EOS M3 VS iPhone 6s Plus、サブウェイを撮り比べてみた!

こんにちは。初心者デジイチ部の部長ナビ(@nabi_1080)です

EOS M3を手に入れ、早速、サブウェイを撮影してみました

果たして、iPhone 6s Plusとは何が違うのか、ご覧いただきましょう!

スポンサーリンク

サブウェイの「照り焼きチキンとタマゴ」を撮り比べ!

EOS M3

EOS M304

野菜が美味しそうだったので、F2.8にして、手前にピントを合わせると、EOS M3はこういう仕事をしてくれる

EOS M303

マヨネーズにピントを合わせると、手前のタマネギ、そして、後ろの包み紙がフワッとボケる。コレがミラーレス「EOS M3」の実力だ

EOS M302

手前の野菜にフォーカス

奥のパンもそうだが、一番奥のiPhoneまでキレイにボケている

EOS M301

普通に撮っても、後ろがボケるこのボケが素晴らしい「立体感」を生む。僕はこの「ボケ感」がたまらなく好きだ

iPhone 6s Plus

SUBWAY04

iPhone 6s Plusは見ての通り、仕方のないことだが「全てにピントが合う」のだ

僕は、EOS 70Dに慣れていて、EOS M3の実力に驚いたわけだが、普段アレで写真を撮っていると、この写真、悪くないのだが「ゴチャゴチャした印象」を受けないだろうか?

強調したいモノを大きくクローズアップする、それが、EOS 70Dであり、EOS M3と感じた

特に、EOS M3は、小型、軽量なので、気軽に持っていって外で撮影できる。それがこの画質。素晴らしいと感じた

まとめ

最初の1枚が全てだろう

僕は、やはり、iPhone 6s Plusのカメラでは撮影する気にあまりならないというか、良いカメラなんだろうけど、EOS M3を持ち歩きたいと感じた

EOS 70Dだと、それが無理な場面も数多くあったが、EOS M3は、僕の希望を叶えてくれる素晴らしいミラーレスカメラだ

サッと取りたい時に、重いデジイチじゃ無く、EOS M3という選択も悪くないと僕は思うんだ

でも、EOS 70Dも使う

早いピントが必要な運動会、記録会、そして、ファインダー越しに見ないとなかなかうまく撮影できない、室内での金管バンドクラブ演奏会、こういう時には、EOS 70Dは大活躍

もちろん、自宅でのサンプルレビュー撮影も60mmマクロが大活躍だ

そうだ。「使い分け」が大事だと思っている。カメラに正解は無い。だからこそ、色んなカメラを楽しむきっかけとしてこういう記事も良いかと思って書いてみた

いかがだろうか?ぜひ、カメラ屋で、EOS M3を触ってみて欲しい

【レビュー】EOS M3は小型、軽量でデジイチと同等以上の画質を誇る高性能ミラーレスカメラだ!F値、露出の補正も簡単!タッチシャッター最強!
【レビュー】EOS M3は小型、軽量でデジイチと同等以上の画質を誇る高性能ミラーレスカメラだ!F値、露出の補正も簡単!タッチシャッター最強!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 【関連】Destiny〜男達のミラーレス〜 ↑男達の熱いドラマも最終回を迎え、無事、部長、...

↑EOS M3のレビューはこちらから!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索