【初心者デジイチ部】28mmマクロと60mmマクロ、歪みについて検証してみた!

こんにちは。初心者デジイチ部の部長ナビ(@nabi_1080)です

今回、ガスト会議2016秋にて、たけPがマウントアダプターを持ってきたので、EOS M3を使って、28mmマクロと60mmマクロを撮り比べてみました

スポンサーリンク

28mmマクロでたけPのブラックiPhoneを撮影

MACRO02

ハイ、こちらが28mmマクロでございます。マクロなのに寄ってないのがポイントですが、まあ、いいでしょう

次に60mmマクロで撮影

MACRO01

ハイ、わかりますか?違います。全然違いますよね?

コレが「歪み」

28mmマクロは、iPhoneの左右の線が平行ではありませんよね。コレが歪みです

60mmマクロはまっすぐ平行に写ります。僕は普段、60mmマクロで撮り慣れているので、この「歪む」のがちょっと耐えられません

まあ、マクロなので、寄って撮るモノだと思いますから、特にこう言った「引きの全体画像」は撮らないかもしれませんが、もし、「28mmマクロでなんでも撮ろう」と思っている場合、このように歪みますので、ご注意下さい

ただ、自然な歪みを愛する人達もいる

プロカメラマンのカメ仙人がそうです

カメ仙人は広角マニアで、広角レンズをたくさん持っているそうですが、広角は歪みます。その歪みが好きと言ってました

僕は、歪まないのが好きですので、コレも人それぞれ

カメラに正解が無いのと同じで、写真にも「王道」はあるかもしれませんが、正解ってないのかもしれませんね 

やはり、商品写真は、EOS 70Dと60mmマクロ、外に出る時は、EOS M3に18-55mmを着けて、で、28mmマクロもカバンに入れていく感じで行きます。18-55mmの望遠端だと歪まないので僕好みの写真が撮れます

いつのまにか、「中望遠マニア」になってた

ヤバい

気付くと、EOS M3の望遠ないか見てる・・・。危険だ・・・。危険すぎる。

( ゚д゚)ハッ! 

コレがってヤツか・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索