教え子が先生に 続編

昨日、マー坊が持ってきたお便りで
私が前任校で担任した生徒が先生として着任したことを知り
LINEでメッセージを送ってみたところ
見事に返事が来まして、ジャスト!といった感じでした

んで
結構LINEが続きまして
向こうも色々話したいことがあるようで、長文のLINEのやりとりが続きました
でも、もう26歳なんだねー
すっかり大人の女性になってるんだなーと思うと
どんな授業するのか、非常に興味もありますが
小学校って、授業ものすごく大変なんですよ
例えば、高校で「10÷5=2だ、わかってんなオイ!」ってなりますよね
コレは普通です。だって、そうなんだもん。

ま、ケーキとか、何か使って説明しても良いですが
高校ってのは、そういう計算の技術を駆使して、さらに高度なものを扱う場所ですから
この割り算とかという基本計算の概念に触れる機会は少ないわけです
(ただ、0で割ったり、0で割られたり、0をかけたりとか言う概念は話したりしますよ)
でも
小学生はそうはいきません
「先生、何で2になるの?」って来ますからね
高校生はこういう質問は一切ありません。あっても「そういうものだ」ってなります(笑)
皆さんもそうじゃなかったですか?高校時代?
小学生には、理由(すなわち、概念)を教えなければいけないので
身近な題材を使って実際にイメージさせながら、割り算というものを考えさせる
さらに、宿題等で十分に演習をさせて、定着を図る
こういった図式となっているので、この「基本計算の概念」これですね
コレを授業でやるのが、私はかったるくて仕方ないんですよ
だから、私は小学校の先生は選ばなかったんですね
中学校の先生にならなかったのもだいたい同じ理由です
中学数学はですね、面白くないんですよ。暗記でクリアできるから
頭良い子は暗記しちゃう。それで全て高校入試解けるのでつまらないんですよね
私がそうでしたから。そういう塾に行って、大量に問題解かされて
気付いたら、どんなに難しいと言われる問題でも、大量に解いた問題の
どれかが必ず当てはまって解けるという形でしたのでつまらなかったです
考えるところが無いというか、コレなら、小学校の算数の方が何倍も頭使うと思いました

で、高校数学ですが
センター試験もそうですが、暗記「だけ」では解けないようにうまく問題作ってるんですよ
2次試験もそうです。上手に作りますよねー
概念がわかってないとダメなので、授業とかでただ演習だけさせても
絶対に偏差値は上がらないんですね
基本問題はできるようになりますよ。でも、欲しい偏差値まで伸びていかないんですよ
授業では、概念をちゃんと教えないとダメなんです
それを工夫して、しかも、演習の時間も確保して、んで分かりやすくやる
コレが高校数学の醍醐味ですよね
例えば、体積の出し方って、普通の人は「公式」ですよね
あれ、例えば直方体の体積(Amazonから来る段ボールみたいな箱)って
「縦×横×高さ」で出ますよね。でも、本当の概念は、
「紙をずーっと積み重ねている」という考え方なんですよ
新聞紙が分かりやすい例だと思いますけど
新聞紙時代は厚みはほぼ0ですよね
でも、アレを1ヶ月分とか2ヶ月分とか重ねると、Amazonの段ボールとほぼ同じ形になるわけですよ
そうです。紙の面積を積み重ねて(足し合わせて)いくと、体積になるので
1枚の新聞紙のことを「微小体積」って言うんですが
微小体積を計算して、それを足し合わせて、高さの幅を限りなく0にすると体積が出るわけです
まあ、コレは数Ⅲの「区分求積法」という考え方なんですが
コレは、ウチの学校の生徒でも理解できますし
前任校でも、2年生の段階で、コレをいきなり教えても理解してもらえました

コレが楽しいんですよ
ただ、公式を使って計算できるだけじゃなく
こういう概念もわかっているっていうのが、入試数学では大切なんです

このバランスを追い求めて日々授業をしているわけですが
やっぱり高校数学が一番楽しいですね

最高に楽しいです
大学の教授は、研究者なので、また違ったおもしろさがあるかもしれませんが
私にはたぶん向きません。私は授業大好きなので大学教授は向きません(たぶん)
論文も発表とか面倒ですしね・・・

ま、
長くなりましたが
私は小学校の先生を心から尊敬しております
一番やりたくない、基本計算の概念を教えなければならないだけでもう嫌なのに
しかも、国語、社会、理科、生活、体育、ピアノまで・・・
他に何教科あるんだ?
全部一人でやるわけですよね。信じられません
私は数学だけやっているわけですけど、それで精一杯ですから
朝から晩まで同じクラスで授業をし続けるなんて不可能です
給料10倍もらっても、小学校の先生にはならないでしょうね

ま、
この話すると
「一生高校で数学を教えるなんて、まず、高校生が怖いし、数学を教えるなんて考えられない」
って言われるんですよ。特に、保育園の先生に言われます

いやいや、
保育園の方が絶対大変ですって・・・
高校生は怒れば静かになるし、やれっていえばやるけど
保育園児はそうじゃないですよね
あの、怪獣軍団を束ねているわけですから
もう、魔法を使ってるとしか考えられないわけですよ

私の考える大変順は
大変:小学校、保育園、中学校、大学、高校:大変じゃない
こうだと思います
中学校は、学力別じゃなく、地区で入学が決まるので
盛岡でいけば、一高に行くトップクラスの子もいれば
実業高校に行く、ちょっと勉強が苦手な子もいるわけで
それをまとめて授業しなきゃ無いってのはちょっと大変ですよね
少なくとも、高校よりは大変だと思います
高校って、楽というか、本当に楽しいですよ
教員採用試験の倍率も数学は低いし(数学だけ低いんですけどね)

こんなに大変なのに、小学校の教員採用試験の倍率はものすごく高くて
狭き門なんですよ。本当に私の知っている人でも受かってる人少ないです
10人知り合いがいるとしたら、1~2人くらいしか受かってません
私39歳ですけど、まだ、講師やってる人もいるくらいですからね
私はめでたく今年で16年目ですけど、給料とか色々違ってくるので
大変ですよね、講師のままってのは・・・。本当にこの教科で良かったです

まあ
その教え子ちゃんも
今度飯でも言って、ガス抜きしてあげようかなと思ってますが
いきなり着任して担任みたいなので、大変ですよね
経験はあるのかな?でも、小学校だと、普通なのかな?
ちょっと後で情報聞いてみますね

他にも教え子で先生を目指すもの、正採用になったもの等
色々いますので、先生への道を歩んでいる生徒は多いんですが
頑張って欲しいなぁ・・・
いつか、私が熱くHRで語っていた話を
さも、自分の言葉のことのように生徒に語って欲しいですね

なぜなら
私が君たちに熱く語っていた言葉、
君たちが涙を流しながら聞いてくれた言葉
その言葉達の95%はパクリですから・・・
良い言葉は誰がしゃべっても良いんです。心に響きます
ですから、どんどん私の言葉をパクって生徒の心にビンビンに響かせてください

あー
来週の木曜日のマー坊の面談で教え子に会えると良いなー
楽しみです・・・

一番つらいのは「先生変わってないですねー」って言われることです
いやいや、20キロ痩せたのよ・・・
頑張ったのよ、先生・・・
って言いたいですが、黙っておきます・・・

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索