【対話型アクティブラーニング】生徒全員がアクティブになる対話の練習「スーパーマリオ」の最初の発問紹介

125489887_124cf772c5_z

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!

スポンサーリンク

「スーパーマリオ」に対して全国から10人以上の先生より質問あり

最強の「対話練習」である「スーパーマリオ」ですが、これに対して、「どういうものか知りたい」という質問メールが10件を超えました。

北は北海道から、南は九州まで多岐にわたります

ユニバーサル授業研究会で100名弱相手に30分発表してわかったこと〜対話型アクティブラーニングの威力〜
ユニバーサル授業研究会で100名弱相手に30分発表してわかったこと〜対話型アクティブラーニングの威力〜
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ! 11月28日、ユニバーサル授業研究会が岩...

コレの中に「スーパーマリオ」を紹介しています

当日、その場に参加していた先生方が衝撃を受けた驚異の「対話」の練習教材「スーパーマリオ」ですが、さすがに、メールの対応が大変で、しかも「岩手来てください」とは言えない距離の方が多いので、ヒントを出します。

前にも書いた通り、これから私の主催するサークルや、研究発表で「スーパーマリオ」を私と対話することで衝撃を受けて欲しいので、全部は書きません。

ただ、この質問に対する、「生徒の対応案とそれに対する発問案」は受け付けますのでお気軽にどうぞ

「スーパーマリオ」の最初の発問

まずは、「自分の授業は対話が多いので、今日は対話(発言)の練習をします」と言います

そして、「お題はスーパーマリオ」と板書して、発問に移ります

「はてなボックスから、キノコが出て、それを食べると2倍になるが、コレは、有りか、無しか」

はい。ここから怒濤の対話が始まります

生徒は思いも付かない発言をしてきます。最初は少しの生徒だけしか反応しませんが、うまく発問をすることにより、生徒の頭はアクティブになり、ドンドン発言が出てきます。気付けば教室は熱気に包まれ、教員の発問を「欲する」状態に生徒がなります。これこそ「思考の渦」です。まさにアクティブなのです

当然、最初の発問からは「有り」と「無し」という答えが出ると思います

さあ、皆さん、次に何を発問しますか?

実際のユニバーサル授業研究会では、100人の先生相手に15分、この後をつなげました。盛り上がりましたよ〜

ルールをおさらいしておきますね。

対話のルール

・全ての発言を拾う

・誤答こそ宝。間違ってくれてありがとう、君が間違ってくれたから、みんなで考えられる

・思い通りにいかない発言は、発問が悪い。発問を検証して、修正を瞬時にする

こんな感じですね。基本的に「褒める」事で生徒はドンドン発言するようになります

さて、いかがでしょうか?

気になる正解は、次回の研究発表会、もしくは、本校開催の授業公開でどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索