3年生全員登校日に、生徒から嬉しいバレンタインチョコのプレゼント!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

2月は、3年生は「全員登校」ではなくなり、必要に応じて、生徒が登校するという形を取っているんですけど、先日、「全員登校日」というモノがありまして、全員が登校して卒業式の連絡や、今後の生活についての連絡をする機会がありました

スポンサーリンク

バレンタインデーはとっくに過ぎていたので、全く期待していないところに生徒が

全く期待していませんでした。

今年は、1〜2年生の授業はほとんど行ってないので、4〜5個もらいましたが、まあ、こんなもんだろうなぁと思っていたところ、全員登校日の日程を終了した3年生が「せんせ〜い」とたくさんやってきました

image

わーいわーい

こんなにもらった

俺氏、糖質制限中断。ダイエットよりも大切なモノがそこにはあるから

糖質制限で、卒業式に礼服が着られるように頑張っている私ですが、この日は糖質を取りまくりました

女子高生らしく、手作りのものが多い

手作りって言うのは「自分の時間を割いて、他人のために何かを作る」という、自分にメリットがない行動です

仮に、「本命の彼氏のついでに先生にも」と言うことかもしれませんが、その「リストの中」に入っていることを嬉しく思いますし、こうやって「作ろう」と思ってくれる生徒に囲まれていることを誇りに思います

卒業式、礼服が入らなくても、我が人生に一片の悔いなし

ボタン開けたまま入場するので、何も問題無いです

呼名(卒業生の名前を担任が一人ずつ読む大事な場面)の最中にボタンが「バーン」と取れても、そういう問題じゃないんです

生徒が気持ちを込めて作ってくれたチョコで、1kg太っても、私は悔いはありません

教育ってそういうモノだと思います

ただ、神様に1つだけお願いできるとしたら、バレンタインデー、卒業式の後の3月5日くらいにしてもらえませんかね?

そうすれば、喜んでバクバク食べることが出来ますからね。

難しいなぁ・・・。

「明らかに手作りじゃないチョコが真ん中にありませんか?」という質問について

そんな質問は受け付けない

心が育っている私の教え子達が「その辺で買ってきた」「自分用のチョコ」を「あ、ヤベえ、みんな渡してるから、私も「自分のチョコ」をあげようかしら」なんてあるわけがない

ちゃんと、とっても美味しい高級なチョコを買ってきて、その1つを私にくれたに違いない

生徒を信じること、それが教員の最大の仕事です

私は彼女を信じます

「先生、いつもありがとうございます」という言葉に添えられたチョコが、例え市販品のチョコの1個だとしても私はなんとも思わない。

 

「あげよう」と言う心を持てること、そのこと自体が素晴らしいのです

 

遅いバレンタインでしたが、みんな本当にありがとう

卒業式まであと少し。感動の瞬間はもうすぐですね。良い卒業式にしような!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索