長期連載シリーズ「MacBook Retina 12インチの真実」記事まとめ

長期連載シリーズ「MacBook Retina 12インチの真実」記事リンクです

★当シリーズは、過去連載「MacBook Airの真実」をお読みいただいた後にご覧いただくと、さらに話がつながって面白いと思いますので、よろしければそちらもどうぞ

★プロローグ・・・MacBook Pro13インチを所有している部長は、2015年2月下旬に、「重いから」という理由だけでMacBook Air11インチを電撃購入した。その後、職場の後輩である15歳年下の二人のガジェット野郎(色々アドバイスしてもらっていた)にムチャクチャ怒られ(笑)、Appleサポートの神対応もあり、返品するという衝撃的な結末を迎えた。しかし、MacBook Proが軽くなるということは当然無く、重さに限界を感じていた2015年春、AppleがMacBook Retina 12インチを電撃発表した。iPad Air 2でのブログ打ちを模索していた私は、「軽くて楽に文字入力ができるデバイス」を求めて、MacBook Retina 12インチ、Surface3、SurfacePro3と試し打ちを繰り返しながら、さまよい歩いていた。しかし、職場でRealForceというキーボードを愛用していた私は、どうしても、キーストロークの浅いこれらのデバイスにGOサインを出すことができずにいた。

そんな中、絡まった糸が少しずつほどけていくかのように、物語は静かに幕を開けることになる・・・

長期連載シリーズ「MacBook Airの真実」記事まとめ|マー坊とゆっきー
全てはここから始まった・・・

第1回「始まりはいつも雨」

第2回「「触る」キーボード」

第3回「エンジェルタッチで文字入力」

第4回「恋に恋して恋い焦がれ」

第5回「驚きのステレオスピーカー」

第6回「USB-C端子が1つということ」

第7回「エンジェルタッチと長文入力」

第8回「メイリオとMacとOffice」

第9回「アプリの挙動が全く問題無い件」

第10回「USB-CとAnkerモバイルバッテリーE5」

第11回「まさかの「充電できません」」

第12回「60%を超えてると充電可能」

第13回「ELECOM製USB-Cケーブルの真実」

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索