【レビュー】ワコム「BambooスタイラスFineLINE」

株式会社ワコム様より、サンプル送付頂きました「BambooスタイラスFineLINE」のレビューとなります

まずは、いつも通り5分レビュー動画からご覧ください

【動画】ワコム「BambooスタイラスFineLINE」

コメント、チャンネル登録、概要欄、関連動画はこちらからどうぞ

それではレビューです

image

こちらが今回お送り頂いた「BambooスタイラスFineLINE」になります

image

Bluetooth接続のスタイラスペンで、JOT SCRIPT 2と同じカテゴリになります

image

パッケージの中身はこんな感じです
裏面にUSBの接続ケーブルが入っていまして、それで充電します。接続はマイクロUSBです

image

持つとこんな感じです。充電池なので、持った感じのバランスは悪くありません。JOT SCRIPT 2と比べると少し長いですね。

大きな特徴としては、キャップと胸ポケット用のクリップがついています。これは、JOT SCRIPT 2にはないモノですね

image

先端はJOT SCRIPT 2と同じペン先となっております。Bluetooth接続を示すボタンもついており、これを押すことによって、ノートアプリと接続されます

動画の通り、GoodNotes4に対応しておりますので、実際にそれで数日使ってみましたが、正直なところ、現在絶賛使っておりますJOT SCRIPT 2とあまり違いは感じませんでした。すなわち、こだわりを持たなければ、BambooスタイラスFineLINEでも何も問題無いということです。

価格的には、6000円台で購入可能ですので、JOT SCRIPT 2と比べると安いです。長さ、太さが少しJOT SCRIPT 2よりはありますが、それが気にならず、Bambooスタイラスシリーズが好きな方は、Bluetooth接続するこのタイプは「立って書く」のにはとても有効だと思います

色々スタイラスをテストしてきましたが、ITG PRO+との相性も全てのスタイラスで問題無いという結果となりました。ガラスフィルム、問題ありません。あと、Bluetooth接続のスタイラスに関しては、やはり、GoodNotes4が最強だと思います。このノートアプリは間違いなくパームリジェクションに対応したBluetooth接続のスタイラスと相性抜群です。かなりオススメできると思います

と言うわけで、スタイラスをザッと紹介してきましたが、Bluetooth接続のモノに関しては、本当に「好み」で買うことができるくらい、各社質の高いペンをリリースしていると感じました。

Su-Penも、BambooスタイラスFineLINEも、「貸し出し」タイプのサンプルとなりますので、返却するんですが、Adonitのスタイラスを使いながら、また、色々とレビューして行ければと思いますので、部長ナビのスタイラスレビューにまたご期待ください!

株式会社ワコム様、サンプル送付、誠にありがとうございました。素晴らしいスタイラスペンでした!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索