ドコモ光 with DTI プロバイダ変更による「IPv6」問題の結末は!

えー
結論から言います

Windowsは
「IPv6」で接続できました

MacBook Proは
「IPv4」での接続です

ただ、接続自体は安定しましたので
まあ、それは良いんですけど

詳細を書きます

まず

「DTIがIPv6に対応している」

コレは本当です。ちゃんと対応しております
現に、Windowsは「IPv6」で接続できております
モデムを「IPv6自動」設定にしてもちゃんとつながります

ただ、問題がありました

それは、
契約確認書に書いてあったんですけど

「IPv6で接続するには、「Feel6@DTI」という
Windows専用のアプリをインストールして
初めて使えるようになる」

と言うことです

マジかー

Mac版はありませんでした
試しにダウンロードしてみましたけど

「サポートされてないファイルなので開けません」

と来ました

まあ、そりゃそうだよな・・・

とりあえず
MacBook Proは
たけPのアドバイスの通りに
「MacBook Proの設定を変える」事で解決します

MacBook Proの「IPv6」キャンセル設定

MacBook Proでは、デフォルトで「IPv6」接続が「自動」の設定になっており、有効化されております。コレを無効にすることで、プロバイダや回線側が「IPv4」にしか対応していない場合、通常通りに接続することが可能になります。

情報元:オフィシャルアドバイザー「たけP」

設定方法
★設定→ネットワーク
★Wi-Fi→右下の「詳細設定」
★「TCP/IP」のタブから「IPv6」を「リンクローカルのみ」に設定
★OK→適用→再起動

コレで行きます
DTIの場合は、これで、
「モデムの設定がIPv6有効」でもつながります
DTIのHPにつなげると
IPv4なのかIPv6なのか、左上に出るんですけど
Feel6@DTIを入れたWindowsはちゃんと「IPv6」
IPv6設定を無効にしたMacBook Proは「IPv4」と出ます

まあ
ドコモnetよりは安定してつながってるので
とりあえずいいことにします

アメーバ周りの
「メッセージ」「ペタ」「環境設定」あたりが
IPv6を無効にしても
「インターネットにつながっていません」とか
「サーバが見つかりません」とかなってたんですけど
DTIに変えたらほとんどそれが無くなりました

ほとんどというか、全くないですね。
ちゃんとつながります

何とか、
安定してつながるようになりましたので
良かったです

(ドコモnetは、MacBook Proの設定、
モデムの「IPv6無効」の両方を設定しても
安定したり、しなかったりだった

MacBook ProだけのIPv6無効設定だと
不安定だった

なんでDTIだと安定するのか
意味がわかりません・・・)

さて
午後はマッタリ過ごしたいと思いますね

MacBook ProでIPv6でつなげないのは残念ですけど
まあ、ちゃんとネットにつながるのでいいことにしましょう

ドコモnetでなかなか無線が安定しない方は
DTIと言うのも一つの手ですよ
WindowsはちゃんとIPv6でつながりますからね

もしくは、月4200円になりますけど
6月まで待って、OCNと言う手もあります
だって
前までOCNで何の問題も無くつながってましたからね

はい、それではゆっきーと外で遊んできまーす

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索