【レビュー】EOS M2をひこPが買った!衝撃のAvモード搭載、驚愕の写真紹介!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

当ブログスタッフ「ひこP」がEOS M2を購入したので、開封と、写真を紹介したいと思う!衝撃だ!

スポンサーリンク

外観、開封!

EOS M209

届いたばかりのEOS M2、Amazonのセールでゲットだ!しかも、キャンセル待ちでのゲットに嬉しさは倍増!

EOS M208

取り出してもう1枚

よく見ると、「18−55」の標準レンズと、「22」って書いてあるので、これ、単焦点だ。F値が気になるところだが、調べたら、「F2」だった。ヤバい。俺のEOS 70Dは24mmを標準装備で使っているが、これは、「F2.8」なので、F2ということは「より後ろがフワッとボケる」ということだと思う。F値が高いと広い範囲でピントが合うことを知ったので、より、F値が低いこのレンズは、素晴らしくボケを生かした写真が撮れるのではないかと言う、一種の「恐怖」を感じた瞬間だった

EOS M207

コレがセット内容らしい

後ろの標準レンズは思ったより大きいと思ったのだが、たぶん、EOS M2自体がすごい小さいのでそう見えるだけなのかもしれない

EOS M202

ひこPのiPhone 5sと比べたEOS M2の大きさはこの通り。衝撃のサイズだ。5sよりこんなに小さいのか・・・。

しかもコレ、よく見ると22mmを装着している。なんてことだ・・・

EOS M205

ダイヤルと上の部分はこんな感じだ。当然、EOS 70Dと比べると、本体が小さいので最小限のダイヤルしか無いのだが、サッと写真を撮るだけなら、何も問題無いだろう。ヒガシーサー師匠言う通り「撮りたいカメラで撮る」というのが、私は一番大切だと思う

衝撃のAvモード搭載

【初心者デジイチ部】Avモードで「F値」をいじると、ピントが合う範囲が変わるぞ!
【初心者デジイチ部】Avモードで「F値」をいじると、ピントが合う範囲が変わるぞ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 初心者デジイチ部の記事を今日もやっていきましょう! 今日は、ヒガシーサ...

ヒガシーサー師匠が「レンズを新しく買う前に、まず、手持ちのレンズで練習しましょう」と教えていただいた「Avモード」だが、コレをいじると「F値」が変えられるので、「一部にピントが合う」のか、「全体的にピントが合う」のか、自分で選ぶことができる。コレ、初心者にもかなり使えるモードなのだが、これが、なんと、EOS M2にも搭載されていてビックリ

当然、ひこPはそんなモードなど知らず、「F値ってなんですか?」ってレベルだったが、すでに彼は、数日の撮影でF値をいじる「Avモード」で撮影しまくっている。

EOS M201

師匠に教えていただいた「F5.6だと、商品全体にピントが合った、パリッとした写真が撮れる」という言葉を伝え、標準である「F2」で後ろをボカした写真と、全体的にピントが合う「F5」辺りを使い分けると面白いと教えてあげた

1点AFモードも、Avモードでの露出変更もできた・・・。なんてこった・・・

EOS M201

Avモードの画像だが、左上に「Av」とあり、F値を固定して、ボケ量を調整できるモードが普通にある

最下段の真ん中辺りに「2.0」というのがあるが、これが「F値」だ。コレをタップするといじることができる

その右に「−3から+3」までの値があるが、これが「露出補正」というヤツだ。簡単に言うと「暗い部屋でも明るい写真を撮れる」というモノで、私は部屋が暗く、レビュー商品の写真が暗いときは「+1」位で撮影している。不自然な明るさにならないように気をつけなければいけないが、コレいじるのもかなり楽しい。

ひこPは「カメラ全然わかりません」と言っていたが、すでに、Avモードでバリバリいじって使っているのだ。大丈夫、アナタもイケる。

あと、真ん中に1つ白い箱があるがこれが「1点AF」というモードだ。普通、カメラというのは「多点AF」という事が多く、「近く」のものにピントが合うので、これを1点に固定することで狙ったところにピントを合わせることができる。

【EOS 70D】「1点AFモード」がスゲー使える!初心者でもイケる「Pモード」での設定変更をやってみよう!
【EOS 70D】「1点AFモード」がスゲー使える!初心者でもイケる「Pモード」での設定変更をやってみよう!
EOS 70D大好き!部長ナビ(@nabi_1080)です さて、初心者な私ですが、色々とカメラについてアドバイス頂けるようになりまし...

要するに、「EOS 70Dで「こいつぁ便利だ!」と感じたこと」が全て、EOS M2にはあった。なんてことだ。ああ。大変だよ、奥さん。

さらに、iPad Proとの連携が最強

EOS M204

アダプタを使っているが、USBとLightningをつなぐケーブルを買えば、このように、EOS M2で撮影した写真をすぐにiPad Proで確認できる。コレはスゴい。スゴすぎる

EOS M206

当然、大画面で、画像を見ることができる。家族で写真を見たり、大切な人と一緒に楽しむのも良いのではないだろうか?

ちなみに、ひこPは、11月の段階でiPad Pro、Apple Pencil、SmartKeyboardを買っているので、この写真は何も問題無い(笑)

【レビュー】iPad Pro開封!画面表示が衝撃だ!
【レビュー】iPad Pro開封!画面表示が衝撃だ!
そう。 いつだって、始まりは雨。 俺たちは雨と共に、様々な歴史を刻んできた。そして、2015年11月14日も雨が降っていた ヤツの名は...

実際の写真を紹介!

デジイチとミラーレスの「画質の違い」について、ヒガシーサー師匠に聞いてみたら、衝撃を受けた
デジイチとミラーレスの「画質の違い」について、ヒガシーサー師匠に聞いてみたら、衝撃を受けた
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です Amazonのタイムセールで、EOS M2が爆安なのを見て、一旦心に揺らぎが生じましたが、...

この記事でも書いている通り、デジイチとミラーレスは、積んでるセンサーが同じらしく、画質に大きな差は無いと言うことだった

そこで、実際に「F2」を生かした背景ボケのある写真をひこPに依頼した

EOS M203

まずはこれ、後ろの堅あげポテトが微妙にボケているが、この時点で私は「やっぱり、EOS 70Dだよな」と正直思った

そう、次の写真が来るまでは私は勝ったつもりでいたのだ。

いくらセンサーが同じでも、写真がEOS 70Dと同様に撮れるはずなどない。ひこPには悪いが、コレが現実だ。やっぱり彼は8000Dを買うべきだった

そう感じた瞬間、歴史が動いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃のF2。これがEOS M2の実力だ

EOS M202

ぐあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

なんじゃこの写真は!

マジか!マジか!35000円でレンズ2本付いた激安で、しかも型落ちのミラーレス(iPhone 5sより小さい)でこんな写真が撮れるのか!

うわあ・・・。マジか!

手前のヘッドホンの文字はクッキリ読める、パリッとした感じなのに、後ろはフワッとボケている。なんとも言えないこのボケ感が、まさに「EOS M2」の実力なのだろう

そうだった・・・。EOS 70Dとセンサーが同じなので、画質に大きな差はない。そう言われていた

コレが現実か・・・

マジか・・・。

結論

確かに、替えレンズや、AFの速度、持ったときの安定感等、デジイチに劣る部分は当然あると思うが、Avモードがあって、F値と露出をいじれて、1点AFが使える時点でヤバいと思ったが、これほどとは思わなかった。

うわあ・・・

35000円か・・・

あ、タイムセール終わってる・・・

マジか・・・

俺はどうすれば良いんだGOD!

は!

EOS M3ってのがある!

は!

イカンイカン・・・。また病気が・・・。

以上、ひこPが購入した、ミラーレス、EOS M2の開封レビューでござんした

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索