秋田ふるさと村行ってきた

行ってきました秋田ふるさと村
まず大曲イオンに行って
その後、角間川の叔母さんの所に行って
その次に横手まで行って
秋田ふるさと村に行ってきました
横手はあやかぜの母校があり
非常に懐かしいと言っていましたね
青春の3年間が詰まっているわけですね

さて、
着いてビックリ、激混みでした。
え?こんなに混んでるの?ってくらい混んでいました
超人気スポットのようです
名前からしてナメてました。スイマセン。

入り口でやってた超巨大太鼓を叩かせてもらうゆっきー
手前の青い男の子は別のおうちの子で
奥の大人がかぶさって叩いてるのがゆっきーです
メッチャでかかった・・・。

入り口こんな感じで
ナメられても仕方ないと思うんですけど(笑)
とにかく死ぬほど混んでました
盛岡で言うところの3倍デーの土日の川徳並みの混雑です
もう、駐車場も満杯で、中も人でごった返していましたね
何でこんなに混むんですかね?
観光バスも次々と到着し、謎の集団たちが吸い込まれていきましたね

ワンダーキャッスルというところは
お金を払って入場し、
面白体験ができるそうで
そこに行ってきたんですが、
ここも人だらけ、子供だらけで大変でした
まずは、小さなお家から顔を出して1枚

これは、「まるで空にいるようだ」というものらしいですが
どうですか?微妙じゃないですか?(笑)
微妙な気がする・・・

あー、コレは私がミスりましたね
斜めなんですよ、コレ、床が。
んで、
立つと斜めに見えるんですよ。
不思議床ってやつですけど
なんかあまり斜め感でてませんよね
失敗したなー、面白かったんだけど。
ちなみに、
人間の感覚の問題だと思うんですけど
この部屋に数分いるだけで酔います
マジで具合悪くて吐きそうになりました
何でなのかな?よくわかりません。

捕まってるトラと人間です。
(笑)ですよね。

コレは面白かった!
マー坊でか!ゆっきーちっちゃ!っていう
トリック部屋です
最初、ゆっきーだけで写真撮っていたので
仕組みはよくわかりませんでしたが
その後、カップルに写真撮るように頼まれて
撮ってあげたら、こういう感じで
右側の人がでかくなったので
「あー、そういうことか」と
マー坊を呼んで二人で立たせて撮りました
スゴいですね。遠近感のトリックだと思うんですが
見事です。面白い!

最後の強敵「なまはげスライダー」です
これ、スゴいです。斜度90度
ものすごい勢いで小学生たちが落ちていきます
まさに「落ちる」です
さすがなまはげの名前を冠しているだけはありますね
小学生以上だったので、ゆっきーはできませんでしたが
マー坊にもこれは勧めませんでした
危なすぎます(笑)。
恐るべしなまはげスライダー
怖いもの知らずのアナタはぜひ!

とまあ、こんな感じで
楽しく行ってきたわけですが
途中でゆっきーがグダグダ気味になって
もう大変な感じになったのもいつものことなので
それも含めたふるさと村遠征でした

最後はお食事コーナーでラーメンを頼もうとしたら
「30分待ち」と言われて、断念しました
13:30頃に行ったんですが
本当に激混みで、土産売り場もどこもかしこも人だらけでした
恐るべしふるさと村・・・
何がそんなに魅力なんだろう?

確かに、ワンダーランドは面白かったけど
大人だけで来るのにはちょっと見るものが少ないような気もしますが
美術館併設だからそれを見に来るのかな?
謎が多い施設でしたね。

あまりにも混んでいたので
もう来ることはないと思いますけど(笑)
思ってたよりは面白かったかな?

秋田もなかなかやるなーといった感じでした
ちなみに、
ふるさと村の近隣には横手のイオンや
ヤマダ電機、ケーズデンキなどの大型商業施設がずらっと並んでおり
イオンもものすごい車の数でしたね

横手もなかなかですね
大曲もなかなかだと思いますけど
横手もナメちゃいかんですね

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索