「オービス警報」VS「スーパーキャット」レーダー対決

はい、
秋田に来ましたが、
来る時は、昨日購入した300円のiPhoneアプリ「オービス警報」を起動しながら来ました
口コミによると
「レーダーいらない」という書き込みが多数で
ハッキリ言って、高かった「スーパーキャット」の結構良いモデルを持っている私は
300円で、「買い切り」のアプリでデータ更新も無料という「オービス警報」に
「うわー、マジかー」という感じでした
実際に今日、2時間半位使いましたので、比較記事をアップしたいと思います

まず
「オービス警報」(300円のiPhoneアプリ)です
★警報回数0回(盛岡本宮→秋田のじぃじの家→大曲イオン)
★道から結構外れる(GPSの精度の問題なんでしょうかね?)
★どうやら地図はGoogleMapを使ってるらしい(下に「Google」というロゴが出ている)
★トンネル入ると全く動かなくなり、速度が0になる

えーとですね
全く使い物になりませんでした。
だって、「警報0回」ですもん。「オービス警報」の意味がないですよね
アプリのレビュー見ると、取り締まり状況とかも警告してくれるみたいですけど
全然警告ありませんでした。とにかく、ひたすら地図を表示するアプリと化してましたね
その間
切なく「ピンポンピンポン」と、LINEの通知音がガンガン鳴り響いていました(笑)
地図見ても意味ないので、LINEの通知を見ていた感じですね
2時間半、全く意味ありませんでした

さて、次
高級レーダー「スーパーキャット」です
★時間を知らせてくれるのが結構便利に感じた(「12時です」みたいに喋る)
★走ってると「長時間運転しています。休憩してはいかがですか」なんて気遣ってくれる
★どういう仕組みなのか分からないが、全く道から外れない。不思議。
★トンネル入っても、なんか普通に進んでる。これも不思議。
速度表示もトンネル内でもちゃんと実測値とほぼ同じ値が出る
★気になる「警報」ですが、計7回出ました
「シートベルト検問エリア」が4件(どれもやってなかったけど・・・)
「ステルス式移動オービス警報」が3件(一つマジでやってた)
完全に「警報」という意味ではこちらの方が上です。だって、取り締まりやってたし。
iPhoneのアプリは何だったんだって感じですが、さすがスーパーキャットと言いましょうか

今回の検証では、スーパーキャットの完勝だったわけですけど
まさかのアプリが「警報0回」ということで、残念な結果に終わりました
これね、関東とか、もっと都会であれば使えるんだと思うんですよ
だって、
App Storeの有料アプリ売り上げランキングで上位に入っているわけですからね
それが、岩手、秋田ではこの有様ですから
やはり、「据え置き式オービス」は、もの凄く数が少ないので
「ステルス式移動オービス」ですね。これの対策がポイントとなります
この間も(スーパーキャット買ってすぐの時)、
秋田の帰りに「警報」が出たので、ちょっとスピード落としたら
マジで取り締まりやってましたからね
(道の端っこで見えないように隠れて、警官が速度を測る機械をこちらに向けて座ってる系のヤツ)
ビックリしました
今回、300円という価格で警報がちゃんと出るならスゲーなと思って
試しに買ってみたわけですけど
結論から言えば「レーダーはやはり専用の高級機種が一番」ということです
取り締まり地点のデータも有料ですが更新毎月出てますので
まあ、ランニングコストもイニシャルコストもかかりますけど
確実なのは間違いないです。

あー、アンインストールだなー
300円損しましたけど、やはりスーパーキャットをちゃんとデータ更新して
本業の専用レーダーにちゃんと仕事してもらいたいと思います

地方にお住まいのiPhoneユーザーの皆様
「オービス警報」よりも、専用レーダーを買った方が良いです
私のオススメはやはり「スーパーキャット」ですね
ちょっと高いですけど、間違いありません。
捕まるよりは全然良いですから。
初売りでいかがですか?ご検討ください!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索