【スタッフレビュー】Canon 60mm マクロは純正ならではの機能満載なレンズだ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

当ブログスタッフおこPより「マクロ購入!」という報告と写真、作例が送られてきたので紹介したいと思う

とうとうおこPも、EOS Kiss X8iタムロン16-300mmマクロに続き、純正のCanon 60mm マクロを購入した。スゴすぎる!

スポンサーリンク

外箱!

Canon60mmMACRO03

今回購入したのは、「EF-S 60mm F2.8 マクロ USM」だ!

キヤノン純正のマクロなので、期待値は高い!

Canon60mmMACRO02

外箱のレンズ写真はこんな感じ

果たして、純正マクロはどんな写真が撮れるのか、興味津々だ!

Canon60mmMACRO01

当然、レンズフィルターも購入!

開封!

Canon60mmMACRO04

ん?

フードが付いてくるのか?

レンズ、フード、ポーチのようだ

Canon60mmMACRO05

フードを装着すると、こんな感じだ

フード、やっぱりカッコいい。デジイチ野郎にフードは必須。

意味がわからなくてもとりあえず着けるのがポイントだ!

Canon60mmMACRO07

EF-Sで、60mmレンズだ。カミソリマクロが、SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGと「70mm」なので、アレよりは下がらなくても良いことがわかる。

Canon60mmMACRO06

これは多分、レンズの上の部分とフードのつなぎ目の写真だろう

ああ。そうだ

相変わらずウチのスタッフからは「写真」しか送られてこないので、文書はフィーリングで私が書いている。いつもの通りだ

18-55mmキットレンズとの比較

Canon60mmMACRO08

左がキットレンズの18-55mm、右が60mmのマクロだ

ほとんど大きさが変わらないことがわかるだろう

装着!

EOS Kiss X8iに装着すると、こうなる

Canon60mmMACRO14

全体像

Canon60mmMACRO16

上から見るとご覧の通り。違和感は無い。カッコいいが、フードを着けると途端に表情が変わる

Canon60mmMACRO17

これだ。

カッコいい。ハッキリ言ってオレも欲しい。が、70mmのマクロを持っているのに、60mmのマクロを買うほど、俺もアホじゃ無い。だから、我慢する

寄ってみた写真「60mmマクロ」

まずは、60mmマクロで寄ってみた写真を撮ってみた

キヤノンのレンズキャップを対象物としてみた

Canon60mmMACRO09

ここまで寄れる

Canon60mmMACRO10

少しでもピント合わせの部分からズレるとボケるのが特徴だ

Canon60mmMACRO18

↑こんな感じで限界まで寄って撮っている

寄ってみた写真「タムロン16-300mmマクロ」

次に、タムロン16-300mmマクロで寄った写真を撮ってみた。対象物は同じである

Canon60mmMACRO11

これが限界の寄りだ

「マクロ」とは書いてあるが、オマケ的な機能であることがわかるだろう。やはり、単焦点のマクロは最強だ。メッチャ寄れる

Canon60mmMACRO19

↑ホッキ貝モード全力で限界まで寄ってもここまでしかアップにできない。いかにマクロレンズが「寄り」に強いかがわかるだろう

60mmマクロで花を撮ってみた

F2.8

Canon60mmMACRO13

ボッケボケだ

真ん中にピントが合って、他がムチャクチャボケてる

F5.0

Canon60mmMACRO15

さっきよりは良い感じボケが調整されているが、真ん中にピントが合っていないのもわかる

マクロはどこにピントを合わせるかで写真が大きく印象変わるので、面白さもあるが、難しさもある

だいたいの人は「真ん中にピントが合うのが普通」と思っているので、この写真(真ん中の部分が凹んでいる)は私的には難しいんじゃないかと思う。この辺はプロカメラマンのカメ仙人に聞いてみたいところだ

F11

Canon60mmMACRO12

F11にすると、全体的にピントが合うのは当ブログの読者であればご承知の通りだと思う

ただ、マクロの魅力は「F2.8の驚異的なボケ」だと私は思っているので、F5.6でもいいのだが、個人的にはボケボケで撮りたいというのはある

しかし、サンプルレビューなどの「広告写真」の場合は、当然だが商品全体にピントを合わせる必要もある

故意に真ん中だけにピントを合わせて、印象的な写真にするということもあるが、イメージを損なわないように写真を撮り、かつ、印象的にするというのは思ったより難しいので、カメ仙人のアドバイスを受けながら私もちゃぼPも写真を撮っているところだ

マクロを買おうと思った理由

マクロを買おうと思った動機(by おこPの原文)

・子どもの手や口などにもっと寄って撮りたい!

・24〜60mmの単焦点レンズをいつか買おうと思っていた!(部長さんとたけPさんはパンケーキを持っているので)

・理科野郎なので望遠鏡(Tamron16-300mm)の次は、顕微鏡(マクロレンズ)がやっぱり欲しい!

おこPがマクロを買ったであろう理由(by 部長の予想)

・部長とちゃぼPの写真を見て、買わずにいられないから

・気付いたら、マクロの作例ばかり見ていて、夢にも出て来るから

・部長とちゃぼPがマクロを買っているのに、自分だけ買わないのはスタッフとしての心意気に欠ける

・男だったらグイッと寄りたい

・気付いたらDOしていた

迷ったライバルレンズ by おこP

Tamron 60mm

同じ焦点距離でこちらの方が新しいレンズです。

しかも銘玉タムキューの遺伝子を受け継ぐレンズのようで、1万円弱安くリーズナブルです。

実際に触ってみましたが、オートフォーカスの速さがCanonの方が速かったです。

Canon60mmは超音波モーターなので、静かで速い。

マクロ撮影よりも、子ども写真の方が多いので、純正に軍配。

Tamron 90mm(古いの)

銘玉タムキューですが、レンズがホッキ貝仕様で、にゅ〜んと伸びます。

Canonはインナーフォーカスなので、伸びません。

したがって純正に軍配。

Tamron 90mm(2016年2月25日発売)

手ぶれ補正があり(純正にはない)、オートフォーカスも超スピード、そして銘玉タムキュー。

かなりいい感じでした。

gori.meでも紹介されてました。。。

でも、90mmは厳しかったです。

かなり反ります。

部屋の中では子ども追いかけられないと感じました。

Canon60mmはAPS-Cのみ対応なので、自分がフルサイズのボディを買ったときには、買います!

それまでに腕を磨きます。

部長注

おこPはタムロン野郎なので、「SIGMA」という選択肢は彼には無い事を確認して欲しい

部長のまとめ

いかがだっただろうか?

ちなみに、私はカミソリマクロと、SIGMAの17-50mmを持っているが、1つ気付いたことがある。それは「フラッシュが自動で出なくなる」ということだ。これ、何か設定があれば教えていただきたいのだが、自分でポップアップしないとフラッシュ撮影ができない

あと、おこPもタムロンの60mmマクロで書いているが、オートフォーカスの早さは純正が一番である。これは、g.O.R.iさんにもMessengerで確認した。純正の単焦点はマジでAFが爆速らしい。と言っても、g.O.R.iさんの単焦点は、メッチャ名器とカメ仙人も認める赤レンズなので、値段も超ド級であるが、今回おこPが買った60mmマクロでも、十分に「純正ならではのAF速度の恩恵」というのは享受できるようだ

多分だが、純正なので、フラッシュも自動でポップアップされることだろう。多分だが。

ちなみに、g.O.R.iさんは単焦点を純正のキヤノン製で購入した理由の1つに「AFの早さ」を挙げているのだが、AFの早さは、「モデルさんの撮影」では非常に重要だと言われて納得した。

確かに、子供達を撮る場合、カミソリマクロの画質は素晴らしいのだが、いかんせん、AFが遅いのだ。

あ!と思った瞬間に、ナイスな子供の表情は変わっていることが多い。それを考えると、限られた時間で良い写真を撮る必要のあるg.O.R.iさんの場合、モデルさんの撮影には「あ!」と思った良い表情、ポーズの写真を瞬間的に捉える必要があるのだろう。そういう点では「純正レンズのAF速度」というのは大きなアドバンテージなのだと思う

 

え?

俺もキヤノン純正のマクロ買えってことか?

ムーン。ちょっと考えさせて下さい・・・。

レンズ記事のリンク

【レビュー】Canon純正ポートレートレンズ「EF85mm F1.2 II USM」で茜さやさんを撮ってきた!
最高のポートレートレンズを買ったからには素晴らしい被写体を撮影したいということで、今回、現役グラビアモデル茜さや(@sayahana1)さんにご協力して頂いた!女の子らしい茜さんを「EF85mm F1.2 II USM」ならではのボケ味を最大限活かした写真を撮ることができたので、サンプルとして一部紹介しておく!

↑g.O.R.iさんの、赤レンズ・キヤノン純正単焦点レンズはこちらから!

SIGMAの「カミソリマクロ」SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGが超絶ヤバい!
SIGMAの「カミソリマクロ」SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGが超絶ヤバい!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 2016年一発目のメッチャテンション上がるレビューは、兼ねてからヒガシーサー師匠に相談し...

↑部長購入のカミソリマクロ

カミソリマクロ「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」で24mmと写真を比較してみた!
カミソリマクロ「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」で24mmと写真を比較してみた!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です カミソリマクロを購入し、毎日撮りまくっているわけですが、「24mmとどう違うのか?」という...

↑カミソリマクロと24mmの作例

カミソリマクロ「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」でのポートレート撮影
カミソリマクロ「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」でのポートレート撮影
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 結構お問い合わせの多い「カミソリマクロの作例」ですが、まあ、私、素人ですが、色々撮影...

↑カミソリマクロのポートレート撮影

【レビュー】Nikon 40mmMicroはガジェットブロガーに最適レンズだ!
こんにちは。ちゃぼP(@chabo0429)です。 部長に日々Messengerで勧められていたマクロレンズで&

↑ちゃぼPの40mmマイクロニッコール(Nikonはマクロレンズを「マイクロ」と呼ぶ)

【初心者デジイチ部】商品(レビュー)写真の照明は横長LEDライト+コピー用紙レフ板でバッチリ!
【初心者デジイチ部】商品(レビュー)写真の照明は横長LEDライト+コピー用紙レフ板でバッチリ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 今日は、プロカメラマンのカメ仙人オススメの「商品撮影用ライト」を紹介します!メッチャ使え...

↑レンズの次は照明だ。写真は照明で決まると言っても過言ではないくらい照明は重要。カメ仙人オススメライトはこちらから!

これで、部長、ちゃぼP、おこPと3人がマクロ野郎になった

しかも3人ともマクロレンズのメーカーが違うといった、集合したときに作例の違いを記事で出せるという素晴らしい環境ができたのは良いが、集まれるくらい近所に住んでいないので、まあ、今年中に一回くらいは集まって撮影会でもやってみたいと思う

商品紹介のレビュー記事では、絶大な威力を発揮するマクロレンズ

ぜひ、あなたもお気に入りの一本が見つかることを、我々ブログスタッフ一同願ってやまないところだ

また、おこPからの熱いマクロ撮影レビューを待ちたい。たぶん、iPhone SEのレビューが届くことだろう。ご期待あれ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索