今日は、多くの高校で「一日体験入学」。私、中学生に対話型アクティブラーニングブチ込みます(笑)

対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!部長ナビです

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

今日はですね、岩手県内の多くの高校で「1日体験入学」というのがあります。まあ、平たく言うと「オープンキャンパス」ですね

そこで、たくさんの中学生が来るわけですけど、今年、これを企画する分掌の「長」の先生から、「数学の授業はこの間やった、あの、スゴい公開授業の内容をアナタが中学生にやってくれ」と直にオファーがありまして、今日それを中学生にやってきます

まあ、対話型アクティブラーニングを中学生にブチ込むわけですね

うーむ、何をやろうか(笑)。考えてない・・・。(笑)

一応ですね、40分しかないので、

★マイナスとマイナスをかけると、なぜプラスになるのか、式じゃなく、数直線で考えよう

★ルート2はなぜ、「1.4」って書いてはいけないのか、「ルート」って何?

あたりをやってこようかと思います

まあ、中学生も緊張しているでしょうから、そんなにグイグイはやりませんけど、また、良いやり取りできたら、SpotLightに投稿してみるかな・・・。

11月の研究発表大会の時の資料に載せても良いですよね。「中学生相手に対話型アクティブラーニングやってみたら、こうなりました」ってなるからね。

うーむ、楽しみだな。中学生はビックリするでしょうね。「これが数学なのか?」って思うらしいですからね。

でもね、数学って「考える時間」であって「与えられる時間」ではないんですね。それをブチ込んできたいと思います。

では、朝ご飯の準備と昼の弁当を作って、今日も頑張るぞ~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索