部長式「割り切れない割り算」を小学4年生と1年生に説明した結果

対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!部長ナビです

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

この間、マー坊が

「ねえパパ、「2÷3」てどうやるの?」

って聞いてきました

ええ、
コレは「割り切れない割り算」ですね

高校生なら
「3分の2じゃボケ!」
で終わりますけど

相手は小学生、
私お得意の「劇場形式」で説明しました(笑)

部長式「割り切れない割り算劇場」

あるところに、仲良し3兄弟がいました
しかし、その兄弟は貧乏でした
ある日、
お兄ちゃんが10才の誕生日を迎えることになり
兄弟達はなけなしのお金を出し合って
お兄ちゃんのためにピザを頼みました

もちろん、お兄ちゃんには内緒です

誕生日当日
何も知らないお兄ちゃんの元にピザが届きました

しかし
そこで兄弟は気付いたのです

「兄弟二人で頼んだので間違ってピザを2枚頼んでしまった」のです

でも
兄弟はそれでも構いませんでした
お兄ちゃんにお腹いっぱい食べてもらいたい
それが兄弟の希望でした

お兄ちゃんは
机の上に2枚並べられたピザを見て
兄弟に言いました

「本当にありがとう」

兄弟は照れました
こんなに嬉しそうなお兄ちゃんを見るのは久しぶりです
いつも、自分たちのために色々やってくれるお兄ちゃんに
せめてものお礼をしたいと思っていた兄弟は
なんだか、このピザで(間違って2枚頼んだけど)
お兄ちゃんが今日だけでも良い気持ちになってくれれば

本気でそう思いました

でも、お兄ちゃんは言いました

「俺たちは3人で兄弟だ。3人でわけてみんなで食べよう」

「え・・、いや、おにいちゃんが・・・」

お兄ちゃんは腕を組んで考え始めました

そうです
2枚のピザは3人でわけられないことに気付いたのです

子供である3人は
このピザを適当にわけて食べましたとさ・・・

うーむ

長いな(笑)

まあ、いいや

コレで、納得したみたいで
「お兄ちゃんが1枚食べて、兄弟で1枚を半分にすれば良いんじゃない?」
なんて
「アクティブラーニング」みたいな回答も出てきましたが
割り算の本質を伝えて、納得してもらいました

ところが、この話はここで終わりません

「パパ、「1÷2」は?」

と来たのです

「だから、
2人兄弟で、
1枚のピザは
2人で分けれないだろ?」

「割り切れない割り算ってのは
こういうことイメージなんだね」

と言ったら

ゆっきーが輝く目でこう叫びました

「ぱぱ!
おれ、できるよ!
ピザをはんぶんにすれば
ふたりでたべれるよ!」

はううう・・・・・

コレだから小学生は困るぜ・・・

「そうだね」って言うしか無いじゃないの!

ゆっきー強敵だな

ちなみに
マー坊は後ろで
「その通りだ」とうなずいていました(笑)

でも、この、「劇場」いいでしょ?

高校生相手でもね
こういう授業するとね、納得するのよ

是非使ってみてね(笑)

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索