【レビュー】EOS M3は小型、軽量でデジイチと同等以上の画質を誇る高性能ミラーレスカメラだ!F値、露出の補正も簡単!タッチシャッター最強!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

↑男達の熱いドラマも最終回を迎え、無事、部長、おこPがEOS M3をゲットした

これで、スタッフ全員がEOS Mシリーズを持っていることになる。部長、たけP、カメ仙人、おこPがEOS M3、ひこPがEOS M2だ。

今回は、部長が購入した「中古版」だが、プロカメラマンのカメ仙人がチョイスしてくれたEOS M3ダブルレンズキットを紹介しよう

とんでもねえぞ!んじゃ、行くぜ!

スポンサーリンク

外観、開封!

EOS M315

マップカメラ、マジ最強。今回もステキな商品をありがとう!

ちなみに、僕の持っている60mmマクロも中古だ。マップカメラでカメ仙人が見つけてくれた

【レビュー】部長のキヤノン60mmマクロレビュー・カミソリマクロと比較!インナーズーム、AFの速度にビックリ!
【レビュー】部長のキヤノン60mmマクロレビュー・カミソリマクロと比較!インナーズーム、AFの速度にビックリ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 熱い連載「男達のマクロ」も無事終了し、情報解禁となりました。今回は、「キヤノン60mmマ...

↑60mmマクロについてはこちらから!

EOS M316

内容物はこちら

左から「18-55mm」「本体」「22mm」「ストラップ」だ

まだ、この時点では、小ささはわからないだろうが、ちょっと待ってくれ

物事には順番がある。最初からクライマックスだと、大変なことになるから

EOS M318

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMと並べてみるだけで、いかに「本体だけじゃ無く、レンズまで小さいか」がよくわかるだろう。まあ、SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはデカいのだが、それにしたって、EOS M3は驚異の小ささだ

EOS M319

本体外観

素晴らしい小ささだ。ビビる

EOS M320

ミラーレスなのに、グリップがちゃんとあるのが素晴らしい

思ったより、全然持ちやすいが、ミラーレスを買う理由はそこには無い。とにかく「軽い」「かさばらない」のが一番だ。それでいて、画質が素晴らしい。それがEOS M3

EOS M321

背面液晶に、小さく「EOS M3」の文字が

さりげない演出に、全CANONユーザーが泣いた

EOS M323

モードダイヤルは安定の「Avモード」固定で使っている。っつーか、これ以外の使い方を知らない

後でカメ仙人に教えてもらうことにしよう

EOS M322

コレが素晴らしい「露出専用ダイヤル」だ

露出というのは「明るさ」に関係する設定項目なのだが、写真が暗いと、サンプルレビュー等では「商品自体が暗いイメージ」になりがちだ。提供してもらっている以上、それではマズい

だから、露出をしっかり変えながら、良い感じの明るさで写真を撮るのがポイントだが、このダイヤルが独立しているのが素晴らしすぎる。全俺が泣いた

EOS M337

シャッターボタンの周りにあるダイヤルは、なんと「F値」が変えられるダイヤルだった

マジかよ!マジなのかよ!

完璧すぎるぞEOS M3!素人ブロガーには最強のこの機能!たまらん!全俺が失神!っつーか、コレがあるから、買ったのだが・・・

EOS M324

背面液晶横のボタン類はこんな感じ

もう、だいぶ使っているけど、特に問題は感じない。このサイズでも問題無いってことだ。ポイントは「露出」と「F値」だと素人ブロガーの僕は思っているし、ウチのブログの写真を見て「結構良いよね」って思う人は、F値と露出が変えられるこのEOS M3はマジで買いだ

EOS M325

バリアングル液晶はこんな感じになり、ローアングル可能。赤ちゃんのハイハイとかも安定の撮影角度だ!

EOS M328

自撮りもオーケー!

撮らないけど(笑)

レンズ装着!22mm最強伝説!

22mmは歪むのだが、まあ、別に外で気軽にスナップを撮るのには問題無いだろう。グルメレビューも楽しく、気軽に撮れるのが一番

歪みなんて気にせず、バシバシ撮ろう!それが、22mmのコンセプトだと思う

EOS M330

ハイ来ました。

まるで何も付けていないかのような22mmの出で立ち。たまらん!

EOS M329

横から見ても、そのサイズ感はため息しか出ないコンパクトさ

た、たまらん!

EOS M339

この存在感、ミラーレス、恐るべし

EOS 70Dと比べてみた!

僕のメインカメラであるEOS 70Dと比べてみた

EOS M334

真横から撮ると、メインの60mmマクロを付けたEOS 70Dと比べて、こんなにEOS M3は厚みが無い。言うなれば、EOS 70Dの本体とほぼ同じ厚みで、EOS M3は22mmまで装着した厚みが終了しているのだ

Oh、なんてことだ。

EOS M332

整列させると、その差は明らか。親子のようだ

EOS M331

この角度で撮っても、EOS 70Dがいかにデカいか、そして、EOS M3がいかに小さいかわかるだろう

EOS M333

上から撮ると、やはり、EOS 70Dの小窓が目立つが、EOS M3のコンセプトから考えると、ミラーレスに小窓は不要。使い分けが重要なのだ

EOS M335

背面液晶自体の大きさはそれほど変わらないが、その周りのパーツの大きさが全然違う

EOS M340

手前にEOS M3を持ってきて、遠近法っぽく撮ってもダメ。とにかく、EOS 70Dはデカいのだ

持ち運ぶなら、EOS M3マジ最強

背面液晶での操作感

気になるのは「小窓無くても大丈夫なの?」ってことだと思うが、ああ、問題無い

EOS M336

こんな感じで、背面液晶の下部にF値と、露出がいっぺんに表示されるのだ。まるで問題無い、全く問題無いのだ

液晶保護フィルムを貼った

長く使うので、液晶保護フィルムを購入して貼った

EOS M309

セットするのはいつもの「WHOOSH」だ。後は、ホコリ取りローラー

【レビュー】WHOOSH!がヤバすぎる件!一発でメガネや色々な液晶の汚れが取れてビックリ!
【レビュー】WHOOSH!がヤバすぎる件!一発でメガネや色々な液晶の汚れが取れてビックリ!
この記事は2016年1月20日に公開されたものを追記・編集したものです こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080...

↑WHOOSHはこちらから!

EOS M308

とりあえず、WHOOSHで綺麗に拭く。コレ、超大切

EOS M310

そして、ローラーでホコリを丁寧にとって、それから貼付だ

EOS M312

良い感じに貼ることができた。コレで長く使うぞ!

タッチシャッターがヤバい

EOS M305

カメ仙人に教えてもらったのだが、EOS M3はタッチシャッター搭載で、液晶を触ると、そこにピントが合うと勝手にシャッターが切れるという仕組みを持っている

コレが非常に便利。マジ便利。超絶便利だ

実際の作例!

EOS M304

モバイルスピーカーのあの写真、アレはEOS M3で撮影した。22mmだ

EOS M302

白が多いとちょっと暗くなるので、露出補正がやはり必要だと感じた

僕は「後でPhotoshopで補正」はほとんどしない。面倒だからだ

EOS M306

ガストで1枚

こんなにキレイに、フワッとしたボケで撮れるのは、EOS 70Dとほぼ同じセンサーを積んでいるからだ

EOS M307

先日出したこの写真も、EOS M3で撮影。22mmだ

素晴らしいボケ感に誰もがEOS 70Dだと思うだろう

まとめ

EOS M301

EOS M3は、小型、軽量なのに、操作感抜群で、画質も素晴らしいマジで使える「外に持ち出したくなる」カメラだ

当然AFのスピードとか、実際のサンプル提供商品の撮影では、EOS 70Dに勝つポイントはほとんどないと感じているが、でも、外に持っていって家族の写真を撮る、料理の写真を撮る、そんな色んな「普通の場面」において「iPhoneよりちょっと大きいけど、iPhoneには撮れない写真が撮れる」というのがミラーレスの最大の魅力なのでは無いだろうか?

僕はこれから、EOS 70DとEOS M3を使い分けていくつもりだが、メインはそれでもEOS 70Dであることには変わりない。EOS 70DのAFはやはり最強。マジでヤバすぎる。行事写真はこれからも、EOS 70Dで撮るだろう

要は「使い分け」

僕のようなブロガーにとって、写真は文字と同じくらい大切な「伝える手段」となる

その写真を気軽に高性能で撮れるEOS M3は、僕の新しい相棒として、部長ナビのページにふさわしいと強く感じている

これからもヨロシク。

一人でも多くのカメラ好きな方に、EOS M3の素晴らしさが少しでも伝われば幸いである。EOS M3、最高!

↑部長購入の18-55mm、22mmのダブルレンズキットはこちら!

↑液晶保護フィルムはこちらから!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索