Duet DisplayでiPadがMacBookのサブディスプレイに!

Duet Display

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

engadgetで面白い記事を見つけたので紹介します

スポンサーリンク

iPadを「サブディスプレイ」化するアプリを使うと、MacBook Airでもデュアル可能でメッチャ作業が捗るそうだ

その名は「Duet Display」というらしい

これ、どっかで聞いたことあるなー、と思って検索してみたら、gori.meにありました・・・。g.O.R.iさんつかっとるやん・・・

【神降臨】iPadを有線接続でサブディスプレイ化するアプリ「Duet Display」、リリース!価格は1,000円!
先日、神アプリとして紹介した有線接続のサブディスプレイアプリ「Duet Display」が本日、ついにリリースされた!価格はiOSアプリが1,000円、Macアプリが無料となっている!
iPadをサブディスプレイ化する「Duet Display」の設定方法
本日ついにリリースされた、iPadやiPhoneを有線接続でサブディスプレイ化するアプリ「Duet Display」。僕も手元にある15インチ型「MacBook Pro」と「iPad Air 2」で試してみたので、使い方や設定方法を紹介する!
Duet Display、「iPad Pro」に対応!最新バージョン、CPU使用率を80%以上削減
iPadをサブディスプレイ化するアプリ「Duet Display」が最新版「バージョン1.2」にアップデートされ、ついに「iPad Pro」に対応したようだ!最新バージョンでは劇的にパフォーマンスが向上している模様。CPUの使用率も80%以上削減されているとのこと。気になる人はチェックしてみるべし!

私はね、iPadをサブディスプレイ化する、「Air Display」だったかな?これを使っておりますが、まあ、ぶっちゃけ、MacBook Pro 15インチの場合、不要です。画面表示広いのでね

iPad Pro持ち歩いている私は、このアプリを使うと、15インチである必要性がない気がしてきた

いかん、いかん・・・。また悪い虫が・・・。

でも、iPad ProをUSB接続してサブディスプレイ化すれば、ChromeとMarsEditを並べることになるんだよね。iPad Proは画面デカいから見やすいし、これ、AirのRetina Displayか、12インチ行っても全然大丈夫ってオイ!

確かに、そりゃそうかもしれないけど、15インチを持ち歩くために、150WのHyperJuiceをサンプル提供いただいて、実際にメッチャ便利に使っているんだよね。ただ、問題は「カミソリマクロが思ったより重い」という事実。マジで重いので、今、私の持ち歩き重量、昨日測ったら「7.5kg」でした(笑)。クライマーか!

そうなると、前は6kgチョイで全然問題無かったから、iPad Proをサブディスプレイ化すると、AirのRetina Displayか、12インチを買えばかなり軽くなるなってオイ!

そもそも、HyperJuiceで12インチかAirを充電すると、とんでもない稼働時間になるから、外部での発表や作業、出張や東京遠征なども全然大丈夫ってオイ!

3月に、東京に行く大きなイベントがたぶん控えていて、その時に、カメラ絶対持っていく、iPad Pro持っていく、HyperJuice持っていく、って考えると、パソコン軽いと良いんだよな〜、ってオイ!

あ、安心して下さい、かかかかか・・・、か、買いませんよ。

(via engadget

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索