マー坊のマインクラフト その4 「ドラゴンシップ」

スウェーデンでは、学校でマインクラフトを必修科目に取り入れようという動きがあるらしく、自閉症、ADHDにも有効であると言われている驚異のゲーム「マインクラフト」

元々はマー坊から始まったマインクラフトですが、恥ずかしがり屋のマー坊の作品はさすが4年生というレベルの高い物になってます

「何をやっても良い」という一見「目標を見失いがち」なゲームなのかもしれませんが、そこに生まれる「自由」な空間でマー坊が作り出した「芸術作品」を是非ご覧ください

スポンサーリンク

第4回「ドラゴンシップ」

IMG_0522

やはり、マー坊はレベルが違う

4年生と言うこともそうだが、元々こういうセンスがあるマー坊は、ドデカい空中に浮かぶ船を作り上げた

船はちゃんと作があり、帆にも段差が付いているのがわかるだろうか?

さらに、船首は「竜の首」をイメージしたそうで「ドラゴンシップ」という名前らしい

これが、1年生のゆっきーと、4年生のマー坊の違いである

ドラゴンの口の中には、マグマのブロックを置くことで火を噴く様を表現している。全ての構成力が私の想像を超えている

素晴らしいとしか言いようが無いが、これ、マー坊にとっては「30分くらいで作った、簡単な物」なそうだ。末恐ろしい小学生である。

2016年、マー坊のマインクラフトが本格的に動き出す。

恥ずかしがり屋のマー坊は、自分の作品が出ることを嫌がっていたが、急に「俺のも出してよ」と言い始めたのだ

私としては、こんな素晴らしい作品は是非とも皆さんに見て欲しいと思うし、コレを見たママさんが「ウチの子にも、作品作らせてみようかしら」なんて思ってもらえれば光栄である。

次回の更新をおたのしみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索