【初心者デジイチ部】カメ仙人のプロカメラマン講座8「70D、8000D、Kiss、EOS M3(ミラーレス)を比較!選ぶ際のポイント」

レンズ01

こんにちは。初心者デジイチ部の部長ナビ(@nabi_1080)です

スポンサーリンク

プロカメラマンのカメ仙人が教える「カメラの選び方・初心者編」

当ブログスタッフ・プロカメラマンのカメ仙人は、非常に分かりやすく我々スタッフに「合ったカメラの選び方」を教えてくれます。決して高額なカメラ、レンズを勧めるのでは無く、安くてもいいカメラ、レンズをちゃんと選んで勧めてくれます

そんなカメ仙人が、今回は「EOSを買うならどれを買えば良いのか?」をまとめてくれましたので、紹介します!

以下、カメ仙人からの原文そのままでお送りします!

カメ仙人のEOS選び方講座!

EOS kissシリーズ

EOS 8000D

EOS70D

ミラーレス(EOS Mシリーズ)

 

ちなみにセンサーサイズはすべて同じAPS-C、画素数は約2420万画素~1800万画素です。

では、各機種の特徴を見てみましょう!

EOS Kiss X8i

kissシリーズの中で最新型、「ママにこそ一眼」とお手軽感をだしてます。

「一眼レフなのに操作が簡単!」 「シャッターボタンを押すだけで背景がぼける」 「スマフォでは撮れなかった子供の速い動きもピタッと写し止められる」 とか「動かせる液晶でタッチ操作」「一眼でお手軽に動画」 と、簡単一眼をアピールしてますが基本性能の高さはすごいものがあります。

2420万画素、映像エンジンDIGIC6、タッチパネル液晶(バリアグル、動く液晶) など。

操作関連もややこしい言葉をつかわずにモードダイヤルには 「かんたん撮影ゾーン」があり、ポートレート・風景・料理・キッズなど10パターンからアイコンで選んでタッチ液晶操作する事で、直感的に操作が出来るようになってます。

もちろん、少しずつ写真がわかって来てスキルアップも可能で、シャッター速度と絞りを自分で任意に決めて撮影を楽しむ事もできるモードもあります。

ただし、70Dとか8000Dなどにある部長曰く「小窓」  が無い!

背面液晶で全てを賄う感じになります。

ボディサイズも小さく軽く作ってますが中身は妥協して無い感じをうけます。

各種レンズを組み合わせたレンズキットも何種類かでてるので 気負う事なく一眼レフカメラデビューできるんじゃないでしょうか?

EOS 8000D

kissシリーズと70Dとかの二桁Dシリーズのちょうど中間にあたるプレミアムエントリーモデルという微妙な位置つけなのです。

が! kissシリーズには無い小窓(部長命名)がある!

サイズと重量もkissシリーズからは少し大きく重くなってます。基本性能も発売から二年たってる70Dからは当然進化してます。

2420万画素、映像エンジンDIGIC6、タッチパネル液晶(バリアングル、動く液晶)、ハイブリッドCMOS AF 3、EOS7D MarkIIで採用された「フリッカーレス撮影」、蛍光灯の下でシャッターを切った時に露出や色調が安定しない問題を解決する機能。など、高い基本性能が多くあります。

kissシリーズと同じく「かんたん撮影ゾーン」があり、ポートレート・スポーツ・風景・クローズアップなどシーンを想定したカメラ任せ撮影が各種あります。

kissシリーズにもあったシャッター速度と絞りを自分で任意に決めて撮影を楽しむ事もできるモードもあります。

カメラ操作も小窓(部長命名)あり各種設定変更や確認ができます。背面にはサブ電子ダイヤルがあり液晶と組み合わせて多彩な操作ができます。

マルチアスペクト機能

撮影する写真のアスペクト比(縦横比率)がライブビューだけでは無くファインダーでも確認可能!

4:3、16:9、3:2、1:1 などの縦横比率

70Dではライブビュー(ファインダーでは無く液晶で撮影)時にだけ確認可能だったのですが8000Dではファインダーでも確認できるようになってます!これは地味に凄い事だと思います。

EOS70D(現時点では後発の80Dが発売されてます)

発売当時は二桁Dシリーズとしてミドル機のフラッグシップモデル。

80Dが発売された現在も使用している人が多い機種だと思います。サイズも重さも先の二台とは大きく重く持てばズッシリとした印象です。

2020万画素 (kiss・8000Dは2420万画素)、DIGIC5+ (kiss・8000DはDIGIC6)、AF性能はデュアルピクセルCMOS AF方式、連続撮影 最高7コマ/秒 (8000Dは最高5コマ/秒)、WIFI通信距離30m (8000Dは15m)、撮影枚数 約1300枚(ファインダー使用) 8000Dは約550枚

画素数は後発の8000Dが追い越してますがブログ、プリントアウトしてもA4までとかなら問題なくいけます。

基本性能がしっかりとしてる機種、各部素材や耐久性などはエントリーモデルのkissや8000Dよりも上だと思います。

もちろん、操作系も小窓(部長命名)に表示される項目は70Dの方が多く、設定操作が多彩にできます。

ファインダー視野率98%、8000Dは95%

ファインダー倍率0.95、8000Dは0.82

ファインダーを覗いた時に大きく見えるのが70D

一方70Dほど大きく見えないのが8000D

視野率も70Dの方が上(80Dは100%)上位機種は視野率100%が多い。

バッテリーサイズもkissシリーズと8000Dと違って大きなサイズですので撮影枚数とも耐久力が上です。

EOS M3(ミラーレス)

2012年9月に発売となったCanonミラーレス機の現時点での最新機。

EOS MからEOS M2、そしてM3へと進化してます。

画素数アップはもちろんの事、オートフォーカス性能はM2から最大3.8倍高速化。各種ボタン、ダイヤル系が増えて操作性もアップ!

わかりやす言葉で画づくりをサポート

液晶操作で「ぼかす~くっきり」「暗く~明るく」など、簡単に印象的な写真に仕上げる事ができます。

2420万画素、映像エンジンDIGIC6、ハイブリッド CMOS AF3 など8000DやKiss X8iと比べても遜色の無い性能

だが上記3タイプで使ってたレンズがそのままでは使えないのです。Canonの場合は「マウントアダプター EF-EOSM(別売り)」を使用すれば一眼レフ専用レンズが使用できます。EOS MやM2のレンズキットにセットになってるのもあります。

もちろんミラーレスにはミラーレスの専用レンズが各種用意されてます。

一眼レフを使用してる人がレンズ共用できるサブ機として購入するとか、重さ、サイズは小さい方が良いと選ぶ人が多いと思います。

どれを選べばいいの?

EOS Kiss X8i

EOS 8000D

EOS 70D(80D)

EOS M3(ミラーレス)

 

ミラーレス以外は一眼レフ。(EOSM3に電子ビューファインダーEVF-DC1を購入装備すれば一応一眼にはなりますが、、)

★ややこしい言葉無しで直感的に操作できて綺麗な写真が撮りたい! → kissX8iか8000D

★kissの名前が、ちょっと、、と思う人 → 8000Dか70D(80D)

★小窓(部長命名)で各種設定確認や操作をしたい人・ブロガー・ロマンを追い求める人 → 8000Dか70D(80D)

★カバンに入れて気軽に持ち歩きたい人 → kissかミラーレス

ちなみにセンサーサイズは同じAPS-Cなので写真の仕上がりの差はほとんど無いといってもいいとおもいます。

あとはボディの耐久力、剛性など選択肢が多く悩むのもわかります。

でも一番肝心なのは、お財布事情じゃないでしょうか?

各種レンズキットでボディとレンズ別々に買うより安くセットされてるものがありますので一気にレンズ数本持つと今まで撮れなかった望遠で子供の表情をアップで撮れたり、ワイドレンズ(広角)だと大人数を一枚で写せたりして写真の幅が広がるかと思います。

カメラ屋さんや他に持ってる人に触らせてもらって自分に合ったものを見つけてくださいね

まとめ

ああ。いっちゃいな!DOしちゃいなよ!

↑おこP所有のEOS Kiss X8iは、バリアングル液晶で子供の目線での写真も撮影可能!レンズも変え放題で良い感じ!

↑Kissと70Dの間の扱いになる8000Dは小窓付きで操作感抜群!価格も70Dより安いぞ!さあ、どうする?

↑部長、カメ仙人、そして、g.O.R.iさんが愛用する70Dは液晶小窓の使い勝手、ボタン配置、マジで最強だが、フルオートで撮る人には大きく重いので、こだわって写真を撮りたいブロガーなんかにお勧めだ!スタッフに勧めても誰も心が動かないので(そんなに設定変えないと言われる)、購入する際は本当に70Dで良いのか、よく考えて購入して欲しい

↑手軽に高画質。AFも進化のEOS M3はミラーレスだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索