ガス給湯器のその後

昨日、3回目のエラーが出た我が家のガス給湯器ですが
不凍液を補充して(結構な量補充した)多分大丈夫かなぁと思って
ドキドキしながら今日、最も症状の出やすい「湯張り」をしてみました
今、「残り5分でお風呂に入れます」とアナウンスがありました

そう、無事、湯張りできてるんです
やはり、ネットで調べた通り、不凍液が下限ラインよりも下にあると
エラー表示が出る仕組みのようですね

ここでのポイントは
「ネットでいくら調べても『不凍液を補充すればよい』とは
どこにも載っていない」ということです

だいたいのサイトでは
「メーカーの修理担当者が来て、不凍液を補充してそれで終了」
という感じで修理の様子が掲載されています
不凍液さえ補充すればエラー543は改善されるのに
それがネットに全く載っていないってのは不思議ですよね

まあ
ウチはじぃじがそういう仕事をしていることもあって
アドバイスを事前にもらっていたってこともありますが
もしそうじゃなかったら、サービスセンターに電話して
来てもらって、誰でもできる不凍液補充で金を取られていたということですよね

ウーム
なかなか手強いですなー
皆さん覚えておいてくださいね
暖房関係で使う「不凍液」ってのは消耗品で、
だんだん無くなっていくんですよ
循環しているだけで無くなるはずはないと今でも思っていますが
なぜか無くなっていきます

ですから
定期的に、不凍液を補充しないと必ずエラーが出るんですよね
今回の一件で、暖房専用の室外機だろうが
一体型の給湯器だろうが、暖房で不凍液を循環させている限り
必ず不凍液の補充が必要だということです

じぃじに感謝ですね。
ま、これでまた543エラー出たら、流石にリンナイに電話しますけど
多分、もう大丈夫だと思われます

快適なガスライフは、不凍液がポイントですよ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索