【初心者デジイチ部】EOS 70Dキットレンズの「望遠端」で撮影したら、下がりすぎて失敗した話

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

ヒガシーサー師匠からたくさんアドバイスいただいております。わーいわーい

というわけで、「初心者デジイチ部」のワタクシが師匠の言う通りに撮影してきた「EOS 70D・脱・初心者!」カメラ練習の様子をお伝えだ!

スポンサーリンク

最初に言っておく

師匠は何も悪くない。それを先に言っておく

では、GO!

ヒガシーサー師匠の教え

ヒガシーサー師匠は月間35万PVのカメラブロガーだ!スゲーぜ!サーフィンもやるらしいぞ!カッコよすぎる!

そんな師匠に「レビュー写真のコツ」として言われたのは「キットレンズの55mm望遠端 f/5.6〜f/10ぐらいで撮ることをオススメします」ということだ!まず、レンズを買う前に持っているレンズの力を引き出す腕を身につけることが大切みたいだぜ!さすが師匠だ!

fとか、地味によくわからないが、たぶん撮れば分かる!じゃ、ラーメン店「柳家」にライドオンだ!

入店!

男らしく入店したワタクシは、担々麺を注文し、早速撮影に移った

まず、24mm単焦点パンケーキレンズ

コレは何も問題無い。いつも通り撮るだけだ

柳家03

全体像がコレ

柳家04

寄ってみた。良い感じだ

柳家02

奥の味噌の部分。味噌にピントが合っていない(笑)。腕が無いとこうなる。レンズより腕だ。赤レンズはもっと腕を磨いてからにしようと思った

そして、キットレンズで悲劇は起きた

ワタクシのキットレンズで「望遠端」で撮る

師匠に言われた通り、ワタクシはキットレンズに付け替えた

EOS 70Dに付けた3種類のレンズの重さ、見た目を比較してみた!
EOS 70Dに付けた3種類のレンズの重さ、見た目を比較してみた!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です EOS 70Dを購入してしばらく経つが、毎日の撮影に欠かせないナイスカメラとして活躍して...

キットレンズはかなりデカくて重い。大変だが頑張った

まずは、全体写真だ

あれ?おかしい・・・

アレ?

何だ?

全くカメラが反応しない

なんで?壊れた?

望遠端の意味

確認した。

望遠端とは「一番望遠側にして撮影する」という意味である。うむ。間違っていない。最も望遠側にして撮影しているが、全然カメラが反応しない

さらに、ラーメンが画面に入りきらない

おかしい。でも、師匠が言うのだから、間違いない。

ワタクシは「下がる」事を決心した

ワタクシはラーメンをファインダーの中におさめるために、下がることをした

しかし、全くラーメンはファインダーの中に入る気配が無い

まずい・・・。急いで撮らないといけないのに・・・

EOS 70D初心者のワタクシをあざ笑うかのように、ファインダー越しに見る担々麺は全く言うことを聞こうとしない

はみ出るラーメン、焦るワタクシ、開く毛穴、吹き出る汗

ラーメンを一本も食べていないのになぜか店で一番汗をかいていた。ああ。緊張と、焦りが生むイヤな汗だった

下がってみたが、まだ、ラーメンははみ出ている

ヤバい・・・。これ以上立っていたらただの変態だ・・・。

急いで撮らなきゃ・・・

ガターン

イスが倒れた

そして、ファインダーから目を離すと、みんな私を見ていた

中腰のオッサン(40歳)が、下がりながら撮影し、イスを倒して汗だく

ただの変態だった

「あ・・・。あの・・・。わだし・・・あの・・・」

何も言えなかった。隣に座っていたiPhone 5s女子にメッチャ見られた。

「何この人、キモい

絶対そう思われた。ああ。俺は出入禁止になるのか・・・。

でも、撮影しないといけないので、頑張って撮影した

そう、望遠端でフル望遠で撮影したのがこれだ!

柳家05

コレが、全体像

柳家06

これが手前

柳家08

これが最も汗だくになった、後ろの味噌側だ。汗の量の割には、やはり味噌にピントが合っていない。師匠、スイマセン・・・。

Pモードで1点AFにする、心の余裕がありませんでした

師匠に報告した

グッタリして家に帰り、師匠に報告した

私の情報伝達ミスだった

心が折れたことを話したら、師匠に確認され、キットレンズの話をした

「18-135mmと書いてあります」

この記事の上の方を見て欲しい

55mmの望遠端」と書いてあるだろう

そうだ。師匠は、55mmくらいの距離で撮ってくれとメールで教えてくれていたのだ。サッパリわかっていない私は、135mmのレンズを目一杯に望遠にし、それで「ああ・・・ラーメンがはみ出る。もう少し下がって、ああ・・・ラーメンがまだはみ出る・・・」と、アホなことをしていたのだ

わからない人のために言うと、この「mm」というのは小さいほど近くで撮れる。大きいほど遠くから撮れるので、パンケーキの24mmは簡単に言うと「近くで撮れる」ということだ。

師匠は「キットレンズは〜55mmがあるので、それだと勘違いしました」と謝ってくれたが、いや、普通に考えて私が悪い。メールにちゃんと「55mmの望遠端」と書いてあるのに、135mm(倍以上)の望遠の状態で近くのラーメンを撮ろうとしていたのだ。そりゃはみ出るよ。望遠なんだから、遠くから撮るので、離れないとラーメンが入らないのは当たり前だ

師匠にそのことを伝えたら「それは、私でも心が折れます」と共感していただいた。スイマセン・・・。

そして「ぜひ、記事にしてください」と言われたので、こうして書いている(笑)。自分で書いててウケるので、たぶん、カメラを知っている方には爆笑の記事になるだろう

レビュー写真は、奥が深いし、カメラそのものに関して考え方がたくさんあるみたいだが、私はヒガシーサー師匠のブログが非常にスッと読める、わかりやすい。実際にメールをしていても説明が端的で分かりやすい。

今回は爆笑の結末となったが、当の本人は汗だくでそれどころでは無かった。後で読めば面白いが、たぶん、二度と柳家には入れないだろう(笑)

でも、今回で、レビュー写真の撮り方が少しわかったような気がする。まだまだ勉強不足だが、次はF値を勉強していじりながらEOS 70Dを楽しみたい

初心者デジイチ部、次回の記事をおたのしみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索