【対話型アクティブラーニング】第3回授業公開について考察をいただきました【専門学校授業力向上担当主任】

125489887_124cf772c5_z

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

こんにちは。部長ナビです。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!

第3回授業公開が終わりまして、まあ、多方面から色々な感想をいただいておりますが、概ね好評と言ったところで良かったです。

【対話型アクティブラーニング】第3回授業公開終了!お疲れ俺!サンキューみんな!
【対話型アクティブラーニング】第3回授業公開終了!お疲れ俺!サンキューみんな!
こんにちは。部長ナビです。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ! お陰様で、第3回の対話型アクティブラーニング公...

概要はこちらから

で、見学いただいた、専門学校授業力向上主任の方より、考察をいただきましたので、抜粋して掲載します。こんな感じで「外部の方」から評価されていると言うことを知って頂けると良いかなと思います

考察

日頃よりお世話になっております。

平成27年度 第3回数学科外部公開授業おつかれさまでした。 また、今回も参観の機会をいただき誠にありがとうございます。

私は、先生の授業は生徒の主体的行動と自立を目指す授業として、いつも感心しております。

もちろん生徒の数学理解にもつながる授業でもありますので、他の先生方にもぜひ参考 にしていただきたい内容でもあります。

本日の先生の授業についても「将来的に社会や地域で活躍できる人材の育成」につながる内容が盛り沢山でした。

この点を中心にお伝えしますが、この観点は私が民間企業に勤務して経験してきたこと、また専門学校職員として学生指導をする中から生まれてきている内容であります。

先生は、「受講生が40名等で、教室と黒板を活用する授業では不可能」と考えていた生徒育成授業を実践されております。

本日の授業についても、先生の熱意や生徒へのアプローチなどすばらしい内容でした。

貴校の生徒にとって、おそらくかなりの難問に取り組んでも効果がある内容であると理解しました。

 

主体的行動の開発

先生の授業では、生徒が自分の意見を言うことが大切であり、挙手などの行動にあらわすことも大切であることを浸透しております。

推測するに、受講した生徒の大半が、中学校在学時には積極的な行動が出来なかった生徒と思われます。

そのような生徒の意識改革と行動することの大切さを伝えております。

また、授業自体が生徒の想像力の向上と主体的行動の習慣化につながる内容となっております。

今回の授業研究会では、事前の生徒指導方法もご紹介いただ きありがとうございました。

 

目的志向能力の向上

数学において「概念」を大切にする授業とその理解を促進する「劇場」は、間違いなく物事を判断する能力の向上と情報収集能力の向上にもつながっていきます。

物事の本質を理解することで、周辺事項にも高い関心もつことにつながり学ぶ意欲を向上させます。

そして社会での対応力向上 にもつながっていきます。

最終的には、目的志向の重要性に発展することができると思います。もちろん進学や就職活動における試験対策にもつながる大切な 内容です。

 

一体感と連動

生徒に「俺たちは(私たちは)」と発言することで、一体感をつくりだ していることに感心しました。 また、生徒の発言に対する基本的対応方法の「かぶせる(こんなのもあるぞ!)」「賛同する(OK)」「共感する(発言を何度もなぞる)」「つっこみ(なんで)」は、上質な連動につながっています。

この効果は、生徒との高い信頼関係をつくりあげる最も大切な要素であると理解しています。

 

以上となりますが、本日は発言の機会もいただき大変に失礼いたしました。

以上ですね

こんな感じで考察をいただきました。ありがとうございます!

基本的に「先生」の考察というのは、「スゴかった」「やってみたい」「コツは何か」といった「表面的」なモノもが多いです。ま、それでもいいんです。明日から授業で使えるわけですからね。まず表面的なモノをしっかりしないといけません。ですから、単純に「感動」を与える、「刺激」を与えることが、対教員という観点では重要です。

しかし、この方のように、「肩書き」を持つ「管理する立場、研究する立場」の方の見方って、違うんです。考察してくれるのがスゴい。ただ、何となく、フィーリングでやってる授業なんですけど、こうやって、「何が良いのか」「なんで良いのか」というのを、文章で表現してくれるんですね

これを、研究発表で出すことで、「教員にはわからない、専門的な考察」を知ることができ、それを見て「やってみようかな」というのにつながると私も嬉しいんです。ですから、こういう考察ってすごくありがたくてですね。助かります。

今朝の段階で、共同研究者の大学准教授からの考察が、2本来ましたが、3本で完結のようなので、来たらそちらも紹介します。大学教授の「高校の授業に対する考察」というのって、たぶんあまり見たことないですよね?大学の先生が高校の授業を見るなんて、ほとんど無いと思いますが、見てくれるんです。そして、考察をいただけます。次回紹介しますので、おたのしみに!

【対話型アクティブラーニング】今日の5分「sinθ+cosθ=1/2のときsinθcosθを求めよ」で、アナタは最初の5分で生徒と何を対話する?
【対話型アクティブラーニング】今日の5分「sinθ+cosθ=1/2のときsinθcosθを求めよ」で、アナタは最初の5分で生徒と何を対話する?
こんにちは。部長ナビです。対話型アクティブラーニングの世界へようこそ! さて、「今日の5分」です。お問い合わせで回答をいただき...

こちらの記事、「最初の5分」もやってみてね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索