先生の本当の師走は3月なのであーる

何で12月を「師走」って言うんですかね?
「師」ってだれ?
先生じゃ無いのかね?

まあ
後であやかぜに聞いてみようっと

というわけで
今日から3月ですけど
ええ、
3月は我々教員にとって

「地獄の月」です

マジで忙しい

では、何がどう忙しいのかを
これから先生になる人向けに
簡単に紹介しましょう

まずですね
「卒業式」これですね
まあ、この職業
年に一回、必ず生徒が卒業していくので
感動を毎年もらえる幸せな職業なんですが

あのね
忙しいのよ(笑)

準備も当日も片付けも夜も
全部忙しい上に
ミスが出来ない行事ですから
気を遣います
これがまず大変

次に
「高校入試」これですね
まあ、この職業
年に一回、必ず生徒が入学してくるので
入試があるわけですけど

あのね
忙しいのよ(笑)

事前の会議も同じ事何回も確認して繰り返します
当日も気を遣いますし、
採点業務も神経すり減らします
合格発表もそうですし
本当にね
ミスると生徒の人生に関わるモノなので
絶対にミスが出来ません
スッゲー気を遣ってマジで大変

この2つで3月中旬になってます
もう、ヤバいです

さらにね
「要録」これね
来週水曜日に一応担任は締め切りですけど
皆さん、進学でも就職でも
進路を決めるときに「調査書」ってヤツを
進路先に送ったと思うんですけど
アレの元になるのが要録なんです
何が大変かって言うと
「所見」が大変です

その生徒が1年間でどんな資格を取って
どんなボランティアをやって、どんな部活で
何のポジションでどんな活躍をして
勉強では何が得意で、何が苦手で
成績が伸びたのは何か、苦手科目はどう頑張ったのか
その結果どうなったのか
クラスではどんな行動をしたか、正確はどうか
進路希望はどうなっているのか

これをですね、担任がクラス全員分作文します

あのね
私、担任大好きです
授業も好きだけど、担任ほど楽しい仕事は無いと思います
でもね
こんなに担任を愛している私でも
3月のこの「要録の所見」作成業務は
本当に地獄です

ウチのクラスは38人いますけど
今、下書き用の紙に書かせて、これから作文するわけですが
イヤー、気が遠くなる・・・

しかもね
これも生徒の進路に直結するので
絶対間違えられないんです
適当なこと書くとですね、面接でそれ突っ込まれるんです

「調査書はこう書いてあるけど、君の志望理由書はこう書いてある
内容が違うんだけど、何で違うの?どっちか書いてるの?」

なんて聞かれたら、もうアウトですから・・・

作文が得意な私でも
本当に気を遣って、言葉遣いに注意して
一人2~3時間ずつかけて作っていきますので大変なんです・・・

ま、頑張りますけど・・・

もう、これだけで勘弁してくれって感じですけど

さらにとどめとして
「新年度準備」があります
これがマジで大変
来年度はウチの学校は4月6日から始まります
ってことは、それまでにかなり色々と準備が終わっていなければなりません
人事がよく分からない状態でも、準備をしないといけませんので
例えば
「問題集何使うか」とか
「数学の授業のクラス編制をどうするのか」とか
「誰がどのクラスを持つのか」とか
「課外のテキストはどの会社の何を使うのか」とか
「模試の計画はどうするのか」とか
「面接、小論文指導の計画はどうするのか」とか
「進路ガイダンスはいつ、誰がやるのか」とか
「新クラスの学級経営方針をどうするのか」とか
もうね、胃が痛いです(笑)

人事が決まってからじゃないとできないこともありますので
新聞発表が3月下旬なワケですけど
出来るモノは(例えば問題集とか進路の全体的な計画とか)
ガンガンやっていくことになります
それが、高校入試が終わる3月中旬からなんですよね
もうね、
生徒は来ませんけど、やることだらけなんです
この、新年度準備が結局4月頭までかかりますので
メッチャ大変です

課外はありますし、面接練習もありますけど
新年度準備も大切です

当然ですが、3月下旬には来年度の体制が当たり前ですけど決まります
でも、始業式までは生徒には言えませんので
「来年担任外れるんだよなー」とか
「授業はこの学年行かないんだよなー」とか
そういう、微妙な状況で生徒に接しなければいけないときもあります
でも、絶対言えませんので、それがね、生徒も何というか
かわいそうというかね、人事って言うのは、学校全体を眺めて
適材適所で上の方々が決めることなので
個人の希望とか、都合とかじゃ無いんですよ
ですから、仕方の無いこともありますし、
希望通りじゃ無いこともしょっちゅうです
もちろん、生徒の希望ってのもありますけど
やっぱりね
学校全体で決めることですから
まあ、それは教員側も生徒も我慢しなければいけない所はあるわけです

例えば
前任校では
私、2年生の時は文系のクラスを担任して、修学旅行も行きました
でも
3年生に上がるとき、理系の核になる先生が転勤となり
理系の担任が足りなくなって
「理系に行ってくれないか」って言われたんですね
もちろん、それは全体のバランスを見てのことなんですが
生徒からすれば
文系の中でしかクラス替えが無いわけですから
連続で担任してもらえる生徒もいるわけですよ
そしたら、楽ですよね
新しい先生が「合うかどうか」も分からないし
3年生の担任って、進路を決める大事な付き合いになりますから
それが、突然ポンッといなくなるわけです

もちろん
上の方も苦渋の決断だったと思いますので
引き受けましたが
始業式の担任発表は副校長が3年1組から発表するんですけど
今でも良く覚えています
3年1組、2組、3組と私が呼ばれなくて
4組まで文系で、2年4組も私が担任だったので
もうね、キャーキャー言ってるわけですよ
間違いなく私が担任だって信じてるわけですよ

でもね
副校長が、生徒に衝撃の事実を伝えるわけです

「3年4組 正担任○○先生 副担任○○先生」

もちろん、私じゃありません
体育館が一瞬で静寂に包まれるわけです

「え?」

ってなります
私はそれが分かってるし
しかも3年4組はほとんどが2年4組の生徒でしたので
クラス入った瞬間に、「あ、担任変わらないな」って
生徒は思うわけですよ、で、発表で担任が変更になることを知る

そこに入る新しい担任の先生も気の毒だとは思いますし
生徒や保護者からクレームめいた電話、メールも多数ありました
「何で変わるんだ」ってね。
でも、仕方ないんです
個人の都合ではどうしようも無い所がありますので
3月の「ここを頼む」っていう話はもう、ほぼ固まった状態での話なので
上のつらさもよく分かりますから「イヤです」っては言えません
でもね、生徒がツラいよね

その分
理系の生徒が
「ナビ先生(オレの事ね)はどのクラスなんだ?」
って色めきだって
3年6組だったんですけど
その発表の時、
2年生までであまり記憶の無い(笑)、
そんなに付き合いが深くなかったと思う
男子生徒が「ヨッシャー!」って私の目の前でガッツポーズしたんです

アレが嬉しかったなー

教室行って、初めてのHRやったら
確か拍手された気がします

でも
最初に言った言葉も良く覚えてます

毎年言うおきまりの台詞

「オレは、めんどくせーぞ」

これですね
私、細かいですから

でも、生徒はしっかり着いてきてくれて
3年6組はスゲークラスになって伝説に名を刻みました

卒業式も忘れもしない「問題児のあの生徒」が号泣し
私もすっかり号泣。本当に感動的な卒業式でした
イヤー、思い出すなー

また
今回もそんなドラマはあるんですかね?
良くは分かりませんが

とにかく3月は激動の月です
あっという間に終わります

転勤であれば月末は引っ越しもありますし
何より、ゆっきーの手術がありますから
例年よりさらに忙しいですね

あー
まず、要録頑張ろうっと・・・

授業、課外、クラス経営で忙しいのは全然良いです

でもね
書類作りとか、そういう
「生徒に関わること以外」で忙しいのはマジ勘弁ですよね
まあ、仕事ですから、仕方ないですけど

特にね
これから先生になろうっていう方
「会計」の仕事は本当に大変です
若い先生がやることが多いんですが
私も若い頃は「こんな事やるために先生になったんじゃねえ!」
なんていっちょまえな事言ってましたが
会計、大切です
年間の流れが見えますから

無駄な仕事が多いように見えますけど
意外とね、役に立つことが多いんですよ

ですから
「授業だけ、クラスだけ、部活だけ」ではないので
そこんとこよく分かった上で先生を志望してくださいね

でもね
楽しいよ、この仕事
忙しいけどね
マジで楽しい。

まあ、民間いたときよりは給料3分の1以下ですけど
でもね、前も書いたけど「金じゃ無い」ですから

早く明日になって、生徒に会いたいなーって感じですよ

よく、「休日まで生徒に合いたくない」って先生いますが
私、毎日会ってもいいです(笑)
全然良いです

ただ、子供達がいますから
その辺、昔みたいに「仕事だけ」ってはなりませんけどね

まあ
教育学部目指してみてください
岩手で高校の先生になれば私と同僚になるかもしれませんけど
職場で「部長ナビさんですよね」っては言わないでね(笑)

内緒です(笑)

では
地獄の3月頑張るかー

あー来年どうなるんだろう。楽しみだなー。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索