【初心者デジイチ部】露出補正は2メモリずつ調整!適正な明るさの写真で印象アップ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

最近、写真の明るさについて記事を出しました

【初心者デジイチ部】カメ仙人のプロカメラマン講座3〜トーンカーブと「18%グレー処理」〜
【初心者デジイチ部】カメ仙人のプロカメラマン講座3〜トーンカーブと「18%グレー処理」〜
こんにちは。初心者デジイチ部の部長ナビ(@nabi_1080)です プロカメラマンの「カメ仙人」監修の初心者対応カメラ講座の第3回でございま...
「LightRoom」で写真をステキに明るくしてみよう!ブログ写真の印象がガラッと変わるぞ!
「LightRoom」で写真をステキに明るくしてみよう!ブログ写真の印象がガラッと変わるぞ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 以前お伝えした「カメ仙人のプロカメラマン講座」における「トーンカーブ」ですが、私が使って...

このように「後で補正」するのも大切ですが、カメ仙人からは「写真を撮る時点で露出補正をすると後処理が楽になります」と教えていただきました

実際、たけPにもそれを教えて、ネジザウルスのレビューでは、明るい写真を送ってくれました(一回、送ってもらった写真が暗かったので、撮り直しをお願いした)

君はどんな「回らないネジ」も回すことが出来る「ネジザウルス」を知っているか?
君はどんな「回らないネジ」も回すことが出来る「ネジザウルス」を知っているか?
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です たけPオススメの「ネジザウルス」ですが、レビューと写真が届いたので紹介します! コレが...

↑ね?明るいでしょ?コレ、露出補正するとこうなるんです。良い感じになります

スポンサーリンク

EOS 70Dの露出補正について

私はEOS 70Dしか持ってないので、それを元に説明します

IMG_3507

私は、F値を自由に設定できる「Avモード」で撮影するので、このような表示になります。真ん中の「2.8」というのがF値。

その下の「−3から+3」までゲージがあるのが「露出」になります。ここをいじると、写真の明るさが変わります

この状態では「0」の状態ですが、18%グレー処理により、白が多いモノを撮影する場合、勝手にグレーになりますので、暗い写真になるんですね。それを露出補正を使うことによって明るくしちゃおうというわけです(詳しくは上のリンクのプロカメラマン講座をご覧下さい)

EOS 70Dは「シャッター半押し+ダイヤル回し」で露出補正が調整できる

IMG_3508

シャッターを半押ししながら、このダイヤルをクルクル回すと、露出補正が変更できます。

基本「2メモリずつ」動かすと良いみたいなので、2メモリずつ動かして様子を見て使う写真を決めています。まあ、初心者なので、明るすぎたり、逆に暗いままだったり、失敗も多いですが、それなりに味が出たりするので、失敗も良い経験です。たくさん撮影して露出補正の感覚を養うと良いのではないでしょうか?

作成・白が多いバージョン

ありがちな「白だらけ」の写真です。18%グレー処理により勝手に暗くなりますので、露出補正をかけるとどうなるかご覧下さい

IMG_4395

↑これが、補正0。暗いですよね

IMG_4396

↑これが補正+2メモリ。さっきよりは明るいですね

IMG_4397

↑コレが、さらに+2メモリ(合計+4メモリ)

これくらいだと良い感じしませんか?

IMG_4398

↑コレが、さらに+2メモリ(合計+6メモリ)

ちょっと不自然な明るさを感じませんか?感覚的なモノですが、色々動かして良い感じの明るさに「撮影時点」で自分で補正かけられるのが良いですよね!

続いて、複数の色が入ったバージョン

IMG_4402

↑補正0

黒が多めだと、実は補正0でもイケるんですよね。

IMG_4401

↑補正+2メモリ

あまり変わりませんね〜。少し明るくなったかな?コレがベストかもしれませんね

IMG_4400

↑補正、さらに+2メモリ(合計+4メモリ)

わかります?明るくなりましたよね?そして、P2415Qの埃が一気に目立ちました(笑)。コレはちょっと不自然に明るいかなぁという気がします

IMG_4399

↑補正、さらに+2メモリ(合計+6メモリ)

もう、明らかにおかしいですよね

まとめ

こんな感じで、露出補正はうまく使うと非常にナイスな明るさで写真を撮ることができます

LightRoomとか、Photoshopは有料ですので、アプリを持っていない場合、露出補正をうまく使うと、カメラ自体で明るさの調整が出来ます

現在、カメ仙人から、ISOについて色々習っているところですが、初心者には、この「露出補正」が手っ取り早く写真を明るく出来るのでオススメだと思います

不自然な明るさにならないように、写真チェックをしながら数回撮り直してみると、自宅で撮影する場合、どのレベルの補正をかければ良いか、だいたい決まってきますので撮影が楽になり、一定の明るさで写真が撮れるようになると思います

便利なので、ぜひ使ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索