Eyeーfiメッチャ便利!(Wi-Fi機能付きのSDカードで一発でiPhone5Sに写真転送!)

昨日、InstantHotSpotの関係で
色々とiPhone5Sの設定を見ていたら
「flicker」って設定項目があって
何じゃこりゃ?と思って
早速ネットで調べてみたら

あら、コレ、大変なことになってるじゃないの・・・

無料で1TB(1000GB)の写真用クラウドストレージサービスだってさ

んで
それはそれで良いんだけど
ネットでよく見るのが
「デジイチで撮った写真をEyeーfiでiPhoneに転送して、そこからflickerにアップ!」
っていう記事です

Eyeーfi?

よく見てみると
簡単に言うと「Wi-Fi機能が付いたSDカード」なんです
コレをデジイチに突っ込んでおくと、
普通、デジイチで撮った写真をパソコンに移すには
USBケーブルつないで、ユーティリティソフトインストールしてやるか
SDカードを取って、パソコンに差して(今のMacBook Proがこの状態)
んで、また、SDカード抜いて、デジイチに差して、撮影再開
みたいな感じなんですよ
コレがですね

Eyeーfi使うとどうなるかっていうと

1 Eyeーfiをデジイチに突っ込む
2 iPhone5Sでアプリインストールして、Eyeーfiを登録しアクセスポイントとして認識
3 写真を撮る
4 iPhone5SでWi-FiでEyeーfiを選択すると、勝手にiPhone5Sに転送開始
5 iPhone5Sのカメラロールに写真が登録
6 自動でPhotoストリームに入るので、MacBook Proでも見れる

スゲー!
コレスゲー!

マジでスゲー!

んで
コレは買いでしょ!ということで
昨日の病院の帰りにPCデポで買ってきました

これです
クラス10と言う非常に高速なモデルみたいで
Eyeーfiの「mobi」というモデルです
値段は4500円と、ちょっと高いですが
コレでSDカード二度と抜き差ししなくて済むので、非常に楽ですね

とにかくね、
iPhone5Sに転送されるのは、それはそうなんだけど
PhotoストリームでMacBook Proですぐ見れるようになるのが超絶便利!
コレがマジですごい!
コレ、考えた人、天才だね。

もちろん
撮ったその場でWi-Fi環境関係なく転送出来るので
(外でもEyeーfiのカードそのものがアクセスポイントになってくれるので、そのままiPhone5SにWi-Fiでつなげるのよ。コレがスゴいよね)
いつでもどこでもつなげます
あっという間に転送も終わるし、スゴいね、マジでコレ

flickerについては別記事で書きますが
とりあえず、Eyeーfi、メチャクチャスゴいです
こんなのあるんだねー

Androidで使えるかどうかは見てませんが
iPhoneではバリバリ使えますので、写真バシバシ撮る方
Macで写真整理している方、動画をデジイチで撮る方
(もちろん、動画もWi-Fiで高速転送!)
もうね、皆さんにお勧めですよ。本当に。

最後に
本文とは全く関係ありませんが
デジイチで撮った、テスト写真を載せておきます
EOS kiss x6iで撮った写真が本当にEyeーfiからiPhone5Sに行くのかテストしたら
MacBook Proにも行くことがわかって驚愕した貴重な写真です(笑)

コレ、一枚目
作業デスクですね

コレ、2枚目
商品紹介動画や、写真を撮るときに重宝する
クリーム色のカバー付きのソファです

コレがね
Wi-Fiを選ぶだけでサクッと転送されますので
んで、
MacBook Proにも、すぐに共有されますので
もう完璧ですね、
後はflickerです

コレは、まだ登録してないので、
明日以降に使ってみてから記事にしますね
何と言っても1TBの容量で無料ですからね
iPhone5Sの設定の中にflickerって項目がある位なので
もう、
iPhone使いの人には当たり前のサービスなんでしょうね

もう少し調べて、Windowsの写真もバックアップしてみて
フォルダ分けの使い勝手とか色々試してみたいと思います

まあ、でも、
MacBook Pro用に外付けのバスパワーの2TBのHDDはAppleStoreで買うけどね
バックアップ用と動画移動用ね。
それは買います。15000円位だしね。
でも、写真はflickerで良いかなーって思ってますので
(Googleドライブにもバックアップ取ってあるし、USBメモリにもバックアップ取ってあるけど・・・)
とにかく、フォルダ分けがどうなるのか
使ってみてお伝えしますので、お楽しみに~

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索