卒業式の「呼名」に3年間の思いを乗せる〜誰に「声」を届けるのか。在校生、涙の秘密〜

78305457_41e1594ef9_z

こんにちは、教員やって16年、実は先生なんです(笑)。部長ナビ(@nabi_1080)です

さて、先日の卒業式の記事が、非常に大きな話題となり、大反響でした

卒業式、最後のHRでまさかの合唱。40歳男泣きの一部始終をどうぞ
卒業式、最後のHRでまさかの合唱。40歳男泣きの一部始終をどうぞ
こんにちは、教員やって16年、実は先生なんです(笑)。部長ナビ(@nabi_1080)です 卒業式は普通に感動的に行われた 3月...

↑「高校でこんな卒業式があるんですか?」と驚きの声多数ですが、ええ。毎回私のクラスはこんな感じになります

スポンサーリンク

大切なことは「心が育った」という「成長の実感」を伝えること

成長というのは、自分ではわかりません

例えばウチのレビューがそうですが、私は自分の思うがままに書いていますが、評価するのは読者です。そして、それを見た企業の広報の方が連絡をくれて、次のレビューにつながります。自分では「今やっていることが良いのかどうなのか、前より良くなっているのかどうなのかわからない」のです

大人がそうなのですから、子供はもっとわかりません

ですから、いつも書いている「褒める」事がとても大切です

高校教員から見た「子供を褒めるコツ」。10のうち、良いことがたった1つの時でもそれをちゃんと褒めていますか?
高校教員から見た「子供を褒めるコツ」。10のうち、良いことがたった1つの時でもそれをちゃんと褒めていますか?
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 私は高校教師として数多くの生徒を見てきた。 まだ40歳だが、卒業担任は合計5回やっており、...

↑強い部活動のコーチは当然のように言う「褒める技術」の基本中の基本です。これが出来ずに「責める」大人が多く、褒めないと自己肯定感が低い子供ができあがってしまいます

卒業式というのは、基本的に「最後の登校日」となるわけなので、そこで、教員から「君たちはよく成長したね」という「最後の言葉」をかける日でもあるのです

卒業式で、呼名をして、一人ずつ返事をする理由が、今ならわかる

卒業式って、必ず卒業生を呼名して、一人ずつ立って返事しますよね?

あれ、ポイントがあってですね「どうして返事をするのか」をちゃんと説明しないとダメなんです

じゃないと、生徒は「やらされ感」満載の呼名となるので、声が出ません。声が出ないと「もっと声を出しなさい」という「指導」が入ります。うーん。「声を出しなさい」って、どうなんですかね?と私は思います

「ありがとう」という気持ちを声に乗せて、届けなさいと話す

教室で話すのは簡単なことです

「呼名されたら、返事をします。その「はい」という返事に、思いを乗せなさい」

こう話します。後は「誰に思いを届けるか」です

壇上にいる、校長先生、ありがとうございます。自分はこんなに成長しました。今日、巣立ちます

壇上には校長がいます。

それほど大きな返事では無くても、校長には返事が聞こえます。まず、校長に聞こえるように返事をして、自分の成長と感謝を伝えましょう

君たちが今日「個人」として、表現できる場は「呼名の返事」しかありません。いつも朝、学校を率先して掃除してくれた、常に生徒のことを思ってくれていた熱い校長先生に感謝の気持ちを声に乗せて返事をしましょう

学年長、部活の顧問の先生、中学校の校長先生、ありがとうございます。自分はこんなに成長しました。今日、巣立ちます

次に、職員席に座っている学年長の先生、200名近くの生徒全員を把握し、良いことも悪いことも、全て「自分の責任」として、3年間学年を一人で引っ張ってくれた学年長

時には厳しく、時には優しく、決して君たちを見捨てること無く、熱く共に過ごしましたね

そんな学年長に、「ありがとうございました」という気持ちを込めて、返事をして、感謝を伝えませんか?

部活の顧問の先生も職員席に座っています。来賓で君の出身中学の校長、そして、お世話になった先生がいらっしゃっています。少し大きめの返事をすればその方には君の声は聞こえます

在校生の後輩のみんな、来年こうして成長して卒業してくれ。自分は今日、前を向いて未来へ旅立っていく

次に、卒業生の後ろに座っている在校生にメッセージを送りましょう

少し大きな返事で無いと聞こえないと思いますが、君たちの後輩が、君たちの大きな返事を聞いたらどう思うでしょう?

「先輩みたいな3年生になりたい、ああやって、自分も立派に卒業したい」と思うでしょう

日頃、部活動や生徒会活動、その他の活動で接していた君たちが、「卒業式」という式典で在校生に聞こえるような返事をする

無理にとは言いませんが、聞こえたら、在校生は感動すると思いませんか?

最後尾に座っている保護者に「18年間、ありがとう」と伝えてみないか?

在校生のさらに後ろ、会場の最後尾には保護者が君たちを見ています

結構な声を出さないと、保護者に返事は聞こえないでしょう。

そんなに声が出ないという生徒がいることもわかっています。無理にとは言いません

しかし、君たちが今こうやって卒業の日を迎えられたのは保護者のおかげと言うことを忘れてはいけません

決して順風満帆な家庭環境では無かった人もいるでしょう。過去の私のように、保護者と良い関係を築けないまま今日を迎えた人もいることでしょう

でも、弁当を毎日作ってくれ、君たちのために仕事をしてくれ、三者面談に来てくれ、そして、今日、卒業式に君たちの晴れ姿を見に来てくれた保護者は、君たちに何を求めると思いますか?

多分ですが、君たちが立派に入場するだけで、涙が止まらないでしょう

小、中、高の9年間を思い出し、成長した我が子を見て、感動の渦に巻き込まれると思います

でも、君たちは「ありがとう」を声に乗せ、保護者に届けることができるのです。そう。たった1回のチャンスです

その「呼名の返事」で、少しだけ頑張って、保護者に聞こえるような返事をしてみませんか?

そして、本番

思いもよらぬ事がおきました

いつも物静かで、真面目な子が多いウチのクラスが、次々と大きな声で「はい!」と返事をするのです。涙を流しながら大きな返事をする生徒もいました

色んな思いがこみ上げてきましたが、私は涙をこらえて、次々と名前を呼びましたが、そのたびに、大きな返事が聞こえ、次のクラスの担任の先生や学年長も感動で涙を流すほどでした

たった一言「はい」という返事に込められた思い

来賓を多数迎えた厳粛な中で行われる卒業式は、多くの生徒が時間を割き、来賓が時間を割き、保護者が時間を割き、そして、教員が時間を割いて行われるものです

卒業生は晴れの日となるわけですが、だからこそ「感謝」の気持ちと「成長」した姿を見せるべきなのです

私はHRで生徒にそう話し、生徒は私の想像以上の声で応えてくれました

退場時、感動に涙を流す在校生

退場するとき、在校生の前を通り、保護者の前を通って体育館を後にします

在校生(特に2年生)は多くの生徒が目を赤くしていました。

保護者は、我が子の成長を感じ取り、泣いていました

「卒業式で、何を見せるべきか」

それを私は卒業担任なる度に生徒に伝えています。10年以上前からそれは変わりません

ありがとう、その一言を全ての人へ

それが卒業式です

私は卒業式が終わり、抜け殻のようになっていますが、この職業は、「卒業」がありません。教員は、また、新しい生徒達と「成長の旅」に出かけるのです

また、あんな感動的な卒業式を迎えられるように、生徒に言い続けます

「点数より大切なことがある。それは、「心を育てて、卒業式で感動の涙を流せる人間になること」だ」

もちろん、生徒は「心」なんて言われても、最初はわかりません

ですから、日々、教えるのです。

そう

生徒という「種」が、いつか「桜」を咲かせるその日まで、教員は「水をまき続ける」のです

必ず咲く、その花を信じて

「自分なんて、咲くはずなど無い。どうせ、自分なんて、ダメな人間だ」という生徒ほど、きれいな花を咲かせます。そして、涙と共に高校を巣立っていくものです

要は大人の接し方なのです。

「ありがとう」を心から言える、そういう生徒を、また育てていきたいと思った卒業式でした

さあ、また4月から頑張ろう。

心を育てる旅が、また始まる

卒業式、最後のHRでまさかの合唱。40歳男泣きの一部始終をどうぞ
卒業式、最後のHRでまさかの合唱。40歳男泣きの一部始終をどうぞ
こんにちは、教員やって16年、実は先生なんです(笑)。部長ナビ(@nabi_1080)です 卒業式は普通に感動的に行われた 3月...

↑式典の後のHRはこちらから。自分で何度見ても泣けます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索