入学式と6年生と同級生とご近所さん

昨日、無事にゆっきーの入学式が終わったわけですが
イヤー
やっぱり小学校の入学式はスゴいよね

何と言っても全員6才なので
そりゃ飽きるわな(笑)

校長先生のお話も短くて分かりやすいし
PTA会長さんの話も約束を2つして終了

高校だと
★校長式辞(10分くらい)
★PTA会長祝辞
★同窓会長祝辞
★来賓1名祝辞(高校によって違う)

こんな感じで一人10分喋るとそれだけで40分ですから・・・

大変なんです。高校の式典って・・・

それに比べると、小学校は非常にコンパクトで素晴らしい
ただ、もちろん、それでも新入生は耐えられないわけで(笑)
そこかしこで私語したり、後ろ向いたり、音のする方に反応したり
それを一つ一つつぶしていく「ヘルプ」の先生達
(担任は担任席に座っているので動けない)
やっぱりスゴいよ、小学校の先生って
本当に尊敬します。アレを6年面倒みるわけでしょ?
スゴいよね。HRで何話してるんだろうか・・・

今日から実際に登校します
今、5時過ぎましたので
あと1時間くらいで起きますね

昨日は入学式のあとに
「運営部」って言ったかな?
まあ、高校だと「生徒会執行部」だと思うんですけど
その生徒達6名くらいで劇やクイズをやって
「歓迎セレモニー」みたいなのやったんですが
もうね、クイズがスゴい(笑)

「正しい1年生は廊下を走るかな?走らないかな?」

なんて大まじめで聞いて

新入生達は
「はしらなーい!」

なんて大合唱(笑)

スゲーな・・・

コレが小学校か・・・

もうね、大盛り上がり。スゴかった・・・

それを撮影してる保護者もいて
「それいつ見るんだ・・・」
って思ったけど、まあ記念だから良いのか・・・

そのあと、教室戻って、話聞いて、記念写真撮影して
帰りましたけど、
前の保育園の時同じだった方から声かけてもらったり
家に着いたら、ウチのマンション、2つ並んでるんですけど
隣のマンションに入る親子から「同じクラスですよねー」
なんて声かけていただいたり

そうだよなー
最初は不安なんだよなーって思い出しましたね

まずね
「朝どうやって行くのか」全く説明がないんですよ
だから、マー坊の時は本当に心配しました

何とか、朝、早めに出て、
一緒に行ってくれそうな人を探して
何とかお願いして連れて行ってもらったのを覚えています

確か8階の方だったような気がするな・・・

一緒について行ってくれたんですよ
本当に助かりました

ウチは2人目なので
マー坊がいますし、同じ階には仲良し兄弟がいます
(6年生、3年生)
ですから、バッチリなんですよ。4人で行ける

でも
初めての小学校で、友達が誰もいないとなると
本当に不安で「どうやって行って、どうやって帰ってくるんだろう」
って本気で仕事が手に着かなくなります

今年は何とか余裕持ってますけど
よかったな、ゆっきー
君は恵まれているよ

何と言ってもマー坊がいるからね

帰って一人でも
待ってればマー坊が帰ってくるので
何かあってもすぐ連絡来ますから大丈夫

やっぱり4年生がいるってのは心強いですよね

マー坊の時は
まず、マー坊が児童センターになじめるかとか
4:30で帰ってきて
そのあとずっと一人だとか
ゆっきーの保育園のお迎えも行かなきゃいけないとか
色々大変でした

二人とも小学校入ると
かなり楽になりますね

腹が減るだけで、他に特に問題は無いです

セキュリティの面でも、やはりマンションは安心なので
何かあれば同じ階の仲良し兄弟の家に行けば
お母さんがいますので助けてもらえますし
そもそもオートロックなので、
悪い人もマンション自体に入れませんし
(入れても、自宅にも鍵がかかってるので、どっちにしろ入れない)
IHクッキングヒーターですから家で火を使わないので
火事の心配もありません

うーむ
こういうときにはマンションって良いよな・・・

というわけで
ドキドキの初登校ですが
イヤー、どうなるんですかね?

ゆっきー本人は
「オレ、だいじょうぶ」って言ってますけど

頼むぞ。マー坊!って感じです

たくさん、祝福のメッセージいただきましてありがとうございます
ゆっきーの小学校生活がとうとう始まります

「マー坊とゆっきー」

★二人とも保育園
★マー坊小学生

の時代を経て
とうとう

★二人とも小学生

の第3シリーズに入ります

まあ、二人とも中学生になっても
このブログの題名は変えないと思いますが
(変えようが無いよね・・・)

どんなドラマが待っているのか!
ゆっきーはトランペットをやるのか?
まさかの屋外競技で、洗濯地獄が待っているのか!

衝撃の真実は
今後6年!随時配信!

お楽しみに!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索