPhone 6 Plusでも変わらないと言うことが分かった。横の特殊キーのは位置は違うが、これは慣れの問題なので、特に気にすることはない。

大事なことはATOKより、標準IMEの方が横置きQWERTYだと打ちやすいという事実である。これには正直驚いたが、これが事実なのである。

ちなみに、追加で書いておくと、iPhone 6の横置きの方が、当然だが、親指が遠くまで届くので、かなり自由に文字打ちができる。しかし、iPhone 6 Plusの場合、デカいので、親指がギリギリ真ん中あたりになり、意外と打っていて「ウワー、親指届かねえ!」という状況が生まれ、地味にストレスだったりするのだ。私は左側に配置されているキーを右手で打ったりすることが良くあるので、iPhone 6の横置きがジャストと感じた。

結論:「ポケットに入れる」「片手フリック必須」ならiPhone 6

私の結論だが、ポケットに入れることが多い人は明らかにiPhone 6の方が良いと感じた。そして、片手フリックを多用するなら、間違いなくiPhone 6である。

要するに、ライフスタイルでちゃんとどっちにするか決めるべきである。

普段、両手でiPhoneを持つ、カバンに入れることが普通なのであれば、iPhone 6 Plusで十分良いと思う。画面はデカいし、バッテリーは持つし、カメラは光学手ぶれ補正があるみたいだし、良いことばかりである

しかし、私のように、「ポケットに入れる」「片手フリックが必須」であるなら、iPhone 6しかないのだ。

もう、5回以上、試し打ち、ポケットテストを行った。店の人にも覚えられるくらい足繁く通ってテストをした

そこでの結論である「私は4.7インチ」ということであるが、皆さんもよく考えて、どちらにするか決めて欲しい

え?

iPhone 6sかiPhone 6s Plusのどちらを買うか決めるためにテストしたわけじゃないよ

え?

たけPがiPhone 6s Plusを買うから、iPhone 6sを買うのを正当化しているわけじゃないよ

え?

予約して、9月18日に買わないよ

え?

シルバーの64Gを発売日に買わないよ

え?

え?

え?

はうう・・・

【レビュー】iPhone 6s Plusを3日使ってわかった15のこと〜画面の広さと片手持ちの絶妙なバランス〜
【レビュー】iPhone 6s Plusを3日使ってわかった15のこと〜画面の広さと片手持ちの絶妙なバランス〜
↑iPhoneの関連記事総まとめです。合わせてどうぞ! こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 9月25日にiPhon...

ごめええええええん!iPhone 6s Plusにしちゃったのおおおおおおお!だって、良いんだもん!5.5インチ最高なのぉぉぉぉぉぉぉぉ!まとめも見てね!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索