WHR-1166DHPをブリッジモードで設定した

2014年9月1日 公開
2015年6月14日 追記

この記事、かなりのアクセスを頂いておりますが、申し訳ありません。ぶっ壊れまして、現在これ使っておりません。現在はWZR-1750DHP2をメインに使っておりまして、実は、これだと、4LDKの鉄筋マンションの隅々まで電波が行くことが分かりました。Appleデバイスとの相性も最高ですので、今後買われる方は、ハイパワータイプの無線LANルータを絶賛オススメします。

なお、現在、私の通信環境は全てAppleデバイスのため、Nexus7もNexus5も売却して、手元にはございません。この辺もご了承のうえ、記事をお読みください。

【過去記事リンク】WZR-1750DHP2の真実(長いよ)

~ここから2014年9月1日公開本文~

えー。
今、ブログをWiiUのある部屋で打ってるんですが、この部屋で私とマー坊は寝ることが多いので、必然的に、nexusたちをこの部屋で使い、子供達のゲームの手伝いをすることから、この部屋にいてくれと言われることも多く、nexus、キーボード、マウスを持参して、この部屋でいろいろと作業をすることが増えておりました。が、リビングからは結構離れているので、正直、無線の電波が弱くて、繋がらないわけじゃないんですが、結構モッサリしていたり、たまに送信エラーになったり、サイトが表示されなかったりと、意外と電波って届かないもんなんだなーと思っていたところでした
(特にnexus5が電波弱い。ちなみに、パソコンだと大丈夫なんだけどね)

んで
「中継機」みたいなものが売っているのを発見したので、バッファローでもないかなーと思って探してみると、なんと、転勤用に買った、WHR-1166DHPが「ブリッジ機能搭載」の機種と判明!ブリッジ機能ってのは、無線の親機にもなるけど、中継機にもなるよってやつで

なんだよー

ただ眠らせておくだけなら、WiiUの部屋にそれをおいて、中継機にしてこの部屋の電波を強くすればいいじゃないか!ということで、今朝は3:40に起きて、設定をしたというわけです

結論から言うと、設定で1時間以上かかりました。早起きして良かったです

これが、WHR-1166DHPの背面です。しっかりと「BRIDGE」の文字がありますね。「ROUTER」ってのは、無線LANの親分モードという意味です。今回は、親分はWZR-900DHP2なので、その子分としてつながるというわけですね。んで、設定ですが、WHR-1166DHPの設定画面になかなか行けずに、IPアドレスの問題でいろいろと手動設定を繰り返しましたが、結局は、「AUTO」モードで一旦つなぎ、設定画面に入ってから、「BRIDGE」モードに切り替えて、ブラウザで設定をかけたらうまく行きました。初心者の方には厳しいかもしれませんね・・・

最後の設定は、WZR-900DHP2のAOSSボタンを押すだけなので、何も難しいことはなく、ログインするまでが大変だということです

電池マークの左隣がLTEの電波で、その左隣がWi-Fiの電波です。やはり、WiiUの置いてある部屋だと、電波弱いんですよね。つながりにくいです。ちなみに、nexus7だと、なんぼかつながるんですが、それでも、電波強度は2とかしか行かないので全然弱いです。もちろん、リビング行くと最強の電波強度になります。将来的にも、BRIDGEモードで中継機を準備しておくのは、子供達が大きくなった時に使えるでしょうから、無駄ではありませんね

見てください!
nexus5のあれだけ弱かったWi-Fiの電波がマックス強度になりました。スゴイですねー、BRIDGEモード!後ろにちらっと見えるのが、設定を終えたWHR-1166DHPです。これからはBRIDGEモード専用機として頑張ってもらうことになります

こちらはnexus7。反射して見づらくて申し訳ありませんが、こちらも電波強度はマックスになっております。これで、快適なブログ更新やネットサーフィンができますね。いやー、最高だな。時間かけただけはあったし、こんな機能付いているんなら、最初から使えばよかった。ルーター2台持ちってのも無駄じゃないんですね。ま、今回はたまたまBRIDGEモードがついていたので使えたんですが、ラッキーっちゃラッキーですね。
よかったです

BUFFALO【iphone6 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルー…/バッファロー
¥5350
Amazon.co.jp
スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索