SIGMAの「カミソリマクロ」SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGが超絶ヤバい!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

2016年一発目のメッチャテンション上がるレビューは、兼ねてからヒガシーサー師匠に相談していた「私にお勧めのレンズ」だぜ!

スポンサーリンク

24mmで満足していたけど、ヒガシーサー師匠には勧められていたレンズがあった

ぶっちゃけ、EOS 70D+24mmで満足というか、コレで練習しようと思っていました

Avモードも使い始めたばかりだし、構図とかもスゲー難しくて、なかなか良い写真って大変ですよね。ええ。私、初心者なのでね。

でも、ヒガシーサー師匠は、私の次のステップアップとして「レンズ」を買うことを提案していただいたんです

最初は、別のレンズだったんですけど、ヒガシーサー師匠も、ウチのブログ読んで頂いているみたいで、ドーンと一本紹介されました

部長さんのあの撮り方と、EOS 70Dなら「SIGMAのカミソリマクロ」が絶対オススメです!

カミソリマクロ?

良くわからないので、調べてみました。そもそも、「マクロレンズ」って何?って所から始まって、師匠に色々相談しながら、ネットでも情報収集を進めました

「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」レビュー。カミソリマクロとも呼ばれる驚くほどシャープなマクロレンズ。
SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGを購入しました。タイトルにも書いてますが、「カミソリマクロ」なんて異名を付けた人がいるほど、シャープな写りをしてくれるレンズです。

このサイトが非常に参考になりました。

海の写真を見て、鳥肌が立ちました。マクロレンズって「目の前の小さいモノを撮る」と思っていたんですけど、どうやら違うみたいです

そもそも、ヒガシーサー師匠のオススメ神レンズ1位であるTAMRONを、おこPが買ったわけですけど、アレも、望遠なのにマクロというレンズです

【レビュー】TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD MACROが望遠マクロでステキ!
【レビュー】TAMRON 16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD MACROが望遠マクロでステキ!
★追記 大変です。このレンズ、ヒガシーサー師匠のブログで「神レンズ1位」に輝くとんでもないレンズでした・・・。 こんにちは。部長ナビ...

コレ一本で、「接写」から「望遠」まで全部いけるようで、この間撮影会に行って来たおこPがスゲー絶賛していまして、実は、コレ、内緒なんですけど、たけPもこのレンズ買うかもしれません。内緒ですよ。ええ。秘密です。極秘ね

いくつかサイト見ましたが、シグマのカミソリマクロは、見れば見るほど「カミソリ」の相性の通り、キレッキレの写真がバシッと撮れるみたいで、24mmでも良いんだけど、カミソリマクロで撮って欲しいなぁ・・・、と提案頂きまして、調べることにしました

レンズ名「SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG」を調べた

これ、もう売ってないんです・・・。

で、それをヒガシーサー師匠に言ったら、師匠もレンズは程度の言い中古を良く購入されるらしく、特に中古でも問題無いと言われ、ある程度決まりました

私も、レンズを変えることで、チョット良い写真が撮れるようになると嬉しいなぁと思って、最近、デカい買い物もしてないので、奮発して、行ってみっか!と思って探したら、

 

ない・・・

 

そう。中古、無いんです。全くない。

偶然ネットで見つけて、即交渉!

年末、偶然見つけまして、こっそり話を進めました。ええ。極秘です。こっそり進めました

新年、無事に到着!傷、汚れ、カビ、埃一切無し!最高の極上品をゲット!

じゃ、いくぜ!

カミソリマクロ13

これが、SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGを装着したEOS 70Dだ!な、なんてカッコヨスなんだ!

注意して欲しいのは、「マクロレンズなのに超絶長い」という「男塾使用」だ!ふぬけには使いこなせないこのレンズは、「腕」の前に「熱い気持ち」が重要だ!

カミソリマクロ14

よくわからんが、メッチャカッコいい(笑)!さすが、師匠オススメのレンズだ!

カミソリマクロ15

側面には、「LIMIT」と「FULL」のスイッチがある。FULLで使っているが、よくわかっていないので、後で師匠に聞いてみよう

問題は長さと重さ

カミソリマクロ17

男塾使用のSIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGは、標準装着でも、奥にある「ズームレンズ」とほぼ同等の長さで、しかも重い。完全に「筋力トレーニングレンズ」だ。まさに男!

カミソリマクロ18

いつも使っている24mmと比べるとその長さは明らか。マジで長い。そして、重い

まさかのホッキ貝仕様!

カミソリマクロ16

SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGはまさかの「ホッキ貝仕様」で、ピントを合わせると、なぜかニューンと内側から何か熱いモノが出て来る

望遠よりはるかに長いので、コレ、大丈夫なのか?って思うが、このホッキ貝がポイントだと、後で知る。ああ。男にホッキ貝レンズは必須だ!

カミソリマクロ08

ちなみに、普通に撮影していて、「アレ?カツカツ言ってるな?」って横から見ると、こんな感じで、ホッキ貝が被写体にぶつかる寸前と言うことが良くある。

というか、男ならぶつかってからが勝負なので、コレで問題無い。マクロレンズなので、ガンガン近づきたいところだ!

何枚か撮ってみた!

SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DG、通称「カミソリマクロ」で撮ってみた写真を紹介する!

もちろん、ド素人の写真なので、ショボいと思うが、「カミソリの切れ」が少しでも伝われば幸いである。写真に問題があれば後で削除するので、師匠に伺いたいと思う

カミソリマクロ02

Tweetbot 4に1点AFで合わせると、F2.8だとこうなる。周りのボケ方がヤバすぎる

カミソリマクロ01

今度はアイコンに合わせてみた。こっちは何となくあってる感じだ。こんなに寄れるのはマクロレンズならではのような気がする(たぶん)

カミソリマクロ03

棚にあった鉛筆削りを一枚

ちょっと離れていてもこんな感じでシャキッと撮れる。後ろのミカンの感じがまたナイス

カミソリマクロ04

外に出て1枚

洗濯ばさみにピントと合わせたらこうなった。これが良いのかどうかよくわからないが、後ろのボケ方と、洗濯ばさみのシャープさに自分でビビった

コレが、マクロなのか・・・と思った瞬間だった。

カミソリマクロ05

お気に入りの一枚

小学校で育てた花はすでに冬なので枯れているが、植木鉢にバシッとピントが合って、後ろの壁、そして、さらに後ろの街の景色が見事なボケ具合だと思う

普通に撮ってこんな感じになるのだ。カミソリマクロ、恐るべしだと思う

カミソリマクロ06

山を撮ると、こうやって、普通に撮れる。コレ、普通だよね。

マクロレンズだけど、こうやって撮ることも可能だ

カミソリマクロ07

イオンも撮ってみた

うーん、普通のような気がする。どうですか?

カミソリマクロ09

24mmを接写。メッチャ寄ってます

カミソリマクロ10

望遠レンズの後ろにビデオ置いて撮影

カミソリマクロ12

メッチャ接写

この大きさで撮れるのは普通にスゴいと思う

結論とナイスな点・問題点

ハッキリ言って、写真はまだあまりたくさん撮ってないが、なんかヤバい気がする

「カミソリマクロ」の異名を取るSIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGを使ってみて分かったのは「なんか24mmと違う」と素人目でもわかると言うことだった

何がどう違うのかは詳しい方のブログに任せるとして、今後全てのレビュー写真は、SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGで撮影することになるので、おたのしみに

問題点は以下の通り

・当然だが、24mmより重い。異常と思えるほど重い。24mmが軽すぎるということもあるが・・・

・長い。メッチャ長い。ホッキ貝モードはビックリする

・うるさい。スゲーうるさい。全力でうるさい。いかに24mmが静かかと言うことを痛感する

・70mmのレンズなので、24mmと同じように撮ろうとすると、入りきらない。結構離れて撮る必要があることに気付いた。コレがまだ慣れない

ナイスな点は以下の通り

・なんか、スゲーヤバい

・シャキッと具合が半端じゃない気がする

・メッチャ寄れるのが、そういう写真が好きな私にビンゴ

・ヒガシーサー師匠オススメのレンズだけあって、マジで買って良かった!

こんな感じだ

師匠には、また、色々写真を見ていただいて、修行を積み重ねたいと思うが、すでに、アップしたモノとしては、HyperJuiceの最初の写真、アレはSIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGで撮影しているので、微妙に24mmと違ってナイスな写真と思っていただければ光栄である

HyperJuice100WでMacBook Pro 15インチを充電〜%のみ検証〜
HyperJuice100WでMacBook Pro 15インチを充電〜%のみ検証〜
【追記】今回の記事は「%がどこまで回復するか」に観点を絞ったモノです。 ↑「充電接続時」も計測した「実稼働時間」での検証です。結論として...

では、今後、SIGMA Macro 70mm F2.8 EX DGでガンガン撮影していくので、ヨロシク!

すでにかなり撮影しているけどヤバいぜ!カミソリマクロ、ヤバいぜ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索