【対話型アクティブラーニング】盛岡地区研究発表会にて発表!進学校を始めとする盛岡の高校数学の先生方から質問攻め!県大会発表決定らしい!

125489887_124cf772c5_z

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

こんにちは。部長ナビです。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!

今日は、今年の5月に正式に対話型アクティブラーニングの研究を始めてから、初めての研究発表会での発表です。

14人の高校の数学の先生方を相手に発表を行いました

もちろん、盛岡市内の進学校の先生方もたくさんいらっしゃいます。果たして、対話型アクティブラーニングが理解されるんですかね?

岩手県教育委員会の「基礎力確認調査」の分析冊子に記載されていたこと

そもそも「関数」とはどのようなものか、理解が浅く、一次関数と二次関数の理解が不十分である。

二次関数を指導する際に、導入部分に十分時間をかけて概念の定着を図るべきである

うーむ。俺が毎日やっていることだ・・・。

これについて、どう言えば良いのか、中学校や、大学、専門学校の先生はたくさん見に来てくれましたが、高校、特に「進学校」の先生に話すのは、実は初めてなんです。

盛岡市内だと「アクティブラーニング」に先進的に取り組んでいる高校もあり、そこの先生も来ます。

果たして、私の対話型アクティブラーニングがどうとらえられるのか、ドキドキでした

運命の発表

発表してみると、想定外のことが起きました

質問攻めだったのです

盛岡市内の有数の進学校の先生からもガンガン質問いただきまして、大幅に持ち時間をオーバーしました

かなり細かく聞いてくる先生もいて、帰る時にももの凄い質問攻めでした。

資料を追加で持って帰りたいという先生も多数いて、足りなくなるくらいでした

「明日からやってみたい」「参加型の普通のアクティブラーニングに、実は疑問を感じていた」等々、かなり色々なご意見も聞けましたし、「授業を見に行きたい」「次の公開はいつなのか」等、嬉しい質問も多々ありました

そして、県大会発表へ

11月には、デカい研究発表が待っているわけですが、今回の発表で、「ぜひ、県でも発表してください」と言われました

今回は、進学校の先生のアクティブラーニングの発表もありましたが、私が選ばれたみたいです。良いんですかね?

よくわかりませんが、反響がすごかった。

「なんで、授業公開を教えてくれなかったのか」とも言われました

い、いや、それは、「こんなのアクティブラーニングじゃない」っててっきり批判されるかと思って、進学校には内緒にしていたんですよ・・・。

まさかの反応でした。ビックリです。

お陰様でさっき帰ってきました。遅くなりました。

でも、スゲー疲れたけど、スゲー嬉しかったです。マジ嬉しかった。

今まで「特殊すぎる」「オリジナルすぎる」「アナタにしかできない」「一人でやってるだけだ」等、色々批判を受けました

でも、大学の教授に考察してもらい、正式な研究になり、県外の先生にも賛同いただき、やっとここまで来ました

私の授業が、誰かのヒントになる。こんなに嬉しいことはありません

対話型アクティブラーニング、ここからが本番なのかもしれません。

忙しくなりますが、発表、授業公開、他校からの訪問等、これからも頑張っていきたいと思います

興味ある方はぜひ、問い合わせからメールください。仲間、絶賛募集中です

「明日からやってみたい!」といっていただいた先生は、県内有数の進学校の先生です。マジで嬉しかった。

対話型アクティブラーニングが広がっていくのを、ジワジワと感じています

「生徒に、数学の面白さを。考えることの面白さを」

これを合い言葉にずっと一人で頑張ってきた対話型アクティブラーニングが、今羽ばたこうとしているのかもしれません

今後にご注目ください

疲れた。お疲れ、俺。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索