部長ナビの語源「ゴールデンレトリーバーのナビちゃん」の写真を発見。初代ゴールデンの「ジョン」と一緒にどうぞ

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

私、部長「ナビ」ですけど、この「ナビ」って何なのか結構聞かれます。一応自己紹介のページにはあるんですけど、自己紹介ページ、長いんだよね・・・

ウチでは私が高校生の時かな?犬を飼いまして、ゴールデンレトリーバーの「ジョン」ってのがいました

んで、「一人じゃさみしいだろう」と言うことで、親父が自作の犬小屋を作り、2番目の弟をまたゴールデンで飼うことになりました

「ジョンを、そして、家族を導いてくれるように」ということで「ナビゲーション」の「ナビ」と命名されたゴールデンは、ジョンと一緒に仲良く過ごしたのでした

スポンサーリンク

散歩が力仕事という大型犬の宿命と、親父の単身赴任(九州)、私の大学進学、弟の就職と、母親に負担がかかった

私が大学に進学するあたりで、親父が単身赴任となり、九州へ

弟も就職し、朝は良いとしても夕方の散歩を決して体の強くない母親が一人で2頭のゴールデンを連れて行くことになりました

ジョンはおとなしい性格でしたが、ナビはやんちゃだったので、グイグイとヒモを引っ張るので、母親は簡単に持って行かれる始末で、もう、散歩が大変だったんです

そして、家族の決断として、おとなしい方のジョンが、別の家に引き取られることになりました

母親一人で散歩に行けなくなり、私も授業やバイトなど忙しく、大学生でしたが、手伝えない日々が続きました。次男も就職して帰りは遅く、母親の負担が増すばかりで、仕方のない決断でした

ジョンがいなくなる日、家族全員が泣いた

おとなしいジョンは、他の家に行っても愛されるだろうと言うことでやんちゃなナビをウチで面倒見ることになり、ジョンは新しいお家に引き取られていきました

いまだに、この決定が正解だったのかわかりませんし涙が出ます

私も、弟も、母親もみんな泣いていました

ナビは当然、状況が理解できず「俺も連れてってくれ」とワンワン吠え、コレがまた涙を誘います

二度と会えないジョンを見送ることもできず、私は一人、2階の自分の部屋で泣いていました

ナビを精一杯愛する日々

残ったナビはとてもさみしそうでした

生まれた瞬間はブリーダーのところで仲間と一緒に過ごし、ウチに来たら最初からジョンがいました

でも、突然ジョンがいなくなり、ひとりぼっちの日々です。コレもまた、かわいそうでした

大型犬を飼うときは、こういうリスクをちゃんと考えないと家族みんながさみしい思いをする、それを痛感しました。ジョンやナビに落ち度は無い。申し訳ない気持ちで一杯でした

しかし、状況が変わることは無いので、残ったナビを精一杯愛そうと、家族みんなで面倒を見ました

色々あってナビも後に引き取られるのですが、コレも色々あって我が家に戻ってきて最後亡くなるまで、ウチで過ごしました

今では、実家も引っ越し、ジョンやナビの思い出の詰まった実家は別の家族が住んでいます。

新しい実家では、ナビと名付けられたボーダーコリーが元気よく庭を走り回ってます。母親のリクエストでナビと名付けたみたいです

在りし日のジョン、ナビ

image

遊んでくれよー、ボール投げてくれよーというナビちゃん

後ろの木の箱が親父自作の犬小屋です。ちなみに、グリーンの柵も親父が自分で組みました。親父ヤバいッス

image

この「舌」が良いよね。かわええ

image

待ってたよーと足がはみ出るナビちゃん

帰ってくるとこんな感じで待ってます

image

散歩に連れてくときはリュックを背負って

私のバックパック好きも、この姿から来てるのかもしれません

image

ふわふわのモッフモフ

ゴールデン、良いなぁ・・・。

image

弟と撮った写真です。右が大学生の私

よく見るとTシャツがゴールデンレトリーバーなんです(笑)。どんだけ好きやねん

弟の方が力があるので、弟が連れてるのがナビですね。私がジョンを連れてます

天国のジョン、ナビへ

優しいジョン、元気なナビ

どれだけ君たちから力をもらったか、僕はわからない

大切な家族として、親父、母ちゃんと6人で過ごした日々を決して忘れない

今では、Twitterを覗けば、ゴールデンレトリーバーのカワイイ写真がたくさん見られる時代になったよ。本当はジョンとナビの写真も載せたかった。それくらい、自慢のゴールデンだった

 

ああ。

涙が止まらない

ありがとう。ジョン、ナビ。

何年後になるかわからないけど、僕が天国に行ったら、またみんなで散歩しような

ナビはあんまりヒモを引っ張るんじゃないぞ。

 

涙で画面が見えない

 

最高の思い出をありがとう。僕はいつまでも「部長ナビ」だ。一生、この名前は変えない。心の中にはいつまでも君たちがいるから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索