ゆっきーの成長〜もう7歳〜

CANON 60mm Macro03

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

ゆっきーは2016年4月から2年生ということで、2年生としての写真は今後はアップしない予定です

アイキャッチ画像は3月のモノですが、何かの商品レビューのモデルとして登場はするかも知れませんが、基本的に2年生として写真をアップすることはやめます

スポンサーリンク

不意に訪れた「成長」の瞬間

それは突然訪れました

ある日、そう、2年生になってから、何気なく二人で歩いてたとき、何となく手をつなぎました

別に普通の光景です

しかし、ゆっきーは私の手を振り払ったのです

手をつなぐのが嫌なの?と聞いた

ゆっきーの答えは、的を射たモノでした

「おれ、もう2ねんせいだよ。ほいくえんじゃないんだよ、ぱぱ」

そうか・・・

もう君は7歳、大人への階段をすでに登りかけているというのか・・・

もう一回手を握りましたが、やっぱり振り払われました

一人で歩く、自分の足で歩いて行くというゆっきーの決意に、感動しつつも、少し寂しさを覚えました

いまだに肩車をすると喜ぶゆっきー

風呂ではよく、しりとりをします

リズムしりとりが大好きなゆっきー

そんなゆっきーが、あの、「一人では何もできなかった」ゆっきーが、今、自分で学校に行き、一人で帰ってきて宿題をやっています

そんな我が子の成長を微笑ましく見つめることができれば良いのでしょうが、そう簡単にはいきません

 

もう少し、パパと手をつないでみないか?

 

そう言いかけて、私は空を見上げました

いつかきっと、ゆっきーから「ぱぱ、てをつなごう」と言ってくれる日がまた来る

そんな日を夢見て、今はゆっきーの成長を見守ることにしました

 

これが親というモノなのか

マー坊でわかったつもりでしたが、ゆっきーは2番目、いつまでも「子供」だと思っていましたが、いつの間にかこんなに成長していました

これからは成長した「一人の男」として、会話ができる、そんな日を夢見て、毎日を過ごしたいと思います

みんな、こんな感じなのかな?

この、なんとも言えない寂しさはなんだろう

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索