iPad Pro 9.7インチの4スピーカーは「縦持ち」にするとどうなるのか?カメ仙人のフォトレビュー

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

カメ仙人のフォトレビューが続いておりますが、ガンガン来ます(笑)

しかも、クオリティが高いので大好評。たまりませんな・・・。

ちなみに、文章は100%私でございますので部長・カメ仙人のコラボレビューでございます。

んじゃ、行ってみよう!

スポンサーリンク

iPad Pro 9.7インチは4スピーカー

当然だが、iPad Pro 9.7インチは「Pro」なので、4スピーカーだ

ここで、カメ仙人は1つの疑問を持つ

カメ仙人「縦にしたら、高音、低音の分担はどうなるんですかね?」

確かに。

横置きの時は、「上側に来るスピーカー」が高音を担当し、「下側に来るスピーカー」が低音を担当する

でも、「縦持ち」にすることはiPad Pro 9.7インチでは十分に考えられる

この場合、「4スピーカーの高音、低音の分担」はどうなるのか?モノラルになってしまうのか?

カメ仙人が写真と共に検証結果を送ってくれたので紹介しよう

縦持ち、4スピーカーの真実

iPad Pro True Tone04

相変わらず、「明」「暗」が素晴らしく表現されている写真だ

悔しいが、素晴らしい(笑)。まあ、プロ相手に「悔しい」というのも失礼だが、これが本心だ。悔しい。

キットレンズでこれ撮られると、マクロとかSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを持っている私はアホだ(笑)。もっと腕を磨かないと笑われる・・・。

話を戻そう

縦持ちにすると、このように「同サイドのスピーカーが同じ音質を担当する」はずだ。

すなわち、「写真に写っている、2つの「下部スピーカー」両方が「低音担当」」になるはずだ

真実はカメ仙人のメールに書いてあった

カメ仙人「スピーカーですが、横持ちだと左右の上側が高音、下側が低音。じゃ縦持ちだとどうなるの? おなじく上側が高音、下側が低音でした。よくできてます。」

ああ。これだけだ

カメ仙人の本文は、たったこれだけ

それ以外の文章は私がフィーリングで写真とこの1行を元に書いている

まあ、ウチのレビューはだいたいこんな感じなので、フィーリングレビューと呼ばれるのだろう

取り回し抜群のiPad Pro 9.7インチは、4スピーカーの役割も縦持ち対応でSO NICE

横だけでは無く、縦持ちも十分考えられるiPad Pro 9.7インチであるが、その絶妙なサイズ感により、重量バランスを考えると「縦持ちでYouTubeを見たい」と言うときもあるだろう

そんなときに、この「4スピーカー役割分担システム」が真価を発揮する

上の2スピーカーは常に高音を担当し、下の2スピーカーは常に低音を担当する

この事で、深みのある、臨場感のある音をいつでも楽しむことができるのだ

そもそも、Retina Displayの美しい画面で見るSafariやSNSも当然のことながら、音にもこだわっていて、Smart Keyboardにも対応、トドメにApple Pencilである

これを買わずに、何を買うというのか、考える余地は無い

なあ、おこP

【開封レビュー】iPad Pro 9.7インチ VS iPad mini 4、カメ仙人の写真速報レビュー!
【開封レビュー】iPad Pro 9.7インチ VS iPad mini 4、カメ仙人の写真速報レビュー!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 私のレビューに引き続き、Wi-FiモデルをApple Storeで購入したカメ仙人から写...

↑カメ仙人のフォトレビュー「開封レビュー」はこちらから!

iPad Pro 9.7インチ搭載「True Toneディスプレイ」カメ仙人のフォトレビュー!
iPad Pro 9.7インチ搭載「True Toneディスプレイ」カメ仙人のフォトレビュー!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 大好評の当ブログスタッフであるプロカメラマンのカメ仙人のフォトレビューですが、今回はiP...

↑カメ仙人のフォトレビュー「True Toneディスプレイ」はこちらから!

【レビュー】Apple Pencil+iPad Pro 9.7インチ・手書きメモアプリ3種類比較!
【レビュー】Apple Pencil+iPad Pro 9.7インチ・手書きメモアプリ3種類比較!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 無事にiPad Pro 9.7インチを手に入れることができまして、早速手書きメモのテスト...

↑Apple Pencilの部長によるレビューもあわせてどうぞ!

▶️で、をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索