鋭いマー坊が、サンタに疑問を感じている

土曜日、見事に妖怪ウォッチ零式を手に入れたわけですが
帰って、マー坊に「どうだったの?」と聞かれまして
(マー坊には、つい、妖怪ウォッチの抽選販売で並んでくるようなことを言ってしまっていた)
「当たったよ。無事に買えたよ」と話したら

「おかしくない?」

とマー坊

「サンタさんがプレゼントくれるのに、この間手紙まで来たのに、
なんでパパがゆっきーのプレゼント買うために並ぶの?」

ム、その通りだ・・・。なんて鋭いんだコイツは・・・。

そこで、0.1秒で頭を高速回転させて考えました
「妖怪ウォッチ零式は、なかなか手に入らないから、
パパがゲットしておいて、これからフィンランドに送るんだよ」

ウーム、これじゃダメかな(笑)

と思ったら、何かマー坊が考え込んでいるので
「どうしたの?」と聞いたら

「確かに、外国から英語の手紙来たしなー」

「外国じゃ、妖怪ウォッチ零式買えないもんね」

と、何故か納得(笑)
やっぱり、英語の先生とのコラボレーションで行った「サンタ手紙プロジェクト」が
かなり効いてますね。なんてったって、英語の手紙にサンタのサインですからね
(詳しくは、テーマ別記事「子育て」カテゴリから、「サンタさんから手紙が来た」の記事をご覧ください)

というわけで、冷や汗かきましたが
やっぱり色々考えても、子供が賢く、冷静になってくるので
来年がギリギリってところですねー
4年生までだな、サンタがフィンランドからプレゼント送ってくるってのを信じさせるのは
来年もコラボレーション企画やりたいと思いますが
再来年からはもうやめます(マー坊には事情を話して、ゆっきーだけ手紙ってのもありかもしれません)

ま、でも、同業者の皆さん
英語の先生に頼むと、本格的なサンタの手紙できますので
ぜひお子さんのために、イオンでエアメールの封筒買って
子供さんにサプライズを仕掛けてみてください
効果ありますよー(笑)

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索