今日は「数学2」の三角関数で「半アクティブラーニング」

対話型アクティブラーニングの世界へようこそ!部長ナビです

部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」まとめ
部長ナビの特殊な授業「対話型アクティブラーニング」のまとめです。 2016年度「対話型アクティブラーニング」活動報告、活動予定 ★5...

毎時間「半アクティブラーニング」を実践している
部長ナビです。こんばんにゃ。

さて
今日は、特別アナウンスはしませんでしたが
数学2の三角関数(サインとかコサインとかのヤツね)で
半アクティブラーニングをしました

若い数学の先生(野球部)が見に来ましたね

今日やったのは
「タンジェントとは何か」です

皆さん言えますか?タンジェント?

言えないですよねー
では
直角三角形で次のような辺の長さが与えられていたとき
tanθはいくらか分かりますか?

これです
分かる?

正解は
tanθ=4分の3ですよね

この分数の作り方が「定義」と呼ばれる「ルール」みたいなモノです

コレを
「単位円」という半径1の円を使って
タンジェントの正体を20分くらいの説明で暴きました
もちろん
生徒は考え、発言しまくりです
昨日は1年生でしたけど、今日は2年生です

分野も学年も難易度も全然違いますけど
いけますよ~

生徒はね
今日の「タンジェントの正体」の説明で
「相互関係」という公式も身につけてしまいました
ただ覚えるだけじゃなく
「なぜ、その公式が導き出されるのか」
「いかに、単位円が使える図形か」
と言うのをハッキリと理解できたようで
「面白かった」と言ってくれました
スゴいですよね

三角関数が「面白い」って言うんですから

いやー
半アクティブラーニング、スゲーなー

また、来週からもガンガン行きますよー
お問い合わせも結構来ておりますが
たぶんね、私の授業見ると、結構衝撃的だと思います
みんなそう言うのでね

「こんなの初めて見た」と言われるのは前任校からそうなんですけど
「こんなの絶対真似なんて出来ない」とも言われますので
オリジナリティーが強すぎるのかもしれませんし
自分でもそう思います

ですから
「見る」ってよりは、記事で雰囲気を感じ取って
自分で実際に実践してみるのが良いかと思います

動画とかあれば
送っていただければ、それを見てですね
色々感想とかをお話しすることは可能です
ウチでは、数学のアクティブラーニング
私の半アクティブラーニング
そして、公民のアクティブラーニングと
3つの実践がありますので
結構良い感じなんじゃないかと思いますねー

ぜひ
みんなでアクティブラーニングを広めて
生徒が「分かりやすく」「楽しい」
そんな授業を目指して、向上しあっていければ良いですねー

イヤー
こういうやり取りできるってのも
ブログならではですよね
楽しいなー

色々、ご意見、ご感想等お待ちしております~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索