Simplicityで親テーマをのファイルを子テーマにForkLiftで移す方法〜子テーマでカスタマイズ!〜

こんにちは。WordPress初心者の部長ナビ(@nabi_1080)です。日々カスタマイズ頑張っております!

さて、Simplicityのカスタマイズについては、色々な記事を書いておりますが、結局コレって「親テーマ」いじることが増えてきまして、コレ、結構重要なことなんです

スポンサーリンク

親テーマと子テーマ

そもそも、親テーマと子テーマの違いをわからないと言う方もいると思うので、そこから説明したいと思います

親テーマというのは、Simplicityそのものを差しまして、私が今使っているのは「Simplicity1.9.2」です。最新バージョンは、1.9.3ですが、アップデートは見送っております。それはなぜか、Simplicityのアップデートというのは、基本的に「親テーマ」が頻繁にアップデートされ、それを適用するので、当然、わいひらさん(作者)の作った最新版には、私のコレまでやってきたカスタマイズ情報は載っていません。まっさらな親テーマとなりますので、「また、一からコードをブチ込む」事が必要なんです。コレが、結構大変

最近、ちゃぼPのアドバイスで、かなりカスタマイズしているので、「これ、アップデートどうするんだろう・・・」と正直思っていました

これに対し、「子テーマ」ってのは、ほぼ、何もない、まっさらなただのファイルです。皆さんが今目にしているのは「子テーマ」になりまして、「Simplicity child」という名前です。子テーマの特徴は「親テーマの内容を引き継ぐ」「子テーマのカスタマイズ内容が優先される」ということです。

先日公開した、子テーマ用のカスタマイズコートですが

【WordPress】Simplicityのカスタマイズまとめ
【WordPress】Simplicityのカスタマイズまとめ
この記事は2015年11月24日にSimplicity1でアップしたものを、「Simplicity2」版として再編集、再アップしたもので...

これね。

これは「子テーマ」に入れることで、効果を発揮します

ただ、子テーマは全てのファイルがあるわけではなく、限られたファイルしかありません。で、子テーマは中身がスカスカなので、ほとんどアップデートがないんです。コレ、ポイント。

先日のSimplicityアップデートも、親テーマはアップデートしましたが、問題無く復活できたのは、カスタマイズコードを全て子テーマに書いていたからなんです。コレ、重要。親テーマはなるべくいじらないようにしようってことね。Simplicityの親テーマアップデートは本当に頻繁なので、スゲーナイスなんですが、親テーマいじると、後で大変です。

んじゃ、子テーマに、カスタマイズしたファイルを移動すれば良いんじゃねえの?って考えた結果

親テーマじゃなくて、子テーマに「single.php」とか、「entry-content.php」とかあれば良いのになーと思って検索したら、簡単に見つかりました。そうです。「移す」事をすれば良いのです。なるほど、その考えはなかった。

っつーわけで、やってみたので、ご紹介!

まずは、ForkLiftをブチ込め!

師匠のg.O.R.iさんお勧めのFTPアプリ(ファイルをサーバにアップロードしたり、ダウンロードしたり、直接やり取りできるアプリ。マジで必須)である、ForkLiftをまずはブチ込みましょう。Finderライクな見た目で非常に使いやすいです。

【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ! 部長ナビ(@nabi_1080)がWordPressでブログを更新するために欠...

アプリの説明はこちらから!

手っ取り早く導入したい方はこちらからどうぞ!

よし、準備は良いか?行くぜ!

まずは、ForkLiftで、WordPressのファイルを置いているサーバにアクセス。テーマから、Simplicityを選んで、一旦Macに保存!

IMG_3054

左がサーバーだ。右の上に「ダウンロード」「Simplicity-child」「from Simplicity」とあるが、これは「自分で作ったMac上のフォルダ」である。

サーバーの中に、phpファイルがあるので、欲しいファイルをドラッグすると簡単にMacにコピーできる。素敵だ!

今回は、色々いじった、写真の4つのファイルを子テーマに移すことにした

次に、サーバーの「Simplicity-child」のphp置き場にこれらのファイルをブチ込む

IMG_3055

左のサーバの画面を「Simplicity-child」に変更し、このように、「CSS」「php」ファイルがある場所を指定する(上の赤い枠を見れば一発だ)

で、Macからサーバーにドラッグすると、簡単にコピーすることが出来る。

コレで終わりだ。子テーマに、ファイルが入ったことになる。

逆に言うと、子テーマは、ご覧の通りのファイルしかないのだ。CSSとphp合わせて、コレしか無い。親テーマは100個近いファイルがあるんじゃないかってくらい大量にあるのだが、子テーマは「カスタマイズ用、表示用で、基本的に親テーマの内容を引き継ぎます」と言う仕様のため、多くの人がカスタマイズするであろう最低限のファイルしかないのだと思う

Twitterで教えていただいたのだが、heder.phpにファイルをブチ込みたい時は、子テーマの「header-insert.php」にブチ込むと良いらしく、それを実際に先日のアップデートで使った。親テーマいじっていたので、目から鱗である。

すると、子テーマの表示が変わる

IMG_3056

今まで、親テーマでしかカスタマイズできなかったし、ファイルが多くて、探すのも大変だった、この4つのファイルが子テーマに来た。スゲー簡単にカスタマイズが可能になったぞ!

しかも、親テーマがアップデートされても、カスタマイズ内容が残るというナイスな形だ!

当然だけど、注意点

これで「わーいわーい」とはならない

なぜかというと、親テーマの更新で、大幅にコードが変わった場合、子テーマのこのカスタマイズ内容で不具合が出る可能性があるからだ。

今回紹介した4つのファイルは、当然、私個人の都合で子テーマに持ってきたファイルなので、これらのファイルについて、親テーマでコード変更があった場合は、また、一からやり直さないといけない。ま、それは仕方ないので、やっていこうと思うが、「子テーマに移せば全て完璧」とはならないので要注意!あくまで、「最初から子テーマにあるファイルのみ、カスタマイズ継続が保証されている」と思った方が良い。

でも、Simplicityを使っていく上では、これ、絶対やった方が良いと思うので、親テーマは極力触らず、子テーマでガリガリとカスタマイズをしてみて欲しい!

Simplicity1.9.3にアップデート!子テーマへの移動処理のおかげで、何もしなくてもオッケーだぜ!子テーマ移動スゲー!
Simplicity1.9.3にアップデート!子テーマへの移動処理のおかげで、何もしなくてもオッケーだぜ!子テーマ移動スゲー!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です ええ。あっけなく終わりました。Twitterで実況することも無く「アレ?」って感じで終わ...

親テーマを1.9.3にアップデートしたが、この記事の作業のおかげで、H2タグの調整だけで終わった。子テーマに主要カスタマイズファイルを移すのは本当に使える!マジ使える!

では、ForkLiftで、ぜひ、よいSimplicity生活を!アディオス!

ForkLiftはこちらから!Macアプリだぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索